カマル・ウスマン

カマル・ウスマンKamaru Usman1987年5月11日 - )は、ナイジェリア男性総合格闘家エド州アウチ出身。アメリカ合衆国フロリダ州在住。ONXスポーツ所属。元UFC世界ウェルター級王者。UFC世界ウェルター級ランキング1位The Ultimate Fighter 21優勝。アフリカ出身者及びナイジェリア人史上初のUFC世界王者。

カマル・ウスマン
Kamaru Usman.jpg
2022年
本名カマルディーン・ウスマン
(Kamarudeen Usman)
生年月日 (1987-05-11) 1987年5月11日(35歳)[1]
出身地ナイジェリアの旗 ナイジェリア
エド州アウチ[1]
通称ザ・ナイジェリアン・ナイトメア
(The Nigerian Nightmare)
マーティー
(Marty)
国籍ナイジェリアの旗 ナイジェリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長182.9 cm (6 ft 0 in)
体重77 kg (170 lb)
階級ウェルター級
リーチ193 cm (76 in)
スタイルレスリング
拠点アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州フォートローダーデール
チームブラックジリアンズ (2011年 - 2017年)
キルクリフFC (2017年 - 2020年、2022年 - )
→ONXスポーツ (2020年 - )
トレーナージョルジ・サンチアゴ (グラップリング)
トレバー・ウィットマン (ストライキング)
ランクブラジリアン柔術 (黒帯)
レスリングNCAAディビジョン2 (優勝)
現役期間2012年 -
総合格闘技記録
試合数23
勝利20
ノックアウト9
タップアウト1
判定10
敗戦3
ノックアウト1
タップアウト1
判定1
大学ネブラスカ大学カーニー校
子供1人
著名な親族モハメド・ウスマン (弟)
ウェブサイトhttps://kamaruusman.com/
総合格闘技記録 - SHERDOG
獲得メダル
カレッジスタイル
NCAAディビジョン2レスリング選手権
NCAA logo.svg
2008 シーダーラピッズ 174lb級
2009 ヒューストン 174lb級
2010 オマハ 174lb級

来歴編集

ナイジェリアのアウチで生まれベニンシティで育つ。2歳の時に父親が薬学の勉強のためにアメリカ合衆国へ渡り、8歳の時に家族でアメリカ合衆国に移住した。高校からレスリングを始め、高校時代には後のUFC世界ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズとの対戦経験がある。進学したネブラスカ大学カーニー校ではNCAAディビジョン2で1度優勝し、オールアメリカンに3度選出され44勝1敗の記録を残した。卒業後はオリンピック・トレーニング・センターでツアーガイドの仕事をしながらレスリングを続け、2012年総合格闘技デビュー[1][2]

The Ultimate Fighter編集

2015年2月、リアリティ番組The Ultimate Fighter」のシーズン21に参加。ブラックジリアンズに所属。ウェルター級トーナメント1回戦でマイケル・グレイブスと対戦し、2-0の判定勝ち。準決勝でスティーブ・カールと対戦し、3-0の判定勝ちを収め決勝に進出した。

2015年7月12日、The Ultimate Fighter 21 Finaleで行われたウェルター級トーナメント決勝でヘイダー・ハッサンと対戦し、肩固めで2R一本勝ち。トーナメント優勝を果たし、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[3]

UFC編集

2015年12月19日、UFC本戦初出場となったUFC on FOX 17レオン・エドワーズと対戦。6度のテイクダウンを奪い、グラウンドで圧倒して3-0の判定勝ち[4]

2018年1月14日、UFC Fight Night: Stephens vs. Choiエミル・ミークと対戦し、8度のテイクダウンを奪い3-0の判定勝ち。盛り上がりに欠ける堅実な試合内容となったが、試合後のインタビューで「本来の30%の力しか出していない」と発言し、UFC代表のダナ・ホワイトから批判された[5][6]

