メインメニューを開く

カバトット』は、タツノコプロが制作した短編の連続テレビアニメ

カバトット
アニメ
監督 笹川ひろし
脚本 鳥海尽三城山昇柳川茂
音楽 はやし・こば
製作 吉田竜夫竜の子プロダクション
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1971年1月1日 - 1972年9月30日
話数 全300話+再放送248話(全548回)
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

目次

概要編集

お人よしのカバと彼の口の中に居候しているキバシウシツツキ英語版のトットが、のどかなジャングルで繰り広げる愉快な物語。カバをバカにしているトットは毎回彼にちょっかいを出すものの、そのカバに裏をかかれるなどして最後にはひどい目に遭う。

本作は、1971年1月1日から1972年9月30日までフジテレビとその系列局で放送。放送時間は毎週月曜 - 土曜 18:55 - 19:00 (日本標準時)。作品自体は全300話であるが[1]、延べ248話の再放送が随時挿み込まれたため、全放送回数は548回である。

平均視聴率は7.0%(タツノコプロが所有する資料による)[2]

声の出演編集

スタッフ編集

放送局編集

主題歌編集

「カバトットのサンバ」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲 - 水上勉 / 編曲 - 甲斐靖文 / 唄 - 加世田直人、コロムビア・メール・ハーモニー(発売 - 日本コロムビア

コミカライズ版編集

アニメの放送終了後、現・松文館から本作のコミカライズ作品全4巻が発売された。第1巻から第3巻までは1975年の発行で、出版社はサン企画名義になっているが、同社の社名変更に伴い、1976年に発行された第4巻のみオハヨー出版名義になっている。

脚注編集

  1. ^ タツノコプロ | カバトット”. タツノコプロ. 2018年8月26日閲覧。
  2. ^ タツノコ世界遺産 タツノコ作品と視聴率インターネットアーカイブのキャッシュ)
  3. ^ 『河北新報』1971年8月2日 - 1972年9月30日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 『河北新報』1972年3月13日 - 9月29日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 『河北新報』1971年1月1日 - 1972年9月30日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ 『福島民報』1971年7月3日 - 1973年9月28日付朝刊、テレビ欄。

外部リンク編集

関連項目編集

フジテレビ系列 月曜 - 土曜 18:55 - 19:00
前番組 番組名 次番組
カバトット
(1971年1月1日 - 1972年9月30日)
かいけつタマゴン
(1972年10月5日 - 1973年9月29日)