カルバラーの戦い

カルバラーの戦い(Battle of Karbala)とは、ヒジュラ暦61年ムハッラム月(第1月)10日(グレゴリウス暦680年10月10日)、現在のイラクカルバラーにて起きた、ウマイヤ朝第2代カリフヤズィード1世の派遣した軍勢と、第4代正統カリフアリーの次男フサインの軍勢との戦いである。

カルバラーの戦い
Brooklyn Museum - Battle of Karbala - Abbas Al-Musavi - overall.jpg
カルバラーの戦い
戦争第二次内乱 (イスラーム史)
年月日:西暦680年10月10日 [1]
場所カルバラー
結果:ウマイヤ朝軍の完全勝利、フサイン軍の全滅とアリー家の勢力の崩壊、ウマイヤ朝に対するムスリムの非難拡大、シーア派の形成
交戦勢力
ウマイヤ朝軍 フサイン軍
指導者・指揮官
ウマル・イブン・サアード

シムル英語版

フサイン・イブン・アリー 
戦力
8000~30000[2][3][4] 72~150 [5][6]
損害
不明 72~150

ヤズィード(とその父ムアーウィヤ)のカリフ位を否認するフサインが、挙兵の為にメッカからクーファへ向かう途上で発生した。

この戦いにより、預言者ムハンマドの聖裔家(アフル・アル=バイト)に連なるアリーの一族のみがカリフに就き得るとする勢力とウマイヤ朝との決裂は決定的となり、シーア派が形成される端緒となった。

ムハンマドの孫のフサインを戦死に追い込んだ事で、ヤズィードはウマイヤ朝全土のムスリムから糾弾された。フサインと同調していたアブドゥッラー・イブン・アッズバイルはシューラー(新たなカリフを選出する会議)の召集を要求。聞き入れられないと見るや683年にメッカでカリフ就任を宣言し、第二次内乱に至る。

後に第3代イマームとなるフサインが殉教した戦いとして、シーア派にとっては重大な日であり、毎年ムハッラム月の最初の10日間は追悼の催しが行われる。[7]

戦いの前に編集

 
ヤズィード軍団とフセイン軍団の位置。

 656年に三代目カリフのウスマーンが暗殺され、四代目カリフにムハンマドの従弟で、ムハンマドの娘のファティマと結婚したアリーが就任した。これに対して反対したのが、ウスマーンのはとこでウマイヤ家の出身のムアーウィアであった。ムアーウィアは、ウスマーンの暗殺をアリー一派の仕業とし、血の報復を叫んだ。両者は657年にスッフィーンで衝突する(スッフィーンの戦い)も、膠着し和平協定を結んだ。この協定に不満を持ったアリー一派の集団が、アリー派を抜け独自の勢力となった。この勢力を「退却した者」を意味するハワーリジュ派と呼ばれることとなった。

 658年アリーと とハワーリジュ派の間で戦いが起こる(ナフラワーンの戦い)。この戦いはアリー側が勝利するが、661年1月にアリーはモスクで祈祷中にハワーリジュ派に暗殺された。

 661年1月アリーが暗殺された後、彼の長男であるハサンがクーファでカリフに選出された。 フサインは平和条約に反対してヤズィードを皇太子として受け入れるというムアーウィヤの要求を拒否した。

ムアーウィヤの死後、彼はヤズィードへの忠誠を誓わず、家族と一緒にメッカに行き、そこに4か月滞在しました。 クーファの人々、主にシーア派は、ムアーウィヤの死に満足し、フセインに手紙を書き、ヤズィードの支配をもはや容認せず、あなたに忠誠を誓うことを望んでいると述べました。[8]

フセインは調査のためにいとこをそこに送りました。 それから、クーファの新しい支配者の結果として、人々はパニックになり、彼を放っておいた。[1]

フセインは千人の軍隊に止められました。 彼はフセインがクーファや他の都市に行くことを許可しませんでした。[9]

