メインメニューを開く

カナダ野球殿堂博物館Canadian Baseball Hall of Fame and Museum)は、カナダオンタリオ州パース郡セント・メリーズ英語版にある野球専門の博物館であり、カナダ野球英語版における歴史的な野球資料の保存に取り組んでいる。メジャーリーグベースボール(MLB)球団のモントリオール・エクスポズトロント・ブルージェイズをはじめとするカナダ国内の野球で顕著な貢献をした人物と団体およびカナダ国外の野球で顕著な貢献をしたカナダ人とその団体の功績をたたえる野球殿堂を総括している。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg カナダ野球殿堂博物館
Canadian Baseball Hall of Fame and Museum
Canadian Baseball Hall of Fame.jpg
カナダ野球殿堂博物館の外観
カナダ野球殿堂の位置(オンタリオ州内)
カナダ野球殿堂
オンタリオ州内のセント・メリーズの位置
施設情報
専門分野 野球
来館者数 約3,500人(2016年)[1]
館長 スコット・クロフォード
開館 1983年10月
所在地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州パース郡セント・メリーズ町チャーチ通り南386
位置 北緯43度15分5.17秒 西経81度8分37.84秒 / 北緯43.2514361度 西経81.1438444度 / 43.2514361; -81.1438444座標: 北緯43度15分5.17秒 西経81度8分37.84秒 / 北緯43.2514361度 西経81.1438444度 / 43.2514361; -81.1438444
外部リンク baseballhalloffame.ca
プロジェクト:GLAM

目次

歴史編集

 
石碑に刻まれたカナダ野球殿堂への寄付金額と寄付者名簿

1983年10月[2]カナダオンタリオ州トロントエキシビション・プレイスに創設された[3]1994年セント・メリーズ英語版へ移転し、その4年後に開館している[4]1886年5月5日付の「スポルティング・ライフ」誌の記事において、アダム・フォードがほぼ50年近く前の1838年6月4日にビーチビル(セント・メリーズから北へ40km近く[4])で、ビーチビルとゾーラによる野球の試合を目撃したことを証言した[5]。この「北アメリカで最初に野球が行われた場所」とされるビーチビルから場所が近いことや、町おこしも兼ねて、地元のセメント会社から32ac(約13ha)の土地を寄贈されたことが移転の決め手となった[4]

博物館内には、1978年から1986年シーズンまで開催され、モントリオール・エクスポズトロント・ブルージェイズが対戦した「ピアソンカップ」のトロフィーも展示されている[6]

開館時期と入館料編集

博物館の開館は5月が週末だけで、6月から10月上旬までは基本的に毎日オープンしている。シーズンオフは予約が必要になる[7]

入館料は大人が7ドル50セントで、16歳以下の子どもが3ドル75セントになっている[7]

殿堂入り編集

選考編集

殿堂入りの選考基準として、(1)引退後3年を経過している、(2)選考投票で75%以上の得票率を得る、(3)カナダ人でない場合、カナダの野球発展に著名な貢献があると認められるといった条件を満たすルールになっている。また、候補者リストには、2年続けてまったく投票されなかった場合を除き、最長9年間登録される[3]

レスター・B・ピアソンジャッキー・ロビンソンは名誉会員としての殿堂入りである[3]。なお、エクスポズ在籍時に通算4000本安打を達成して殿堂入りするか注目されたピート・ローズはいまだに選出されていない[8]

表彰式編集

殿堂入りの表彰は毎年6月の第3または第4の週末に行われており、黒のジャケットが贈呈される[7]

カナダ野球殿堂は毎年、「野球の最高の理想を守りながら、卓越した成績を残し、チームに貢献したと判断される選手」をたたえる「ティップ・オニール賞」やメディア分野で貢献した人物をたたえる「ジャック・グラニー賞英語版」の表彰も行っている[9]

表彰者の一覧編集

各年の殿堂入り競技者表彰・団体表彰とその備考は以下の通りである。これまでに119人・7団体を表彰している[10]

