カノッサ家(Canossa)もしくはアットー家(Attodici)は、カノッサを本拠地とし、11世紀から12世紀にかけてトスカーナ辺境伯となったイタリア貴族の家系。

カノッサ家の紋章

ランゴバルド系とみられるシジェフレードは、920年 - 930年頃にルッカ伯領から一家でレッジョに移住した。このシジェフレードの次男アダルベルト・アットー(988年2月13日没)がカノッサ家の始祖である。アダルベルト・アットーは、ベレンガーリオ2世から逃れてきた前イタリア王妃アーデルハイトをかくまった事から、後にアーデルハイトと結婚した皇帝オットー1世によりレッジョ、モデナおよびマントヴァの伯に任ぜられたという。

1024年にローマ王となったコンラート2世はイタリア王位をアキテーヌ公ギヨーム5世と争っていたが、アダルベルト・アットーの孫ボニファーチョはコンラート2世を支援し、1027年にトスカーナ辺境伯位を与えられた。ボニファーチョの娘マティルデ女伯は、1077年、自らの居城であったカノッサ城に教皇グレゴリウス7世を保護し、「カノッサの屈辱」が起こった。マティルデは継承者なく1115年に死去し、カノッサ家は断絶した。

系図編集

 
シジェフレード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シジェフレード
 
アダルベルト・アットー
(-988)
レッジョおよびモデナ伯
マントヴァ伯
 
イルデガルダ
(-982)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルドゥイーノ3世
トリノ辺境伯
 
 
 
 
 
 
 
ジェラルド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バラッティ家
 
ロドルフォ
 
ゴッフレード
ブレシア司教
 
テダルド
(-1012?.5.8)
レッジョ、モデナ、マントヴァ伯
フェラーラおよびブレシア伯
 
ウィラ
(トスカーナ辺境伯ウベルト娘?)
 
プランガルダ
 
オルデリーコ・マンフレーディ1世
トリノ辺境伯
 
アルビジンダ
 
ジザルベルト2世
ベルガモ伯
 
グイベルティ家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テダルド
アレッツォ司教
 
ボニファーチョ
トスカーナ辺境伯(4世)
 
ベアトリス
(上ロートリンゲン公フリードリヒ2世娘)
 
ゴットフリート3世
ロートリンゲン公
 
コッラード
(-1030.7.13)
 
オルデリーコ・マンフレーディ2世
トリノ辺境伯
 
 
 
 
 
リキルダ
=トスカーナ辺境伯ボニファーチョ4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェデリーコ
トスカーナ辺境伯
 
ベアトリーチェ
 
マティルデ
トスカーナ辺境伯
 
ゴットフリート4世
ロートリンゲン公
 
 
 
 
 
アデライデ
 
オッドーネ・ディ・サヴォイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベルタ
 
ハインリヒ4世
ローマ皇帝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ザーリアー朝
 

参考文献編集

  • 山辺規子 『カノッサ家の盛衰:中世中期・北イタリアの貴族家系の一例』 奈良女子大学研究年報、第37号、p.83-100、1994年 [1]