カヤバシステムマシナリー

カヤバシステムマシナリー株式会社(英文社名 : KAYABA SYSTEM MACHINERY Co.,Ltd.)は土木建設機械産業機械、免震装置及び舞台装置などを製造する日本株式会社KYBグループの一つ。

カヤバシステムマシナリー株式会社
KAYABA SYSTEM MACHINERY Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 未上場
略称 KSM
本社所在地 日本の旗 日本
514-0303
三重県津市雲出長常町1129番地11
設立 2004年
業種 機械
法人番号 7010401022429 ウィキデータを編集
事業内容 建設機械
環境産業機械
舞台機構
代表者 坂井 静(代表取締役)
資本金 7億円
売上高 66億4800万円(2020年03月31日時点)[1]
営業利益 10億7700万円(2020年03月31日時点)[1]
経常利益 7億4600万円(2020年03月31日時点)[1]
純利益 ▲319億2700万円(2020年03月31日時点)[1]
純資産 ▲583億6600万円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 82億1300万円(2020年03月31日時点)[1]>
従業員数 201名
主要株主 KYB
関係する人物 浅野開作(元日本鉱機会長)
外部リンク http://www.kyb-ksm.co.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1958年 - 日本鉱機(株)を設立。
  • 1970年 - 日本鉱機(株)がヘジャクレス生産開始。
  • 1985年 - カヤバ工業が舞台装置事業に進出。
  • 1986年 - 日本鉱機(株)がブームヘッダー国産開始。
  • 1988年 - カヤバ工業が舞台装置販売会社である株式会社カヤバレイステージを設立。
  • 2004年 - カヤバ工業が装置事業部、株式会社カヤバレイステージ、日本鉱機(株)の分割合併・名称変更でカヤバシステムマシナリーを発足。
  • 2005年 - カヤバ工業が通称社名KYB株式会社を採用。
  • 2006年 - KYBより免制震製品を移管。
  • 2009年 - 日本ムーグ株式会社と自動車試験機分野で業務提携。
  • 2010年 - 台湾事業所を開設。三重工場の事務所を西工場へ移転・集結。
  • 2011年 - 相模事業所を開設
  • 2013年 - 三重工場新工場・事務所竣工。
  • 2015年 - カヤバ工業がKYBに商号も変更。
  • 2019年 - 本社を東京都港区から三重工場へ移転。

国内拠点編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集