カナディア CL-215 (Canadair CL-215) は、カナダの水陸両用飛行艇で、消防用飛行艇として造られた最初の機体である。カナディアで開発され、後にボンバルディア・エアロスペースで製造された。山火事や、時には建築物の火災に際して、湖沼で滑走しながら水を補給し、搭載した4トンほどの水を火災現場で放水するという使われ方をする。

CL-215

概要編集

1966年より開発が開始され、1967年10月23日に初飛行した。機体の形状は、飛行艇として一般的なものであり、肩翼配置の主翼にレシプロエンジンが二基搭載されている。レシプロエンジンが採用されたのは、本機が基本的に低空飛行を想定しており、当時のターボプロップエンジンでは効率が悪かったためである。

基本的には胴体に水タンクを備えた消防機として使用されるが、捜索救難や人員・貨物輸送にも使用可能。

1988年まで生産され、全生産機数は112機。1989年には、エンジンをターボプロップエンジンに換装したCL-215Tが開発された。この形式は既存機からの改造機に充てられ、新造機はカナディア CL-415を経てボンバルディア CL-415に名称が変更された。

2016年にはバイキング・エアに保守部品の製造権が譲渡された[1]

要目編集

  • 乗員:2~4名
  • 乗客:最大26名
  • 全巾:28.60m
  • 全長: 19.82m
  • 全高: 8.98m
  • 空虚重量: 12,160kg
  • 最大離陸重量: 19,731kg(地上)/17,100kg(水上)
  • エンジン:プラット・アンド・ホイットニー R-2800(2,100hp)×2
  • 最高巡航速度:376km/h
  • 航続距離:2,094km

脚注編集

参考文献編集