カルカロドントサウルス科

カルカロドントサウルス科は肉食恐竜の中の主要なグループの一つ。 史上最大級の肉食恐竜であるカルカロドントサウルスギガノトサウルスが属する科であり、又アクロカントサウルスをこの科に含める声もある。分類上アロサウルス科に近縁である。

カルカロドントサウルス科
生息年代: 中生代ジュラ紀中期〜後期白亜紀, 154–91 Ma
アクトカントサウルス
地質時代
中生代白亜紀前期〜後期白亜紀
(約1億7,560万 - 8800万年前)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : カルノサウルス類 Carnosauria
上科 : アロサウルス上科Allosauroidea
: カルカロドントサウルス科
学名
Carcharodontosauridae
Stromer1931
シノニム
  • アクロカントサウルス科 AcrocanthosauridaeMolnar, 2003
下位分類群

捕食-被食関係編集

カルカロドントサウルス科の祖先筋たるアロサウルスや、それに類似したメガロサウルス類などは、出現当初から大型の竜脚類を仕留められるような適応を遂げていた[3]。その細かな戦略はそれぞれ異なり、例えばアロサウルスは短めの歯と強靭な頸部を使って獲物を攻撃していた可能性がある[4]

そしてカルカロドントサウルス科は、アロサウルス以上に鋭く長い歯を発達させていた[注 1]。これは白亜紀に繁栄した史上最重量級の竜脚類であるティタノサウルス科(例→アルゼンチノサウルス)を餌食にするためだった可能性があり、白亜紀セノマニアンおよびチューロニアンまで、両者は互いに影響し合いながら繁栄することになった。だが白亜紀中期(後期序盤)に起きた気候変動により、こうした巨大恐竜はK-Pg境界を待たずして絶滅することになる[5]

なおティタノサウルス科とカルカロドントサウルス科の関係を示す証拠は決して多くないが、パラリティタンの標本にカルカロドントサウルスの歯型が残されていたとする話がある[要出典]。余談だが、数少ない歯型の例として、ネオヴェナトルが鳥脚類マンテリサウルスに残したものが報告されている[6]

筋力編集

しばしばティラノサウルスよりも咬合力(噛む力)が弱いとされているが、それはカルカロドントサウルス科が非力だった事を示すわけではない。実際には全長10メートル以上、体重6トンを超える種類(例→カルカロドントサウルス)では、全長8メートル弱、体重850キロもの大きな獲物を顎だけで咥え上げる事が出来た[7]

クラドグラム編集

以下はノバスらによる2013年のカルカロドントサウルス類のクラドグラム[2]

アロサウルス

カルカロドントサウルス科

ネオヴェナトル

エオカルカリア

コンカヴェナトル

アクロカントサウルス

シャオキロン

カルカロドントサウルス亜科

カルカロドントサウルス

ギガノトサウルス族

ティラノティタン

マプサウルス

ギガノトサウルス

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 祖先筋のアロサウルスよりも、より原始的なメトリアカントサウルス類や系統の離れたケラトサウルスにさえ似ている。

出典編集

  1. ^ Stephen L. Brusatte; Roger B. J. Benson; Xing Xu (2012). “A reassessment of Kelmayisaurus petrolicus, a large theropod dinosaur from the Early Cretaceous of China”. Acta Palaeontologica Polonica 57 (1): 65–72. doi:10.4202/app.2010.0125. http://www.app.pan.pl/archive/published/app56/app20100125_acc.pdf. 
  2. ^ a b Novas, Fernando E. (2013). “Evolution of the carnivorous dinosaurs during the Cretaceous: The evidence from Patagonia”. Cretaceous Research 45: 174–215. doi:10.1016/j.cretres.2013.04.001. 
  3. ^ Brontosaur killers: Late Jurassic allosaurids as sabre-tooth cat analogues(Robert T. Bakker:2000)
  4. ^ The muscle-powered bite of allosaurus (dinosauria; theropoda): an interpretation of cranio-dental morphology』(Mauricio Antón:2003)
  5. ^ A large Cretaceous theropod from Patagonia, Argentina, and the evolution of carcharodontosaurids (Fernando E Novas:2005)
  6. ^ イギリス恐竜図鑑-第2回. NHKスクエア. NHK. 2020年8月3日閲覧。
  7. ^ Balance and Strength—Estimating the Maximum Prey‐Lifting Potential of the Large Predatory Dinosaur Carcharodontosaurus saharicus (Donald M Henderson:2015)

関連項目編集