2018年5月19日、UFC Fight Night: Maia vs. Usmanでウェルター級ランキング5位のデミアン・マイアと対戦。マイアが15度にわたって試みたタックルを全て切り、右ストレートでダウンを奪うなど圧倒して3-0の5R判定勝ち[7]。当初はサンチアゴ・ポンジニッビオと対戦予定であったがポンジニッビオが怪我で欠場したため代役のマイアと対戦した[8][9]

2018年11月30日、The Ultimate Fighter: Heavy Hitters Finaleでウェルター級ランキング3位のハファエル・ドス・アンジョスと対戦し、テイクダウンを12度奪うなど圧倒して3-0の5R判定勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[10]

UFC世界王座獲得編集

2019年3月2日、UFC 235のUFC世界ウェルター級タイトルマッチで王者タイロン・ウッドリーに挑戦。クリンチでケージに押し込みつつボディへのパンチや膝蹴りでダメージを蓄積させ、テイクダウンも2度奪うなど終始ウッドリーを圧倒し、ジャッジ3者が3-0(50-44、50-44、50-45)を付ける内容で大差の5R判定勝ち。王座獲得に成功し、アフリカ出身者及びナイジェリア人史上初のUFC世界王者となった[11]

2019年3月3日、UFC 235の試合後にカジノのビュッフェの列に並んでいたコルビー・コヴィントンにマネージャーのアリ・アブデルアジズと共に口論を仕掛け小競り合いを起こした[12][13]

2019年12月14日、UFC 245のUFC世界ウェルター級タイトルマッチでウェルター級ランキング2位の挑戦者コルビー・コヴィントンと対戦。序盤から互角の激しい打撃戦を繰り広げ、3R終了直前に右ストレートでコヴィントンの顎を折るダメージを与えると、5R終盤に右ストレートでダウンを奪い追撃のパウンドでTKO勝ち[14]。王座の初防衛に成功し、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[15]

2020年1月30日、マイアミで開催されたスーパーボウルのイベントにて、偶然そこに居合わせたホルヘ・マスヴィダルと舌戦を繰り広げ、一触即発の事態となった[16]

2020年7月11日、UFC 251のUFC世界ウェルター級タイトルマッチでウェルター級ランキング3位の挑戦者ホルヘ・マスヴィダルと対戦し、クリンチとグラウンドで終始圧倒して3-0(50-45、50-45、49-46)の5R判定勝ち。2度目の王座防衛に成功した[17]。当初は同大会でウェルター級ランキング1位のギルバート・バーンズと対戦予定であったが、バーンズが新型コロナウイルスに感染し欠場を余儀なくされたため、大会6日前のオファーを受けたマスヴィダルがウスマンと対戦することとなった[18]

2021年2月13日、UFC 258のUFC世界ウェルター級タイトルマッチでウェルター級ランキング1位の挑戦者ギルバート・バーンズと対戦。2Rに右ストレートでダウンを奪うと、3Rにはサウスポースタンスから右ジャブでダウンを奪い追撃のパウンドでTKO勝ち[19]。3度目の王座防衛に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。なお、この勝利で13連勝となり、ジョルジュ・サンピエールが保持していたUFCウェルター級最長連勝記録の12連勝を更新した[20]

2021年4月24日、UFC 261のUFC世界ウェルター級タイトルマッチでウェルター級ランキング4位の挑戦者ホルヘ・マスヴィダルと再戦し、2Rに右ストレートでダウンを奪い追撃のパウンドでKO勝ち。4度目の王座防衛に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。なお、この勝利によりアンデウソン・シウバの保持するUFC史上最長連勝記録の16連勝に次ぐ歴代2位の14連勝となった[21]

2021年11月6日、UFC 268のUFC世界ウェルター級タイトルマッチでウェルター級ランキング1位の挑戦者コルビー・コヴィントンと再戦。2Rに左フックで2度ダウンを奪い、3-0(48-47、48-47、49-46)の5R判定勝ち。5度目の王座防衛に成功した。試合直後には、長年に渡って因縁のあったコヴィントンと握手を交わし敬意を表した[22]

