メインメニューを開く
カルヌールのナワーブの邸宅

カルヌールテルグ語:కర్నూలు、英語:Kurnool/Karnur)は、南インドアーンドラ・プラデーシュ州カルヌール県の都市。カルヌール県の県庁所在地でもある。

歴史編集

17世紀、カルヌールはムスリムヒンドゥーの領主を追い出し、カルヌールのナワーブと呼ばれる一族の統治下に置かれた。

1687年ゴールコンダ王国ムガル帝国に滅ぼされるとその支配下に入ったが、1707年アウラングゼーブが死ぬと、カルヌールは独立した。

その後、18世紀後半にイギリスの勢力がこの地方に浸透すると、カルヌールのナワーブはその保護下に入り、藩王国化した(カルヌール藩王国)。

1839年、カルヌール藩王国は反英的なワッハーブ運動との関連を疑われ、取り潰された。

関連項目編集

外部リンク編集