カムバック賞

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

カムバック賞(カムバックしょう)は、病気や怪我を乗り越えて再び実績を残したスポーツ選手に贈られる賞である。英語では「Comeback Player of the Year」。

世界的なカムバック賞に、ローレウス世界スポーツ賞英語版)のひとつであるカムバック賞(世界カムバック賞)がある。また、MLBNFLなどのプロスポーツリーグでも設けられている場合がある。

日本のカムバック賞編集

日本プロ野球編集

北米のカムバック賞編集

メジャーリーグベースボール編集

アメリカメジャーリーグベースボールにおけるカムバック賞(Major League Baseball Comeback Player of the Year Award)は、2005年より表彰が行われた、メジャーリーグ公式ではでもっとも新しい表彰である。

NFL編集

1972年から毎年Pro Football Weekly によって選出されている。1998年からはAP通信からも選出されるようになった。

メジャーリーグサッカー編集

メジャーリーグサッカーでも2000年よりカムバック賞が設けられている。

MLSカムバック賞
受賞者 所属クラブ
2000年   トニー・メオラ カンザスシティ・ウィザーズ
2001年   トロイ・ダヤク英語版 サンノゼ・アースクエイクス
2002年   クリス・クライン英語版 カンザスシティ・ウィザーズ
2003年   クリス・アーマス英語版 シカゴ・ファイアーFC
2004年   ブライアン・チン サンノゼ・アースクエイクス
2005年   クリス・クライン(2) カンザスシティ・ウィザーズ
2006年   リチャード・マルルーニー英語版 FCダラス
2007年   エディ・ジョンソン カンザスシティ・ウィザーズ
2008年   ケニー・クーパー FCダラス
2009年   ザック・ソーントン英語版 クラブ・デポルティボ・チーヴァス・USA
2010年   ボビー・コンヴェイ サンノゼ・アースクエイクス
2011年   デビッド・ベッカム ロサンゼルス・ギャラクシー
2012年   エディ・ジョンソン(2) シアトル・サウンダーズFC
2013年   ケヴィン・オールストン英語版 ニューイングランド・レボリューション
2014年   ロドニー・ウォレス ポートランド・ティンバーズ
2015年   ティム・メリア スポルティング・カンザスシティ
2016年   クリス・ポンティウス フィラデルフィア・ユニオン
2017年   クリント・デンプシー シアトル・サウンダーズFC
2018年   ギャシ・ザーデス コロンバス・クルー
2019年   ジョーダン・モリス シアトル・サウンダーズFC
2020年   ブラッドリー・ライト=フィリップス ロサンゼルスFC

世界のカムバック賞編集

世界カムバック賞編集

世界カムバック賞は、ノミネートされた世界中のスポーツ選手から1名が選出され贈呈される。

プロボクシング編集

リングマガジンが制定する年間表彰に「リングマガジン カムバック・オブ・ザ・イヤー」が存在する。1980年に制定されており、最初の受賞者は大熊正二であった。