カルティカ航空(Kartika Airlines)は、インドネシアジャカルタに本社のある航空会社である。ハブ空港は、ジャカルタのスカルノハッタ国際空港で主にスマトラ島の路線を運航している。

カルティカ航空
(Kartika Airlines)
Kartika Airlines Boeing 737-200 MRD.jpg
IATA
3Y
ICAO
KAE
コールサイン
KARTIKA
設立 2001年
ハブ空港 スカルノハッタ国際空港
親会社 PT Truba
保有機材数 5機(他発注済30)
本拠地 インドネシアジャカルタ
代表者 Yudiawan Tansari
外部リンク http://www.kartika-airlines.com/
テンプレートを表示
ポロニア国際空港(メダン)にて

概要編集

カルティカ航空は、2001年設立され、同年5月15日に開業した。PT Truba(韓国資本)が所有している。2004年11月に運航を休止したが、2005年6月15日にサービスを再開した。2007年3月、3ヶ月以内にトレーニングメンテナンスを改善しない限り、インドネシア運輸省は7つの航空会社を閉鎖すると発表した。省は、3段階に航空会社をランク付けした。その3番目にバタビア航空などとともにカルティカ航空も挙げている。メダン、バタムより、マレーシア・ペナンへ国際線を運航していた。

就航路線編集

所有機材編集

機材は以下の航空機で構成される(2008年12月6日現在)

外部リンク編集