メインメニューを開く

カリスタの海に抱かれて』(カリスタのうみにだかれて)は、宝塚歌劇団ミュージカル作品。作は大石静、演出は石田昌也が担当。

概要編集

テレビドラマで活躍する脚本家・大石静が『美しき生涯 -石田三成 永遠(とわ)の愛と義-』(2011年・宙組)に続く2作目として宝塚歌劇のオリジナル作品を担当した。

フランス革命勃発前夜、地中海の架空の島・カリスタを舞台に、愛と友情、故郷への想いに揺れ動く青年将校の葛藤を描く。

2015年3月13日から4月20日(新人公演:3月31日)に宝塚大劇場、同年5月15日から6月14日(新人公演:5月28日)に東京宝塚劇場にて、花組により上演。なお、本公演は新トップ娘役・花乃まりあのお披露目公演となった[1]

併演はレビューロマン『宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)』。

あらすじ編集

主な配役編集

本公演編集

新人公演編集

スタッフ編集

宝塚大劇場公演

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 公演解説”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 2018年6月11日閲覧。

参考資料:宝塚大劇場公演プログラム

外部リンク編集