カラン・シング(Karan Singh、1931年3月9日 - )は、インド政治家外交官学者インド国民会議派の重鎮。

カラン・シング
Karan Singh
Dr-Karan-Singh-sept2009.jpg
生年月日 (1931-03-09) 1931年3月9日(91歳)
出生地 フランスの旗 フランスカンヌ
称号 Ph.D.デリー大学
親族 ハリ・シング(父)

在任期間 1952年11月17日 - 1965年3月30日

在任期間 1965年3月30日 - 1967年3月15日
テンプレートを表示
ナレンドラ・モディ首相とべナレス・ヒンドゥー大学にて(2016年2月22日)

経歴編集

ジャンムー・カシュミール藩王国の藩王ハリ・シングの息子として生まれた。

カシュミール大学を卒業。国立デリー大学で博士号を取得。

1965年から1967年まで、初代ジャンムー・カシミール州知事を務めた[1]1967年下院議員に当選。その後、下院議員に4期連続当選した。

36歳で入閣。観光・航空相、健康・家族計画相、教育文化相を歴任した。

ジャンムー・カシュミール大学総長、ベナレス・ヒンドゥー大学総長、ICCR(インド文化関係評議会)の副会長を歴任。世界ヒンディー語財団の会長も務めた。

関連項目編集

脚注編集