メインメニューを開く

カラシナ(芥子菜、辛子菜、Brassica juncea: Mustards)はアブラナ科アブラナ属越年草。「芥」でカラシナを意味し、「芥子」はカラシナの種子の意味。

カラシナ
Brassica juncea
カラシナの図譜(1897年)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウチョウソウ目 Brassicales
: アブラナ科 Brassicaceae
: アブラナ属 Brassica
: セイヨウカラシナ B. juncea
変種 : カラシナ B. j. var. cernua
学名
Brassica juncea var. cernua
Jorb. et Hem.
和名
カラシナ
英名
Mustard greens,
Indian mustard,
Chinese mustard,
Leaf mustard,
Oriental mustard
マスタードグリーン(アメリカ)

別名ともされるセイヨウカラシナは、カラシナの原種である野生種が、明治期以降に帰化植物となったもの。

目次

概要編集

クロガラシ(Brassica nigra: ゲノム構成BB, 2n = 16)とラパ(B. rapa: ゲノム構成AA, 2n = 20)の両方のゲノムを持つ複二倍体(ゲノム構成AABB, 2n = 4x = 36)で、中央アジア原産と云われる。地中海沿岸から伝播する間に、交雑により生じたと考えられている。

日本への伝来は弥生時代ともいわれ、平安時代である延喜年間(901年 - 923年編纂の『本草和名』や承平年間(931年 - 938年)編纂の『和名抄』に記載がある。

栽培するものは10から12月に種をまく。また、川沿いの土手などにも野生化して生えている。高さは1-1.5 m。春に開花し、アブラナに似た黄色い花を咲かせる。

利用編集

野菜(からし菜)として栽培され、葉茎は油炒めおひたし漬物などに利用される。タカナ(高菜)やザーサイ(搾菜)は、カラシナの変種沖縄県ではシマナー(島菜)と呼ばれ、塩漬けや炒め物などに多用される。

種子はからし(和からし)の原料となりオリエンタルマスタードとも呼ばれる。マスタード(洋からし)の原料として利用されるシロガラシは、同じアブラナ科の別種である。アブラナやカブなど、アブラナ科の植物は、辛味成分であるアリルイソチオシアネート配糖体であるグルコシノレートGlucosinolate: 代表的なものとしてシニグリンなど)をもち、種子は種によって差はあるが、いずれも辛味を持つ。

宮崎県の一部(美郷町など)には「イラカブ」と呼ばれる在来品種がある[1]

変種編集

  • アザミナ(学名:Brassica juncea var. crispifolia L.H. Bailey)別名:チリメンカラシ、ハゴロモカラシナ
  • カラシナ(学名:Brassica juncea var. cernua Jorb. et Hem.)
  • ザーサイ(搾菜)(学名:Brassica juncea var. tumida Tsen et Lee)
  • シュエリーホン(学名:Brassica juncea var. foliosa L. H. Bailey)
  • タカナ(高菜)(学名:Brassica juncea var. integrifolia (Stokes) Sinsk.)
  • タニクタカナ(学名:Brassica juncea var. rugosa Kitam.)
  • ダイシンサイ(学名:Brassica juncea var. bulbifera Mas.)
  • ツァイタイ(学名:Brassica juncea var. rugosa Kitam.)別名:タイシンツァイ、ターシンツァイ、イウツァイ、イウツァイシン
  • ニンスーカ(学名:Brassica juncea var. multisecta Bailey)別名:センスジハガラシ
  • ネガラシ(学名:Brassica juncea var. megarrhiza Tsen et Lee)
  • ホワチエ(学名:Brassica juncea var. napiformis Kitam.)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 在来野菜イラカブ復活へ夕刊デイリーWeb(2017年1月25日)2018年9月27日閲覧。

参考文献編集

  • 平野隆久写真『野に咲く花』林弥栄監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、1989年、310頁。ISBN 4-635-07001-8

関連項目編集

外部リンク編集