団体表彰編集

年度 表彰団体 備考
1988年 1838年のビーチビル・アマチュアチーム 記録上でカナダ最古の野球チーム
1838年のゾーラ・アマチュアチーム 記録上でカナダ最古の野球チーム
1992年 1991年の野球カナダ代表ユースチーム 第11回AAA世界野球選手権大会で優勝
1998年 AAGPBLのカナダ生まれの選手 1943年から1954年まで活動していた女子プロ野球リーグのカナダ出身選手全64人
2003年 バンクーバー朝日 1914年から1941年まで活動していた日系カナダ人中心のアマ野球強豪チーム
2011年 2011年の野球カナダ代表チーム 第16回パンアメリカン競技大会野球競技で優勝
2017年 2015年の野球カナダ代表チーム 第17回パンアメリカン競技大会野球競技で優勝

競技者表彰編集

ジャッキー・ロビンソン、ファーガソン・ジェンキンスゲイリー・カータートミー・ラソーダスパーキー・アンダーソンアンドレ・ドーソンパット・ギリックロベルト・アロマーティム・レインズペドロ・マルティネスの10人はアメリカ野球殿堂入りも果たしている[11][12]。このうち、カナダ出身者はジェンキンスのみである[7]

ラソーダは現役時代は左腕投手としてメジャーリーグ(MLB)では未勝利に終わったものの、当時ロサンゼルス・ドジャースの傘下だったAAA級モントリオール英語版で通算勝利数107の球団記録を樹立している[13]。また、ロビンソンもMLB昇格前はAAA級モントリオールでプレーしている[13]

