カリクロー

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

カリクロー古希: Χαρικλώ, Chariklō)は、 ギリシア神話に登場するニュンペー、あるいは女性である。長母音を省略してカリクロとも表記される。主に、

の3人が知られている。以下に説明する。

ケイローンの妻編集

このカリクローは、ニュムペーで、ケイローンの妻になり、ヒッペーオーキュロエー[1]エンデーイス[2]カリュストスを生んだ[3]ケンタウルス族の小惑星カリクローは、ケイローンの妻カリクローに因んで名付けられた。

キュクレウスの娘編集

このカリクローは、キュクレウスの娘。スケイローンの妻になり、エンデーイスを生んだ[4]

テイレシアースの母編集

このカリクローは、アテーナーに仕えたニュムペー。スパルトイエウエーレースの妻になり、予言者テイレシアースを生んだ。テイレシアースはアテーナーの裸を見たことで彼女の怒りを受け、視力を奪われた。カリクローは息子の目を治すように訴えたが、アテーナーは自分が掛けた呪いを解くことができなかったので、代わりに予言の力を与えた[5]

脚注編集

  1. ^ オウィディウス『変身物語』2巻。
  2. ^ ヒュギーヌス、14話。
  3. ^ ピンダロス『ピューティア祝勝歌』4歌103行への古註。
  4. ^ プルタルコス「テーセウス伝」10。
  5. ^ アポロドーロス、3巻6・7。

参考文献編集

関連項目編集