メインメニューを開く

カラクル湖 (タジキスタン)

カラクル湖(Kara-Kul Qarokul :Tajik: Қарoкул)はタジキスタンパミール高原にある直径25kmのである。500万年前の隕石衝突によるクレーターの中にある。標高3900mに位置する。南岸から伸びる半島と、によって東西に分かれ、東側の湖は13mから19mの水深で浅く、西側の湖は水深221mから230mである。湖から流れ出るはない。

カラクル湖
Kara-kul lake.jpg
カラクル湖の位置(タジキスタン内)
カラクル湖
カラクル湖
カラクル湖の位置(新疆ウイグル自治区内)
カラクル湖
カラクル湖
カラクル湖の位置(中華人民共和国内)
カラクル湖
カラクル湖
カラクル湖の位置(アジア内)
カラクル湖
カラクル湖
タジキスタンの範囲とカラクル湖の位置
中国新疆ウイグル自治区の地図は参考)
場所 パミール高原
座標 北緯39度1分 東経73度27分 / 北緯39.017度 東経73.450度 / 39.017; 73.450座標: 北緯39度1分 東経73度27分 / 北緯39.017度 東経73.450度 / 39.017; 73.450
種類 隕石湖流出河川なし
タジキスタン
最大幅 52km
水面積 380km2
最深部 230m
水面標高 3,900m
登録名 カラクル湖
登録日 2001年7月18日
登録コード 1082[1]
テンプレートを表示

衛星写真によってごく最近に発見された、隕石クレーターのリム(外縁)の直径は45kmで、500万年前の隕石衝突により形成されたとされている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Karakul Lake”. Ramsar Sites Information Service. 2018年4月25日閲覧。

外部リンク編集