カリブの太陽』(カリブのたいよう)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。月組[1]公演。

形式名は「ミュージカル・プレイ[1]」。18場[1]

1979年2月16日から3月21日[1](新人公演:3月9日[2])まで宝塚大劇場(東京では未公演)で公演された。

併演作品は『日本の恋詩[1]』。

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[1]を参照

カリブ海に浮かぶ島を舞台にした人々の恋や、笑いや、風刺に富んだストーリーをラテン音楽に乗せてミュージカルに仕立てた作品。

太田哲則演出家デビュー作品。

この作品より条はるき男役から娘役に転向し、ヒロインを演じる。

ストーリー編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[1]を参照

ブラウン商会のジェフは観光ホテルを建設するためにカリブ海にあるコラリオ島にやってきて、農場主の娘・ルイーズと恋仲になる。島を宣伝しようとジェフが売り出した郵便切手は大成功し、その島に一大観光ブームが起こる・・・。

主な配役編集

※「()」は新人公演・配役

スタッフ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 100年史(舞台) 2014, p. 147.
  2. ^ a b c 100年史(舞台) 2014, p. 296.
  3. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 198.
  4. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 199.

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0