世界王座陥落編集

2022年8月20日、UFC 278のUFC世界ウェルター級タイトルマッチでウェルター級ランキング2位のレオン・エドワーズと再戦。1Rにキャリア初のテイクダウンを奪われ、2Rからはテイクダウンとグラウンドの攻防で圧倒するも、5R終盤に左ハイキックで逆転のKO負け。王座から陥落し、キャリア2戦目以来、約9年ぶりの黒星となった。また、UFCでの無敗連勝記録は15でストップした[23]

2023年3月18日、UFC 286のUFC世界ウェルター級タイトルマッチで王者レオン・エドワーズラバーマッチを行う。3Rにエドワーズがウスマンのテイクダウンを防いだ際に金網を掴んで1ポイント減点されるものの、0-2(46-48、46-48、47-47)の5R判定負け。王座奪還に失敗した[24]

ファイトスタイル編集

長いリーチから繰り出される伸びのある打撃と、フィジカルの強さとテクニックを生かしたケージレスリングを得意としており、クリンチスローやスラムなどのテイクダウン技術はUFCでトップレベルである。また、5Rをフルに動き続ける無尽蔵のスタミナも併せ持ち、しつこいケージレスリングとトップコントロールで相手の得意分野を完全に封じ込め、終始持ち味を潰すクレバーなスタイルを信条としている。さらに、97%のテイクダウンディフェンス率を誇り、キャリアを通して一度しかテイクダウンを奪われたことがない[25]

人物・エピソード編集

  • ニックネームの「ザ・ナイジェリアン・ナイトメア」(The Nigerian Nightmare)は、同じナイジェリア人である元NFLスター選手のクリスチャン・オコエが使用していたニックネームであるが、オコエからニックネームを継承する許可を得ており、ウスマンが王座を獲得したUFC 235にもオコエは観戦に訪れている[26]
  • もう一つのニックネーム「マーティー」(Marty)は、高校時代のレスリングコーチから、ウスマンのファーストネームの「カマルディーン」(Kamarudeen)の発音が難しかったため付けられたものである[27]
  • UFCのコメンテーターや解説者を務めている[28]UFC on ESPN: Covington vs. Lawlerでコメンテーターを務めた際には、同大会に出場したコルビー・コヴィントンと舌戦を繰り広げた[29]
  • ウスマンと同じナイジェリア出身であるUFC世界ミドル級王者のイスラエル・アデサンヤと親交が深く、お互いに対戦しないことを約束している。また、ナイジェリアに隣接するカメルーン出身であるUFC世界ヘビー級王者のフランシス・ガヌーとも親交が深く、ガヌーがスティーペ・ミオシッチUFC 260)、ジュニオール・ドス・サントスシリル・ガーヌと対戦した際にはウスマンがセコンドに就き、ウスマンがホルヘ・マスヴィダルUFC 261)と対戦した際にはガヌーがセコンドに就いた[30]
  • 同じく総合格闘家でThe Ultimate Fighter 30ヘビー級トーナメント優勝者のモハメド・ウスマンは実弟[31]、実兄のカッシュ・ウスマンは薬学博士である。
  • ブラジル人のガールフレンドとの間に娘がいる。
  • 父親のモハメド・ナシル・ウスマンは自身が経営していた民間救急サービス会社における不正請求や医療詐欺など14件の罪で2010年5月に有罪判決を受け、2021年2月にシーゴビル連邦矯正施設から釈放されているが、ウスマンは罪は父親が会社で雇っていた救急医療隊員達が犯したもので、救急医療隊員達も罪を認めたが、経営者だった父親が罪を被ることになったとアメリカの司法制度を非難している[32]
  • シーゴビル連邦矯正施設では施設内に6台のテレビがあったが、ウスマンが試合をする日はすべてのテレビのチャンネルがUFCの放送に合わせられ、利用者が一定の騒音レベルを超える歓声を上げたら直ちに視聴終了、深夜0時以降は視聴禁止、などの規則があったが、ウスマンが試合をする日に限っては刑務官がそれらの規則違反には目を瞑っていたという。また、施設ではペイ・パー・ビューを利用できないので、ウスマンはUFCにタイトルマッチまでは自身の試合をペイ・パー・ビュー大会で組まないように頼んでいた[33]
  • 父親はウスマンが2歳の時に薬学を勉強するためにアメリカ合衆国に渡り、家族でアメリカ合衆国へ移住するまで約6年間一度もナイジェリアに帰国できなかったので、家族に送金や手紙などを送っていたが、ある年にスーパーファミコンを送ったもののウスマンの自宅にはまだ電気が通っていなかったために暫くの間は遊ぶことが出来なかった[33]
  • 大学時代はベンチプレスを360ポンド(約163kg)、スクワットを500ポンド(約226kg)挙げることができた[34]

