カリディケー古希: Καλλιδίκη, Kallidikē, : Callidice)は、ギリシア神話の女性である。主に、

が知られる。

ケレオスの娘編集

このカリディケーは、エレウシースの王ケレオスとメタネイラの娘で、クレイシディケー、デーモー、カリトエーと姉妹[1]女神デーメーテールが娘のコレーを探して各地を放浪したのち、エレウシースの処女の井戸で休んでいると、彼女たちが水を汲むためにやって来て、女神に対して神とは気づかずに親切に接したために、デーメーテールは乳母としてケレオスの館に招かれ、王の幼い息子デーモポーンを火にくべて神のごとく育てようとしたと伝えられている[2]

ダナオスの娘編集

このカリディケーは、アルゴスの王ダナオスの50人の娘(ダナイデス)の1人である。母の名前はクリノーであり、オイメー、ケライノー、ヒュペルヒッペーという姉妹がいた。彼女とその姉妹はそれぞれ、エジプトアイギュプトスとヘーパイスティネーの息子たち、パンディーオーン、アルベーロス、ヒュペルビオス、ヒッポコリュステースと結婚したのち、他のダナイデスと同様に父の計略に従って結婚相手を殺害した[3]

テスプローティア地方の女王編集

このカリディケーは、テスプローティアー地方の女王である。イタケー島の王オデュッセウスと結婚し、ポリュポイテースを生んだ[4]

トロイア戦争後、無事にイタケー島に帰国し、ペーネロペーの求婚者たちを誅殺したオデュッセウスは、海神ポセイドーンの怒りをなだめるためにテスプローティアー地方に赴いて犠牲を捧げようとした。このときカリディケーはオデュッセウスと出会って愛するようになり、自分と結婚して国の王となることを求めた。オデュッセウスはこれに応じ、2人の間にポリュポイテースが生まれた。またオデュッセウスは王として近隣諸国を征服した[4]。散逸した叙事詩テレゴネイア』によるとオデュッセウスが戦ったのは隣国との戦争であり、カリディケーはこの戦いで戦死した[5]。カリディケーの死後、オデュッセウスは王国を息子に譲り、イタケーに帰ったという[4][5]

系図編集

 
ケパロス
 
プロクリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
アンドロメダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルケイシオス
 
アウトリュコス
 
 
 
 
 
オイバロス
 
ゴルゴポネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーエルテース
 
アンティクレイア
 
 
 
 
 
テュンダレオース
 
イーカリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クティメネー
 
 
 
カリディケー
 
オデュッセウス
 
ペーネロペー
 
 
 
イプティーメー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリュプソー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キルケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナウシトオス
 
ナウシノオス
 
ポリュポイテース
 
テーレマコス
 
ラティーノス
 
テーレゴノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ホメーロス風讃歌』第2歌「デーメーテール讃歌」109行-110行。
  2. ^ 『ホメーロス風讃歌』第2歌「デーメーテール讃歌」91行以下。
  3. ^ アポロドーロス、2巻1・5。
  4. ^ a b c アポロドーロス、適用(E)7・34-7・35。
  5. ^ a b プロクロス『文学便覧』「テレゴネイア梗概」。

参考文献編集

関連項目編集