年度 表彰者 出生国 備考
1983年 ジョン・デューシー John Ducey  
ティップ・オニール James “Tip” O’Neill   1887年メジャーリーグ(MLB)の打撃三冠王を獲得、MLB通算1385安打
フィル・マーチルドン Phil Marchildon  
ジョージ・セルカーク George Selkirk   ヤンキースシーズン100打点2度、オールスター選出2度
レスター・B・ピアソン Lester B.Pearson   カナダ首相経験者、エクスポズの名誉理事も務める
フランク・ショーネシー Frank Shaughnessy  
1984年 ジャック・グラニー Jack Graney   インディアンスでMLB通算1178安打、その後に約20年同球団の野球実況を担当
グッディ・ローゼン Goody Rosen  
クロード・レイモンド Claude Raymond  
アンドリュー・ビレスキー Andrew Bilesky  
チャールズ・ブロンフマン Charles Bronfman  
1985年 ジョン・ヒラー John Hiller   1973年に38セーブでシーズン記録を更新、タイガースでMLB通算125セーブ
ジャック・ケント・クック Jack Kent Cooke  
ディック・ファウラー Dick Fowler  
カルメン・ブッシュ Carmen Bush  
ロン・テイラー Ron Taylor  
1986年 オスカー・ジャッド Oscar Judd  
レジー・クリーブランド Reggie Cleveland   MLB通算105
ボブ・プレンティス Bob Prentice  
ボブ・エムズリー Bob Emslie   MLBの審判員を30年以上務める
1987年 ファーガソン・ジェンキンス Ferguson Jenkins   カナダ人最多のMLB通算284勝・3192奪三振、カナダ人として初のアメリカ野球殿堂入り
ジョージ・ギブソン George Gibson  
ロッキー・ネルソン Rocky Nelson  
ラス・フォード Russ Ford   MLB通算99勝
1988年 ロン・ピシュ Ron Piché  
ビル・フィリップス Bill Phillips   MLB通算1130安打
ジェフ・ヒース Jeff Heath   MLB通算1447安打・194本塁打
テッド・ボースフィールド Ted Bowsfield  
レノ・ベルトイア Reno Bertoia  
1989年 アーサー・アーウィン Arthur Irwin  
ボブ・ブラウン Bob Brown  
1990年 ジミー・アーチャー Jimmy Archer  
1991年 ピート・ウォード Pete Ward  
ジミー・ウィリアムズ Jimmy Williams  
ジャッキー・ロビンソン Jackie Robinson   MLB昇格前にAAA級モントリオール英語版に在籍
1992年 トム・バージェス Tom Burgess  
1995年 テリー・プール Terry Puhl   MLB通算1361安打
1996年 ニグ・クラーク Nig Clarke  
フランク・オルーク Frank O'Rourke   MLB通算1032安打
ロナルド・カレン Ronald Cullen  
1997年 ジョン・マクヘイル John McHale  
パット・ギリック Pat Gillick   1992年1993年ワールドシリーズ連覇時のブルージェイズGM
1998年 ロン・ロンセッティ Ron Roncetti  
ノッティ・リー George "Knotty" Lee  
1999年 ジョージ・スレーマン George Sleeman  
ボビー・マティック Bobby Mattick  
フランク・コールマン Frank Colman  
2000年 ジム・ファニング Jim Fanning  
2001年 ゲイリー・カーター Gary Carter   エクスポズ時代に220本塁打(球団歴代3位)と1502試合出場(同2位)
デーブ・マッケイ Dave McKay  
2002年 デーブ・シャリー Dave Shury  
ポール・ビーストン Paul Beeston  
ドン・マクデューガル Don McDougall  
シト・ガストン Cito Gaston   1992年・1993年のワールドシリーズ連覇時のブルージェイズの監督
ハリー・シモンズ Harry Simmons  
ビル・スラック Bill Slack  
2003年 カーク・マッカスキル Kirk McCaskill   MLB通算106勝
リチャード・ベレク Richard Bélec  
ジョー・カーター Joe Carter   ブルージェイズ時代に203本塁打(球団歴代2位)と736打点(同3位)
2004年 ピーター・ハーディー Peter N.E.Hardy  
ジム・マッキーン Jim McKean   MLBの審判員を30年近く務める
アンドレ・ドーソン Andre Dawson   エクスポズ時代に225本塁打・838打点(球団歴代2位)、シルバースラッガー賞3度、ゴールドグラブ賞6度
ジョセフ・ランニン Joseph Lannin  
2005年 デーブ・スティーブ Dave Stieb   ブルージェイズ時代に175勝・1658奪三振(球団歴代1位)
スティーブ・ロジャース Steve Rogers   エクスポズで158勝・1621奪三振(球団歴代1位)
ハロルド・ユンカー Harold Younker  
ポップ・スミス Pop Smith  
2006年 ロン・ステッド Ron Stead  
ロン・ヘイター Ron Hayter  
ラリー・マクリーン Larry McLean  
トミー・ラソーダ Tommy Lasorda   選手時代にAAA級モントリオールで通算107勝(球団歴代1位)
2007年 ジョン・ハール John Haar  
スパーキー・アンダーソン Sparky Anderson   AAA級トロント英語版に選手時代に在籍、引退後1964年に同球団で監督デビュー
シェリー・ロバートソン Sherry Robertson  
2008年 グラッドウィン・スコット Gladwyn Scott  
ピーター・ウィドリントン Peter Widdrington  
トニー・フェルナンデス Tony Fernandez   ブルージェイズ時代に1583安打・1450試合出場(球団歴代1位)、ゴールドグラブ賞4度
ビル・ハリス Bill Harris  
2009年 ラリー・ウォーカー Larry Walker   カナダ人歴代最多のMLB通算2160安打・383本塁打・1311打点・230盗塁
アーニー・ウィット Ernie Whitt  
バーニー・ソーリアー Bernie Soulliere  
ロイ・ミラー Roy Miller  
2010年 ロベルト・アロマー Roberto Alomar   ブルージェイズ時代にゴールドグラブ賞5度
ポール・クアントリル Paul Quantrill  
カルビン・グリフィス Calvin Griffith   セネタース-ツインズのオーナーを30年近く務める
アラン・ロス Allan Roth  
2011年 トム・ヘンキー Tom Henke  
アラン・シンプソン Allan Simpson  
ジョージ・ウッド George Wood  
2012年 レアール・コーミエ Rheal Cormier  
ダグ・メルビン Doug Melvin  
ラスティ・スタウブ Rusty Staub   エクスポズ時代にオールスター選出3度
2013年 ナット・ベイリー Nat Bailey  
ロブ・デューシー Rob Ducey  
トム・チーク Tom Cheek   ブルージェイズの試合を4306試合連続で担当したアナウンサー
ジョージ・ベル George Bell   ブルージェイズ時代に202本塁打(球団歴代4位)と740打点(同3位)
ティム・レインズ Tim Raines   エクスポズ時代に1622安打(球団歴代2位)と635盗塁・947得点(同1位)
2014年 ジム・リドリー Jim Ridley  
ティム・ウォーラック Tim Wallach   エクスポズ時代にオールスター選出5度
マレー・クック Murray Cook  
デーブ・ヴァン・ホーン Dave Van Horne   エクスポズの試合を30年以上にわたり担当したアナウンサー
2015年 コーリー・コスキー Corey Koskie  
マット・ステアーズ Matt Stairs   カナダ人歴代2位のMLB通算265本塁打・1895試合出場と同3位の899打点
カルロス・デルガド Carlos Delgado   ブルージェイズ時代に336本塁打・1058打点(球団歴代1位)
フェリペ・アルー Felipe Alou  
ボブ・エリオット Bob Elliott  
2016年 デニス・マルティネス Dennis Martínez   エクスポズ時代に100勝(球団歴代2位)と973奪三振(同3位)
ウェイン・ノートン Wayne Norton  
トニー・クーベック Tony Kubek  
パット・ヘントゲン Pat Hentgen   ブルージェイズ時代に107勝・1028奪三振(球団歴代5位)
ウィリアム・シャトルワース William Shuttleworth  
ハワード・スタークマン Howard Starkman  
2017年 ロイ・ハラデイ Roy Halladay   ブルージェイズ時代に148勝・1495奪三振(球団歴代2位)
レイ・カーター Ray Carter  
ダグ・ハドリン Doug Hudlin  
ブラディミール・ゲレーロ Vladimir Guerrero   エクスポズ時代に打率.323・234本塁打(球団歴代1位)
2018年 ペドロ・マルティネス Pedro Martinez   エクスポズ時代に勝率.625(球団歴代2位)
ロイド・モスビー Lloyd Moseby  
ビル・ハンバー William “Bill” Humber  