戦績編集

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
23 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
20 9 1 10 0 0 0
3 1 1 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× レオン・エドワーズ 5分5R終了 判定0-2 UFC 286: Edwards vs. Usman 3
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2023年3月18日
× レオン・エドワーズ 5R 4:04 KO(左ハイキック) UFC 278: Usman vs. Edwards 2
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2022年8月20日
コルビー・コヴィントン 5分5R終了 判定3-0 UFC 268: Usman vs. Covington 2
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2021年11月6日
ホルヘ・マスヴィダル 2R 1:02 KO(右ストレート→パウンド) UFC 261: Usman vs. Masvidal 2
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2021年4月24日
ギルバート・バーンズ 3R 0:34 TKO(右ジャブ→パウンド) UFC 258: Usman vs. Burns
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2021年2月13日
ホルヘ・マスヴィダル 5分5R終了 判定3-0 UFC 251: Usman vs. Masvidal
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2020年7月11日
コルビー・コヴィントン 5R 4:10 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 245: Usman vs. Covington
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2019年12月14日
タイロン・ウッドリー 5分5R終了 判定3-0 UFC 235: Jones vs. Smith
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2019年3月2日
ハファエル・ドス・アンジョス 5分5R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter: Heavy Hitters Finale 2018年11月30日
デミアン・マイア 5分5R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Maia vs. Usman 2018年5月19日
エミル・ミーク 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Stephens vs. Choi 2018年1月14日
セルジオ・モラエス 1R 2:48 KO(右ストレート) UFC Fight Night: Rockhold vs. Branch 2017年9月16日
ショーン・ストリックランド 5分3R終了 判定3-0 UFC 210: Cormier vs. Johnson 2 2017年4月8日
ワーレイ・アウヴェス 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Bader vs. Nogueira 2 2016年11月19日
アレクサンドル・ヤコヴレフ 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 20: Holm vs. Shevchenko 2016年7月23日
レオン・エドワーズ 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 17: dos Anjos vs. Cowboy 2 2015年12月19日
ヘイダー・ハッサン 2R 1:19 肩固め The Ultimate Fighter 21 Finale
【ウェルター級トーナメント 決勝】
2015年7月12日
マーカス・ヒックス 2R 5:00 TKO(パンチ連打) Legacy Fighting Championship 33 2014年7月18日
レニー・ロバト 3R 1:04 TKO(パンチ連打) Legacy Fighting Championship 30 2014年4月4日
スティーブン・ロドリゲス 1R 1:31 TKO(パンチ連打) Legacy Fighting Championship 27 2014年1月31日
ラシッド・アブドラ 1R 3:49 TKO(パンチ連打) Victory Fighting Championship 41 2013年12月14日
× ホセ・カセレス 1R 3:47 リアネイキドチョーク CFA 11: Kyle vs. Wiuff 2013年5月24日
デイヴィッド・グローバー 2R 4:50 TKO(パンチ連打) RFA 5: Downing vs. Rinaldi 2012年11月30日

