多食亜目 (Polyphaga) は、甲虫類に含まれる4亜目の内最大のものである。およそ144科に分けられ、多様な特殊化・適応を遂げている。30万種以上が記載されており、甲虫の約90%が含まれている。学名はギリシャ語poly ("多")、phagein ("食") に由来する。

多食亜目
Cetonia-aurata.jpg
キンイロハナムグリ(バラツヤハナムグリ) Cetonia aurata
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 鞘翅目 Coleoptera
亜目 : 多食亜目 Polyphaga
学名
Polyphaga
Emery, 1886
下目

共有派生形質としては、第一腹節が後脚の基節 (coxa) によって分断されていないこと、また、前胸において側板 (pleuron) が背板 (notum) に覆われて cryptopleuron となるため、背板との間の縫合線 (notopleural suture) が不可視であることが挙げられる[1]

分類編集

6下目に分けられる。

この内ハネカクシ下目は側系統群であり、多食亜目の中で祖先的な形態を持つ種が含まれている。

16程度の上科に分けられるが、特に種数の多い上科は

などである[2]

系統編集

Hunt,T et al. (2007)によると、以下のような系統樹が提案されている[2]

多食亜目

マルハナノミ科 Scirtidae

ニセマルハナノミ科 Decliniidae

マキムシモドキ下目 Derodontiformia

タマキノコムシモドキ科 Clambidae

マルハナノミダマシ科 Eucinetidae

コケムシ科 Scydmaenidae

エンマムシ上科 Histeroidea

ヒメトゲムシ科 Nosodendridae

ムクゲキノコムシ科 Ptiliidae

ダルマガムシ科 Hydraenidae

タマキノコムシ科 Leiodidae+ツヤシデムシ科 Agyrtidae

コガネムシ下目 Scarabaeiformia

ヒラタムシ下目 Cucujiformia

ガムシ上科 Hydrophiloidea

ハネカクシ科 Staphylinidae

コメツキムシ下目 Elateriformia

ナガシンクイ下目 Bostrichiformia

脚注編集

  1. ^ Johnson, Norman F.; Triplehorn, Charles A. (2004). Borror and DeLong's Introduction to the Study of Insects (7th ed.). Belmont: Brooks/Cole. pp. 365–400, 428–429. ISBN 0-03-096835-6 
  2. ^ a b Hunt,T et al. (2007). “A Comprehensive Phylogeny of Beetles Reveals the Evolutionary Origins of a Superradiation”. Science 318 (5858): 1913-1916. http://www.zin.ru/animalia/Coleoptera/pdf/science_1913-2.pdf. 
  • Peter S. Cranston and Penny J. Gullan, University of California,Phylogeny of Insects, page 893.

外部リンク編集