カマウ省

ベトナムの省

カマウ省(カマウしょう、ベトナム語Tỉnh Cà Mau/ 省哥毛? Ca Mau.ogg 発音)は、ベトナムの一つ。省都はカマウ市。

カマウ省
Tỉnh Cà Mau
省哥毛
カマウ岬の「ベトナム最南端」の碑
カマウ岬の「ベトナム最南端」の碑
カマウ省の位置
地理
省都 カマウ
地方 メコン・デルタ
面積 5,201.5 km²
統計
人口
人口密度
1,200,800 人(2004年)
230.86 人/km²
民族 ベトナム人クメール人ホア族タイー族
その他
市外局番 780
ISO 3166-2 VN-59
公式Webサイト www.camau.gov.vn

名称の由来編集

 
カマウ省の水路

カマウとは、ベトナム人が住み着く以前に住んでいたクメール人の言葉で「黒」を意味する。

地理編集

メコン・デルタ地帯の最南端に位置する。

産業編集

三方を海に囲まれていることもあり、漁業が発達している。

行政区画編集

 
カマウ省(ベトナム)の地図。
9つの行政区画

1市8県から構成されている[1]

交通編集

  • バイハップ川のカイヌオック県チャントイ村とナムカン県ハムロン村間に架けられたダムクン橋が完成し、国道1号線がナムカンまで通じている。
  • 省都カマウ市には3箇所の船着場があり、ナムカン方面、ラックザー方面、カントー市などをハイドロジェット船で結んでいる[2]

カマウ省出身の人物編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ CA MAU PEOPLE'S COMMITTEE. “Towns, Districts: Overview”. 2008年5月31日閲覧。
  2. ^ Lonely Planet Vietnam PDF e-book 12th editioin. Lonely Planet Publications Pty Ltd.. p. 369. ISBN 978-1-74220-582-3 

外部リンク編集