カムイアイヌ語ラテン翻字: kamuy[注釈 1]は、アイヌ語で神格を有する高位の霊的存在のこと。

概要編集

カムイは、本来神々の世界であるカムイ・モシリ[1]に所属しており、その本来の姿は人間と同じだという。例えば火のカムイであるアペ・フチ・カムイ[2]なら赤い小袖を着たおばあさんなど、そのものを連想させる姿と考えられている。そしてある一定の使命を帯びて人間の世界であるアイヌ・モシリ[3]にやってくる際、その使命に応じた衣服を身にまとうという。例えばキムン・カムイ[4]が人間の世界にやってくる時にはヒグマの衣服(肉体)をまとってくる。言い換えれば我々が目にするヒグマはすべて、人間の世界におけるカムイの仮の姿ということになる。名称ではキムン・カムイ、コタン・コロ・カムイ[5]レプン・カムイ[6]のように、「◯◯カムイ」などのように用いられる。

また、カムイの有する「固有の能力」は人間に都合の良い物ばかりとは限らない。例えば熱病をもたらす疫病神パヨカ・カムイなども、人智の及ばぬ力を振るう存在としてカムイと呼ばれる。このように、人間に災厄をもたらすカムイはウェン・カムイ[7]と呼ばれ、人間に恩恵をもたらすピリカ・カムイ[8]と同様に畏怖される。カムイという言葉は多くの場合にただ「神」と訳されるが、このような場合は「荒神」と訳すべき時もある。例えばカムイコタンとは「カムイの村」という意味だが、多くは地形上の難所などであり、「神の村」というより「恐ろしい荒神のいる場所」とした方が実際のイメージに近い[9]。語源には説がある。江戸時代中期の国学者谷川士清が著わした国語辞典である和訓栞[10]には、古い時代に日本語の「かみ(神)」を借用したものらしいとか書かれている[11]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 日本語での地名表記などにおいては、漢字を当て、神威神居としばしば表記される。

出典編集

  1. ^ アイヌ語ラテン翻字: kamuy mosir
  2. ^ アイヌ語ラテン翻字: ape huci kamuy、火の老婆のカムイ
  3. ^ アイヌ語ラテン翻字: aynu mosir
  4. ^ アイヌ語ラテン翻字: kim un kamuy、山にいるカムイ
  5. ^ アイヌ語ラテン翻字: kotan kor kamuy、集落を護るカムイ、シマフクロウ
  6. ^ アイヌ語ラテン翻字: rep un kamuy、沖にいるカムイ、シャチ
  7. ^ アイヌ語ラテン翻字: wen kamuy、悪しきカムイ
  8. ^ アイヌ語ラテン翻字: pirka kamuy、善きカムイ
  9. ^ 「アイヌ語学」知里真志保「北海道事始め」 楡書房 1956年2月
  10. ^ 和訓栞. 前編 1-28 / 谷川士清 纂”. www.wul.waseda.ac.jp. 2019年11月2日閲覧。
  11. ^ カムイ 精選版 日本国語大辞典” (日本語). コトバンク. 2019年11月2日閲覧。

関連項目編集