カライム語(カライムご、Karaim)とは、ヘブライ語の影響下に成立した、北西語群に属するテュルク諸語の一つである。

カライム語
話される国  リトアニア ウクライナ
地域 トラカイおよび他の地域
民族 カライム人 (lt
話者数 リトアニアに50人、ウクライナに6人[1][2]
言語系統
テュルク諸語
  • カライム語
表記体系 ラテン文字(リトアニアで)、キリル文字(クリミアで)[2]
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 kdr
消滅危険度評価
クリミア 消滅
西ウクライナ 極めて深刻
リトアニア 重大な危険 (UNESCO)
テンプレートを表示

概説編集

Lewis et al. (2015)とHammarström et al (2016)とでは下位分類の内訳に違いが見られるが、カラチャイ・バルカル語クムク語クリムチャク語の3言語と近い関係にあるとされている点は共通している。

ヘブライ語の影響下に成立したドイツ語の一種であるイディッシュ語や、ヘブライ語の影響下に成立したスペイン語の一種であるラディーノ語の、いわばトルコ語版といえる。

カライム語はリトアニアクリミアウクライナカライ派ユダヤ教徒クリミア・カライム人ロシア語版英語版)が話す言語だが、現存する話者は非常に少ない。クリミアのカライム語話者はユダヤ教に改宗したとされるハザールの末裔である、とする議論があるが、未だ定説には至っていない[注 1]

カライム語のリトアニア方言は、主にトラカイ(別名トロキ)の小さなユダヤ教徒コミュニティで話されている。トラカイはかつてリトアニアの首都であった。この町のユダヤ教徒は、1397年から1398年にかけて、ヴィタウタス大公によって城の防衛のために連れて来られた歴史がある。この町ではカライム語を観光の目玉として公的に支援しているため、カライム語が生き残る可能性が期待されている。

音韻論編集

文法編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ クリミアのカライ派の歴史は12世紀後半に遡るという[3]

出典編集

  1. ^ Salminen 2007.
  2. ^ a b Lewis et al. (2015).
  3. ^ 小松(2016)、p54

参考文献編集

  • Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al: “Karaim”. Glottolog 4.3. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History (2016年). 2020年10月11日閲覧。
  • "Karaim," "Karachay-Balkar," "Krimchak," and "Kumyk." In Lewis, M. Paul; Simons, Gary F.; Fennig, Charles D., eds. (2015). Ethnologue: Languages of the World (18th ed.). Dallas, Texas: SIL International.
  • Salminen, T. (2007), “Europe and North Asia”, Encyclopedia of the world's endangered languages, C. Moseley (ed.), London: Routledge, pp. 211-282 
  • 小松久男『テュルクを知るための61章』明石書店、2016年。ISBN 475034396Xテュルクを知るための61章 - 株式会社 明石書店も参照)

関連項目編集

外部リンク編集