カマウ半島 (ベトナム語: Bán Đảo Cà Mau 半島哥毛Ca Mau.ogg Cà Mau)はヴェトナム最南部のカマウ省にある半島である。メコンデルタの南西部を占めており西はタイ湾に、東は南シナ海に接する。半島の長さは南北130キロで西は瀝架、東は北遼を結ぶ[1]。平均標高は7フィートである[2]。カマウ半島には陸地ではヴェトナム最南端のカマウ岬がある。

哥毛半島
Ca mau province map - sm.png
座標 座標: 北緯9度05分10秒 東経105度05分00秒 / 北緯9.08611度 東経105.08333度 / 9.08611; 105.08333 北緯9度05分10秒
東経105度05分00秒
最大都市 カマウ
所在海域 タイ湾南シナ海
所属大陸・島 インドシナ半島
所属国・地域 ヴェトナム
テンプレートを表示
ヴェトナム最南端のカマウ岬

交通編集

カマウ半島にはカマウ空港があり、タンソンニャット空港間に就航している。 半島内には国道1A号線が縦断しておりカマウ岬まで繋がっている。

出典編集

  1. ^ カマウ半島』 - コトバンク
  2. ^ "Ca Mau Peninsula", Encyclopædia Britannica