メインメニューを開く

カプリオール組曲

ピーター・ウォーロック作曲の組曲

カプリオール組曲』(Capriol Suite)は、1926年10月にピーター・ウォーロックによって作曲された組曲である。ウォーロックの最も人気のある作品の1つと考えられている。もとはピアノ連弾のために書かれ、後に管弦楽と弦楽合奏のためにそれぞれ編曲した。

作品はブルトン人作曲家ポール・ラドミローに捧げられた。

この組曲は6曲によって構成されている。

  1. Basse-Danse アレグロ・モデラートニ短調
  2. Pavane Allegretto, ma un poco lentoト短調
  3. Tordion Con motoト短調
  4. ブランズールプレストト短調
  5. Pieds-en-l'air アンダンテ・トランキージョ、ト長調
  6. Mattachins (ソードダンス) Allegro con brioヘ長調