カリナン鉱山(カリナンこうざん、英語: Cullinan Diamond Mine)は、南アフリカ共和国ハウテン州プレトリアから東に約40km、カリナンにあるダイヤモンドの鉱山。

カリナン鉱山
Cullinan Diamond Mine
South Africa-Cullinan Premier Mine01.jpg
所在地
カリナン鉱山の位置(南アフリカ共和国内)
カリナン鉱山
カリナン鉱山
所在地 カリナン
ハウテン州
 南アフリカ共和国
座標 25°40′S 28°30′E / 25.667°S 28.500°E / -25.667; 28.500座標: 25°40′S 28°30′E / 25.667°S 28.500°E / -25.667; 28.500
生産
産出物 ダイヤモンド
歴史
開山 1902年
所有者
企業 デビアス
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学

位置は南緯25度40分、東経28度30分である。地下約720mのキンバーライトの鉱脈からダイヤモンドの採掘を行っている。露天掘りではなく坑道掘りを採用する。デビアス社所有。

概要編集

 
産出されたダイヤモンド

南アフリカ共和国中央北部から東部にかけては、カラハリ剛塊の南半分に相当するカープファール剛塊が分布している。カープファール剛塊は約35億年前、先カンブリア代に形成された安定陸塊である。カープファール剛塊には大規模なものだけでも、50以上のキンバレー岩と呼ばれる貫入岩が分布する。キンバレー岩は地下150kmから200kmの地点に起源をもつ。それにも関わらずカープファール剛塊におけるキンバレー岩の形成速度は、数時間単位と非常に短い。ほとんどのキンバレー岩は約6500万年前の白亜紀末に形成されているが、例外もある。カリナン鉱山である。カリナン鉱山のキンバレー岩は古地磁気の計測結果から、先カンブリア代の活動によることが分かった。つまり、センティナリー・ダイヤモンドを含むカリナン鉱山のダイヤモンドは形成後、数カ月単位の冷却を経たのち、少なくとも5億年以上、何の変化も受けずに地中に埋まっていたことになる。

歴史編集

 
プレミア鉱山(1903年)
  • 1902年プレミア鉱山として鉱山が開かれ、現在まで採掘を続けている。深い竪穴と広大な面積の坑道から成る。
  • 1905年1月26日 - カリナンの原石となる3106カラットある史上最大のダイヤモンド原石が発見される。
  • 1966年 - テーラー・バートンの原石が発見される。
  • 1986年7月17日 - センティナリー・ダイヤモンドの原石が発見される。
  • 2003年11月 - 開鉱100周年の式典でカリナン鉱山に名称変更。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集