メインメニューを開く

カモメ亜科(カモメあか、学名 larinae)は、鳥類チドリ目カモメ科の亜科である。狭義のカモメ科 Laridae sensu stricto・カモメ族 Larini とも。

カモメ亜科
カモメ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
亜科 : カモメ亜科 Larinae
学名
Larinae Vigors1825
和名
カモメ(鴎)
英名
Gulls

カモメ(鴎)と総称するが、狭義にはその1種をカモメと呼ぶ。

特徴編集

世界中の沿岸域に生息するが、寒冷地が分布の中心である。飛翔能力を高度に発達させた水鳥で、海洋の沿岸域に生息する。日本では、冬鳥ユリカモメセグロカモメカモメ、および留鳥ウミネコオオセグロカモメが普通種である。

アジサシ亜科に比べ、やや大型で、は幅広く長く、が長く、(くちばし)は太い。

全長25–75cm捕食するほか、漁業廃棄物や海岸に打ち上げられた死骸を食べたり、陸地で小動物を捕食したり、他・時には同種のを食べたりと、食性は多様である。

分類と系統編集

伝統的に、カモメ科の3亜科(あるいは3科・3族)の1つとされてきた。狭義のカモメ科として独立科とする説もあるが、基底的な属がありいずれかの科が側系統となるため避けられる[1]

Noddies と総称されるクロアジサシ属 Anousハイイロアジサシ属 ProcelsternaシロアジサシGygis の3属またはその一部を含める説もあるが、これらはいずれの亜科とも別系統である[2][3]

系統樹は Baker et al. (2007)[2]より。ただしカモメ科内の系統関係については不確実な異論もある。彼らがサンプリングしていない属には ? をつけた。そのうちハイイロアジサシ属は Thomas et al. (2004)[4]より。カモメ亜科内の数属は Pons et al. (2005)[5]によるが、彼らが確度の高い結果を出していない Chroicocephalus は、Thomas et al. (2004) が ((Chroicocephalus, Hydrocoloeus), Rhodostethia) としていることからこの位置とした。

カモメ属および近年それから分離(ないし再分離)された属には☆をつけた。

カモメ科


クロアジサシ属 Anous



? ハイイロアジサシ属 Procelsterna





シロアジサシ Gygis



アジサシ亜科 Sterninae



カモメ亜科


アカメカモメ Creagrus




? Chroicocephalus




? ヒメカモメ Hydrocoloeus



ヒメクビワカモメ Rhodostethia







クビワカモメ Xema




ゾウゲカモメ Pagophila




ミツユビカモメ属 Rissa




? Leucophaeus




? Ichthyaetus



カモメ属 Larus









ハサミアジサシ亜科 Rynchopinae





属と種編集

属と種は国際鳥類学会議 (IOC)[6]、亜科の範囲はアメリカ鳥学会 (AOU)[7]より。10属54種。

出典編集

  1. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2010), “Shorebirds & allies”, IOC World Bird Names, version 2.5, http://www.worldbirdnames.org/n-shorebirds.html 
  2. ^ a b Baker, Allan J.; Pereira, Sérgio L.; Paton, Tara A. (2007), “Phylogenetic relationships and divergence times of Charadriiformes genera: multigene evidence for the Cretaceous origin of at least 14 clades of shorebirds”, Biol Lett. 3 (2): 205–209, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2375939/ 
  3. ^ Ödeen, Anders; Håstad, Olle; Alström, Per (2010), “Evolution of ultraviolet vision in shorebirds (Charadriiformes)”, Biol. Lett. 6: 370–374, doi:10.1098/rsbl.2009.0877, http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/suppl/2009/12/15/rsbl.2009.0877.DC1/rsbl20090877supp1.pdf 
  4. ^ Thomas, Gavin H.; Wills, Matthew A.; Székely, Tamás (2004), “A supertree approach to shorebird phylogeny”, BMC Evol Biol. 4 (28), doi:10.1186/1471-2148-4-28, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC515296/ 
  5. ^ Pons; Hassanin, A.; Crochet, P.-A. (2005), “Phylogenetic relationships within the Laridae (Charadriiformes: Aves) inferred from mitochondrial markers”, Mol. Phylogenet. Evol. 37: 686–699, doi:10.1016/j.ympev.2005.05.011, http://www2.mnhn.fr/crbpo/IMG/pdf/Pons_et_al_2005_MolPhylEvol_Laridae.pdf 
  6. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2010), “Shorebirds & allies”, IOC World Bird Names, version 2.5, http://www.worldbirdnames.org/n-shorebirds.html 
  7. ^ AOU (2009), Check-list of North American Birds, 7th edition, http://www.aou.org/checklist/north/full.php 
  8. ^ Banks, Richard C. (2007), “Adopt reclassification of Laridae by Pons et al. (2004), incl. generic limits”, NACC Proposals 2007-B, p. 6–8, http://www.aou.org/committees/nacc/proposals/2007-B.pdf