カナオ (Canao または Chanao) はワロク 1 世の息子であり,ヴァンヌ王 (550 年頃 – 560 年).カナオはブルターニュアルモリカ南部全域に及ぶ権力を欲し,その目的を達するために暗殺を行った.

人物編集

カナオはヴァンヌ司教マクリオーの兄弟である.彼は自分の王位に対して絶対の権力を保証するために 3 人の兄弟を殺害した.最後に生き残ったマクリオーは,これをも殺そうとするカナオによって囚えられた.ナント司教フェリクスは,マクリオーが自分に忠誠を誓うという条件のもと彼の解放を成功させた.カナオは,マクリオーが忠誠の誓いを反故にしたがっていることを知り,彼に新たな誓いを要求した.マクリオーには力がなかったので,この地方のもう一方の伯爵であるコモールのもとへ逃れた.

560 年にカナオは,フランク王クロタール 1 世の息子にして対立者であるクラム (Chramn)[1]同盟を結ぶ.彼はクラムの軍とクロタールの軍が衝突する戦いのなかで死亡する.

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ワロク 1 世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コモール
ポエール伯
 
聖トレフィーヌ
 
マクリオー
ヴァンヌ司教
ブロ・ワロク王
 
カナオ 1 世
ブロ・ワロク王
 
男子
 
男子
 
男子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
聖トレムール
 
ワロク 2 世
ブロ・ワロク王
 
ジャコブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カナオ
ブロ・ワロク王 (?)

補遺編集

脚注編集

  1. ^ Grégoire de Tours, Histoire des Francs, éd.

出典編集

  • Grégoire de Tours, Histoire des Francs, éd. Belles lettres, coll. « Classiques de l'Histoire », Paris, 1980 (ISBN 2251340378)