カムチャツカ時間

カムチャツカ時間(カムチャツカじかん、Kamchatka Time、Petropavlovsk-Kamchatsky Time - PETT)は、協定世界時 (UTC) を12時間進ませた標準時(UTC+12)。ロシア第11標準時とも呼ばれる。

ロシアの標準時:
     UTC+2 MSK-1 カリーニングラード時間 (USZ1)
     UTC+3 MSK モスクワ時間 (MSK)
     UTC+4 MSK+1 サマラ時間 (SAMT)
     UTC+5 MSK+2 エカテリンブルク時間 (YEKT)
     UTC+6 MSK+3 オムスク時間 (OMST)
     UTC+7 MSK+4 クラスノヤルスク時間 (KRAT)
     UTC+8 MSK+5 イルクーツク時間 (IRKT)
     UTC+9 MSK+6 ヤクーツク時間 (YAKT)
     UTC+10 MSK+7 ウラジオストク時間 (VLAT)
     UTC+11 MSK+8 マガダン時間 (MAGT)
     UTC+12 MSK+9 カムチャツカ時間 (PETT)

なお、2011年に廃止された夏時間は協定世界時より13時間進み(UTC+13)、カムチャツカ夏時間(カムチャツカなつじかん、Kamchatka Summer Time、Petropavlovsk-Kamchatsky Summer Time - PETST)と呼ばれていた。

歴史編集

2010年3月28日サマータイム開始と同時に同時間帯は廃止され、マガダン時間に統合された。これはドミトリー・メドベージェフ政権による国内時間帯の統合策(「時の改革」)によるもので[1]、従来のカムチャツカ時間適用地域では時計が従来より1時間遅く進むようになった(通常はUTC+11時間、夏季はUTC+12時間)。また、2011年には従来の夏時間が通年で適用されるようになり、結果として旧カムチャツカ時間地域では2010年までの通常時間(「冬時間」)と同一になった。

この一連の政府の政策に対し、同地方の住民の間では「特に冬季は子どもの授業時間中に日没する」「夜が長くなり、電気代が増え、交通事故や犯罪が増加する」「日の出が早くなってゆっくり眠れない」などを理由に反発が起き、カムチャツカ地方の首府・ペトロパブロフスク・カムチャツキーではデモが発生して、ロシア国外でも報道された。[2]

国民の不満を受けて2014年7月22日ウラジーミル・プーチン大統領が標準時を冬時間に戻す法案に署名したことにより[3]、同年10月26日よりロシアの時間帯の変更が行われ、サマラ時間と共にカムチャツカ時間も復活した。

採用しているロシアの地域編集

 

本項目の冒頭に表示されているロシア連邦の地図中で最も東側(右側)の2ブロック、本節中の地図の赤色部分に相当する。

脚注編集

  1. ^ 同時にサマラ時間(通常はUTC+4時間、夏季はUTC+5時間)が廃止され、ロシア国内の時間帯は11から9へ削減された。
  2. ^ NHK解説委員室ブログ 2011年2月28日付 「ロシア 進む"時の改革"」
  3. ^ “ロシア、通年「冬時間」に 10月から日本と6時間差”. 産経ニュース. (2014年7月23日). http://www.sankei.com/world/news/140723/wor1407230046-n1.html 2014年12月7日閲覧。 

関連編集