出典編集

  1. ^ Mary Baxter (2017年6月7日). “Canadian Baseball Hall of Fame expansion covers all the bases” (英語). Daily Commercial News. https://canada.constructconnect.com/dcn/news/Projects/2017/6/Canadian-Baseball-Hall-of-Fame-expansion-covers-all-the-bases-1024465W 2018年12月24日閲覧。 
  2. ^ The Ultimate Canadian Sports Trivia Book: Volume 1, p. 26, - Google ブックス
  3. ^ a b c Canadian Baseball Hall of Fame” (英語). Baseball Almanac. 2017年7月18日閲覧。
  4. ^ a b c 田代(2014) p.162
  5. ^ John Thorn (2012年8月23日). “A Canadian Ball Game of 1838” (英語). MLB.com. 2017年7月18日閲覧。
  6. ^ Articles in the Trophies Pearson Cup” (英語). Canadian Baseball Hall Of Fame and Museum. 2017年7月18日閲覧。
  7. ^ a b c d 田代(2014) p.163
  8. ^ Ryan Pyette (2016年6月17日). “Canadian Baseball Hall of Fame induction ceremony takes place Saturday, inductees include Pat Hentgen and Dennis Martinez” (英語). The London Free Press. http://www.lfpress.com/2016/06/17/canadian-baseball-hall-of-fame-induction-ceremony-takes-place-saturday-inductees-include-pat-hentgen-and-dennis-martinez 2017年7月18日閲覧。 
  9. ^ Inside Museum Awards” (英語). Canadian Baseball Hall Of Fame and Museum. 2017年7月18日閲覧。
  10. ^ Inductees” (英語). Canadian Baseball Hall Of Fame and Museum. 2018年2月22日閲覧。
  11. ^ TIM RAINES MAKES NINE” (英語). Canadian Baseball Hall Of Fame and Museum (2017年1月19日). 2018年2月22日閲覧。
  12. ^ Scott Crawford. “Pedro Martinez, Lloyd Moseby and William Humber to be inducted into Canadian Baseball Hall of Fame” (英語). Canadian Baseball Hall Of Fame and Museum. 2018年2月22日閲覧。
  13. ^ a b 田代(2014) p.164

関連項目編集

参考文献編集

  • Edward Zawadzki (2001) (英語). The Ultimate Canadian Sports Trivia Book: Volume 1. Dundurn. ISBN 978-0888822376. 
  • 田代学『はるかなる野球大国をたずねて: MLB伝説の聖地をめぐる旅』東京書籍、2014年。ISBN 978-4487809127

外部リンク編集