メインメニューを開く

カフェーパウリスタ(CAFE PAULISTA)は日本の喫茶店である。1911年(明治44年)、銀座に開業。各地に店舗を広げ、親しまれたが、1923年(大正12年)関東大震災の被災後に喫茶店経営から撤退。1970年に復活した銀座店は、昔のカップ、スプーンを復元するなどで「日本初のカフェ」と称している[1]。「パウリスタ」は「サンパウロっ子」の意味。

来歴編集

皇国殖民株式会社の社長であった水野龍は、ブラジルへの日本人移送の見返りおよびブラジルコーヒーの宣伝普及のため、ブラジルのサンパウロ州政府より3年間1,000俵のコーヒー豆(ブラジル種)の無償提供を受けられることとなった。これを元に1910年(明治43年)、大隈重信に協力を仰ぎ合資会社カフェーパウリスタを設立し、翌1911年12月、「南米ブラジル国サンパウロ州政府専属珈琲販売所」と銘打ち、京橋区南鍋町(銀座6丁目)に「カフェーパウリスタ」を開業した[2]。サンパウロ州政府からのコーヒー豆の無償提供は実際には12年間続いた[3]

1911年は3月にプランタン、8月にライオンと「カフェー」を冠する店が相次いでオープンした年である。プランタン、ライオンは洋酒や洋食も売り物で、女給仕を置いていたが、パウリスタはコーヒー中心、店員は少年であった。

1杯5銭のコーヒーを提供する庶民的な店舗として人気を博し、「誰もが気軽に親しむことが出来る喫茶店の元祖」と言われる[要出典]芥川龍之介平塚らいてうなどの文化人のほか、学生(特に慶応義塾の学生)や社会人などが出入りした。獅子文六も5銭のコーヒーと5銭のドーナツを目当てに通い、同じビルに入っていた時事新報社に勤める伊藤正徳とよく食事もしたという[4]。カフェーパウリスタは東京市内を始め、名古屋、神戸、横須賀など各地に店舗を展開した。

1923年(大正12年)の関東大震災でほとんどの店舗が全壊する大きな被害を受けたこと、およびブラジル政府からのコーヒー豆の無償提供の契約期限が同年で切れたことにより店舗経営から撤退し、事業規模を縮小してコーヒーの輸入・焙煎業を主として行うようになった。その後、移民事業に専念するため水野龍が退任、水野邁朗が経営を受け継ぐ。

戦時下の1943年には当局の指示[5]により横文字の社名を日東珈琲株式会社に名称変更した。

1947年、長谷川主計(かずえ)が社長に就任[6]

1968年12月、長谷川が急逝。王子製紙の社員だった長谷川の息子浩一が社長に就任[7]

1969年、子会社として株式会社カフェーパウリスタを新たに設立し、1970年、銀座8丁目に直営宣伝店「カフェーパウリスタ」をオープンした[8]。同店舗は1978年にジョン・レノンオノ・ヨーコが訪れたことでも知られる[6]

その後、浩一が会長に就任、息子の勝彦が社長に就任した。

銀ブラ民間語源説編集

なお、カフェーパウリスタの公式サイトは、「銀ブラ」の語源は(“銀座をブラつくこと”でなく)“銀座パウリスタに一杯五銭のコーヒーを飲みに行くこと”で「銀座の銀とブラジルコーヒーのブラを取った新語」と主張しており[9]、カフェーパウリスタでは「銀ブラ証明書」なる物を発行し、顧客に授与している。ただし「銀ブラ」という言葉が使われ始めた大正期から昭和初期の文献類に「銀ブラ」の「ブラ」が「ブラジルコーヒー」の「ブラ」であるとする典拠は見つからない[10]

箕面の一号店編集

2003年、箕面市の市史編纂の過程で、箕面駅前のカフェーパウリスタが1911年(明治44年)6月に開業していた事実が判明した。これは銀座店より半年ほど早い[11]。箕面店はまもなく閉鎖されたため、その存在さえ忘れられていた。建物は後に豊中市に移築され、「豊中クラブ自治会館」として使用されていた(2013年取壊し)。

参考文献編集

  • 高井尚之『日本カフェ興亡記』日本経済新聞出版社、2009年
  • 長谷川泰三『日本で最初の喫茶店「ブラジル移民の父」がはじめた―カフエーパウリスタ物語』文園社、2008年

脚注編集

  1. ^ ただし一般に「日本最初のカフェ」とされているのは、1888年(明治21年)開店の「可否茶館」である(『「銀ブラ」の語源を正すーカフエーパウリスタと「銀ブラ」』99ページ)。下谷#沿革も参照のこと。
  2. ^ 高井p.102
  3. ^ 長谷川泰三『カフエーパウリスタ物語』38ページ
  4. ^ 『ちんちん電車』獅子文六、河出書房新社, 2017
  5. ^ 公式サイト 会社概要
  6. ^ a b 公式サイト ヒストリー
  7. ^ 「東京じいちゃん」ときどき「又さん」ほぼ日刊イトイ新聞
  8. ^ 長谷川泰三『カフエーパウリスタ物語』
  9. ^ 歴史の中のパウリスタ http://www.paulista.co.jp/introduce/in_history.html 2014年7月9日閲覧
  10. ^ 銀ぶら#語源の異説も参照
  11. ^ 箕面の時空探検[1]

関連項目編集

外部リンク編集