総合格闘技エキシビション編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
スティーブ・カール 5分2R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter: American Top Team vs. Blackzilians 2015年6月17日
マイケル・グレイヴス 5分2R終了 判定2-0 The Ultimate Fighter: American Top Team vs. Blackzilians 2015年4月22日

獲得タイトル編集

表彰編集

  • レスリング NCAAディビジョン2 王者(2010年)
  • レスリング NCAAディビジョン2 オールアメリカン(2008年、2009年、2010年)
  • UFC
    • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
    • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(4回)
    • UFC ファイター・オブ・ザ・イヤー(2021年)
    • UFC ノックアウト・オブ・ザ・イヤー(2021年/ホルヘ・マスヴィダル戦)[35]
  • World MMA Awards
    • ファイター・オブ・ザ・イヤー(2021年)
  • MMA Fighting
    • ファイター・オブ・ザ・イヤー(2021年)
    • ノックアウト・オブ・ザ・イヤー(2021年/ホルヘ・マスヴィダル戦)
  • ESPN
    • ファイター・オブ・ザ・イヤー(2021年)
  • Bleacher Report
    • ファイター・オブ・ザ・イヤー(2021年)
  • Yahoo! Sports
    • ファイター・オブ・ザ・イヤー(2021年)
  • CBS Sports
    • ファイター・オブ・ザ・イヤー(2021年)
  • BT Sport
    • ファイター・オブ・ザ・イヤー(2021年)

ペイ・パー・ビュー販売件数編集

開催年月日 イベント 販売件数 備考
2022年08/20_8月20日 UFC 278: カマル・ウスマン vs. レオン・エドワーズ 2 036_36万件 ESPN+
2021年11/6_11月6日 UFC 268: カマル・ウスマン vs. コルビー・コヴィントン 2 070_70万件 ESPN+
米国内[36]
2021年04/24_4月24日 UFC 261: カマル・ウスマン vs. ホルヘ・マスヴィダル 2 070_70万件 ESPN+
米国内[37]
2020年07/12_7月12日 UFC 251: カマル・ウスマン vs. ホルヘ・マスヴィダル 130_130万件 ESPN+

