カトリーヌ・ラブレ

カトリーヌ・ラブレ(Catherine Labouré 1806年5月2日-1876年12月31日)はフランス聖ビンセンシオ・ア・パウロの愛徳姉妹会修道女カトリック教会聖人

聖カトリーヌ・ラブレ
Catherine Laboure.jpg
修道女、幻視者
生誕 1806年5月2日
フランスの旗 フランス ブルゴーニュ ファン・レ・ムティエ
死没 1876年12月31日
フランスの旗 フランス パリ
列聖日 1947年
列聖決定者 ピウス12世
記念日 11月27日
テンプレートを表示

生涯編集

ラブレはブルゴーニュ地方ディジョン付近のファン・レ・ムティエという農村で11人兄弟の2番目の娘として生まれた[1]。9歳のころに母を失い、12歳のころに姉が修道女となったため、家では母親の代わりとなった。カトリーヌは父に修道女になりたいと願ったが拒絶された。

カトリーヌが18歳のころ、不思議な夢を見る。夢の中に司祭が現れ、「あなたはいつか、私を見つけるだろう神はあなたのために一つの計画を持っている」と告げた。後に彼女は所属するであろう聖ビンセンシオ・ア・パウロの愛徳姉妹会の創設者、ヴァンサン・ド・ポールであることを知る[1]

1830年1月、愛徳姉妹会に入会、同年7月18日夜、修練女になったラブレは子供に起こされ聖堂に行くと、祭壇上に聖母マリアが出現され、自分を型どったメダイ(カトリック教会の信心具)を作るように命じられた[2]。 翌1831年、修道女となり、修道生活を送りながら福祉活動を献身に取り組み、聖母出現のことを決して語らず、1876年、帰天。1947年ローマ教皇ピウス12世によって列聖された。列聖調査の際、墓から掘り起こされた遺骸は腐敗を免れ生前の姿を保ち、現在は聖母出現に立ち会った聖堂に安置されている[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『いのちを紡ぐ』 P.135
  2. ^ 『いのちを紡ぐ』p.136
  3. ^ 『酒井しょうこと辿る 聖母マリアに出会う旅』p.11、p.22-23

出典編集

  • 須永和宏『いのちを紡ぐ 聖人たちのことば』ドンボスコ社 2017年
  • 酒井しょうこ 『酒井しょうこと辿る 聖母マリアに出会う旅 フランス 3人の聖女を訪ねて』 亜紀書房 2018年

関連項目編集