カバノキ属

カバノキから転送)

カバノキ属(カバノキぞく、学名Betula)は、カバノキ科の1属。カバカンバ(樺)、カバノキ(樺の木)などと総称する。

カバノキ属
Birch01s2048.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: ブナ目 Fagales
: カバノキ科 Betulaceae
: カバノキ属 Betula
学名
Betula L.
タイプ種
Betula pubescens L.[1]
和名
カバノキ属
英名
Birch
  • 本文参照

概要編集

木材としてはしばしばカバザクラ(樺桜)、あるいは単にサクラ(桜)とも呼ぶ。サクラの方がイメージが良いのと、カバがバカに聞こえるから、カバザクラと材木商が言い出したのが始まりとされる。カバザクラと言う名称は、木材商の悪しき習慣とされている。[要出典]

世界に約40種、日本に約10種がある(分類によって数は一定しない)。落葉広葉樹で、北半球の亜寒帯から温帯にかけて広く分布する。高原の木として知られるシラカバ亜高山帯ダケカンバが代表的である。

いわゆるパイオニア樹種の一つであり、日本の寒冷地ではササが密生する無立木地の表土を除去する地ごしらえをするとカバノキが優占することが多い[2]

用途編集

木目の美しさでは桜や楢に劣るが、比較的安価であるので家具やフローリング材に、楢や桜の代用品として使用される。廉価な商品に使われることが多い。濃い目に塗装してウオルナットやチークの代用品としてもよく使用される。 ドラムのシェル材としても使われ、おもに中級グレードの機種に採用されることが多い。ただ、傷つきやすいという欠点がある。

編集

下記に主な種を記載する[3]

雑種編集

  • Betula x avaczensis オクエゾシラカンバ

脚注編集

  1. ^ Betula Tropicos
  2. ^ 北海道のササ掻き起こし地における施工後” (2008年). 2021年6月28日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)等による
  4. ^ a b c d e アレン・コーンビス 著、濱谷稔夫 翻訳・監修『木の写真図鑑 完璧版日本ヴォーグ社、1994年、118-125頁。4-529-02356-7
  5. ^ 「シラカバジャクモンティー」の正体”. 株式会社ライフアップ. 2020年7月17日閲覧。

関連項目編集

  • 木の一覧
  • ビョーク - アイスランド出身の歌手。名前の「ビョーク (Björ) 」はカバノキを意味する。
  • 枝むち - しばしばカンバの枝で作られる