脚注編集

  1. ^ a b c カマル・ウスマン UFC公式サイト
  2. ^ Fate and the Journey of Kamaru Usman UFC公式サイト 2015年7月11日
  3. ^ 【TUF21】TUF21ウィナーはブラックジリアンのウスマンに!! MMAPLANET 2015年7月13日
  4. ^ UFC on FOX 17 results: Kamaru Usman grinds out Leon Edwards MMA Junkie 2015年12月19日
  5. ^ Kamaru Usman blames Dana White for backlash after ’30 percent’ comment BJPennCom 2018年3月28日
  6. ^ Dana White rips Kamaru Usman's UFC Fight Night 124 post-fight speech; Usman clarifies MMA Junkie 2018年1月15日
  7. ^ UFC Fight Night 129 Results: Kamaru Usman Beats Demian Maia Via Decision Bleacher Report 2018年5月20日
  8. ^ Welterweights Santiago Ponzinibbio and Kamaru Usman to headline UFC Fight Night ESPN 2018年3月25日
  9. ^ Santiago Ponzinibbio out of UFC Chile main event against Kamaru Usman SBNATION 2018年4月21日
  10. ^ TUF 28 Finale bonuses: Kamaru Usman, Joseph Benavidez among winners MMA Fighting 2018年12月1日
  11. ^ Kamaru Usman: Meet di first African Born, Nigerian Champion for UFC history BBC News 2019年3月3日
  12. ^ KAMARU USMAN & ALI ABDELAZIZ CONFRONT COLBY COVINGTON... New Buffet Fight VideoTMZ Sports 2019年4月3日
  13. ^ Video: UFC’s Kamaru Usman and Colby Covington nearly brawl in casino SBNATION 2019年3月3日
  14. ^ JAW BLIMEY! Loud-mouthed Colby Covington shows off X-ray of brutally broken jaw after being smashed by Kamaru Usman at UFC 245 THE Sun 2019年12月18日
  15. ^ Colby Covington denies breaking jaw in Kamaru Usman fightBJ.Penn.com 2020年2月3日
  16. ^ BAD BLOOD UFC stars Jorge Masvidal and Kamaru Usman clash at pre-Super Bowl event ahead of potential 2020 fight talkSPORT 2020年1月30日
  17. ^ HISTORY UFC 251: Kamaru Usman will equal unreal Georges St-Pierre win record if he can defeat Jorge Masvidal talkSPORT 2020年7月9日
  18. ^ Kamaru Usman vs Jorge Masvidal agreed on six days notice for UFC 251 main event Metro Sport 2020年7月5日
  19. ^ The Pro Take: Kamaru Usman’s Violent Jab Stops Gilbert Burns at UFC 258 Cageside Press 2021年2月14日
  20. ^ UFC 258: Kamaru Usman TKOs Gilbert Burns to break Georges St-Pierre record – ‘put some respect on my name’ South China Morning Post 2021年2月14日
  21. ^ UFC 261: Kamaru Usman defends title with fierce second-round knockout of Jorge Masvidal The Washington Post 2021年4月25日
  22. ^ UFC 268 results, highlights: Kamaru Usman retains welterweight crown in brutal battle with Colby Covington CBS MMA 2021年11月7日
  23. ^ UFC 278 results: Leon Edwards pulls off stunner, knocks Kamaru Usman out cold with last-minute head kick MMA Junkie 2022年8月22日
  24. ^ Leon Edwards RETAINS the UFC welterweight title after beating Kamaru Usman by majority decision at UFC 286... as 'Rocky' makes first defence of his belt at a packed out O2 Arena in London デイリーメール 2023年3月19日
  25. ^ UFC 261 final fight stats: Kamaru Usman’s numbers among active welterweights are stunning SBNATION 2021年4月26日
  26. ^ CHRISTIAN OKOYE To Kamaru Usman ... YOU MADE NIGERIA PROUD!!! TMZ Sports 2019年3月5日
  27. ^ Why is Kamaru Usman called 'Marty'? sportskeeda 2021年4月25日
  28. ^ [PHOTO OF THE DAY KAMARU USMAN SERVES TITAN FC 52 AS A COMMENTATOR] 2019年1月26日 HARCORD
  29. ^ Colby Covington, Kamaru Usman get into heated exchange after UFC on ESPN 5 MMA Fighting 2019年8月3日
  30. ^ Thank you to all these wonderful human beings for being on my side during this camp and to everyone that helped me. Francis Ngannou Instagram 2019年7月1日
  31. ^ Mohammed Usman TAPOLOGY
  32. ^ Why did Kamaru Usman's father go to jail? sportskeeda 2021年2月14日
  33. ^ a b Fight Island -- The inside story of Kamaru Usman, his father and a Texas prisonESPN 2021年月日
  34. ^ Cunningham, John. “5 UFC fighters with huge walk around weights” (英語). www.sportskeeda.com. 2022年6月2日閲覧。
  35. ^ UFC Honors: Knockout of the YearUFC 2021年1月5日
  36. ^ UFC 268 sells 700,000 pay-per-views in the US alone SBNATION 2021年11月22日
  37. ^ Report: UFC 261 sells over 700,000 PPVs in the United States SBNATION 2021年4月27日

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
タイロン・ウッドリー
第12代UFC世界ウェルター級王者

2019年3月2日 - 2022年8月20日

次王者
レオン・エドワーズ