戦いの始まり編集

 
戦場

10日目の朝(アーシューラー)、フセインは同盟国に戦争の準備をさせた。彼はクーファ軍にムハンマドの家族の状況とムハンマドが彼と彼の兄弟ハッサンをパラダイスで最高の若者と呼んだという彼の言葉を思い出させた。それから彼は彼らに彼を殺すことは正しいことであるかどうかについて考えるように頼んだ。それから彼は彼に来るように彼に言った人々を叱責した。彼はイスラムの土地の1つに行く許可を求めました。しかし、彼は再びヤズィードに降伏するように求められました。フセインは決してあきらめないだろうと答えた。 [10]

ほれと彼の息子は非常に感銘を受け、フセインの軍隊に加わった。ほれはクーファの人々を非難した。 ほれは最終的に戦場で殺されました。ズヘアはクーファの人々にフセインに耳を傾け、少なくとも彼を殺さないように頼んだ。 [11]

クーファ軍団が発砲し始めた。彼らは右から攻撃したが、フセイン支持者からの抵抗に直面した後、撃退された。司令官は兵士たちに白兵戦をし、遠くからだけ撃つように命じました。

フセインと彼の仲間は前に出ることができるだけであり、指揮官は彼の軍隊にフセインのテントを四方八方から攻撃するように命じたが、彼らはできなかった。シャマーは女性と子供たちのテントを燃やしたかったが、彼の仲間は彼にそうしないように説得した。 [12]

フセインの支持者たちは一人ずつ戦場に出て殺され、フセインと彼の兄弟アッバスだけが残った。

アッバスは子供たちのために水を汲みに行き、川に来て水入れを満たしましたが、自分で水を飲みませんでした。 テントに戻る途中、彼は500人の狙撃兵に襲われて撃たれた。 彼はフセインの子供たちのために水を持参できなかったことをとても悲しく思いました。 彼は重傷で亡くなりました。[8]

 
さようならフセインと彼の家族

フセインは彼の戦争のユニフォームを脱いだ。 それから彼は喉が渇いた生後6ヶ月の赤ちゃんアリ・アスガルを手に取り、敵に赤ちゃんのための水を求めました。 しかし、ハルマラは子供の首に矢を放ちました。フセインは子供の血を自分の手にぎ、それを空に振りかけた。

フセインは怪我のひどさのために地面に倒れるまで一人で戦った。 陸軍司令官はフセインの頭を体から外すと言ったが、誰も前に出てこなかった。 シャマーがフセインの頭を緊張から解放するまで。

戦後編集

 
ヤズィード宮殿で

10人が馬に乗ってフセインの死体を攻撃し、フセインに最新の軽蔑を示した。兵士たちはすべてのテントに火を放ち、すべてを略奪しました。シャマーは アリー・ザイヌルアービディーン であを、彼がいたテントで殺したかった。しかし、フセインの妹の努力で、彼は彼女の人生を止め、誰も彼女のテントに入ることを許しませんでした。 3日後、アサディアンの部族はフセインの頭のない体を他の死者と同じ場所に埋めました。

フセインが殺され、テントが略奪された後、フセインの家族は捕らえられました。

兵士たちは死者の頭を切り落とし、死者の頭を長い槍の上に置き、隊商の前に移動した。 キャラバンはカルバラーからクーファに移されました。 そして彼らはクーファからダマスカスに移りました。[13]

彼女のスピーチで、フセインの妹は人々、軍隊、そしてヤズィードに彼らの行動を後悔させました。 数年後、人々は殺人者に反抗しました。

人々はこの事件を今日までの教訓として決して忘れませんでした。[14]

戦いの影響編集

 
1996

この戦いはウマイヤ朝に対する反対を開始しました。ウマイヤ朝の支配が破壊されるまで。アッバース革命はこれらの反乱を大いに利用した。 イスラム教徒の観点から、フセインの仲間はカルバラで殉教しました。[15]

ハウティングは、「苦しみと殉教」のシーア派モデルの例として、カルバラーの戦いを説明している。[16] シーア派にとって、カルバラ事件は苦しみと抑圧の集大成です。 「カルバラでのフセインの殺害は、シーア派の公的生活における教訓である」とマイケル・フィッシャーは述べた。

イラン革命もまた、これに触発された。イランのイスラム革命の間、ルーホッラー・ホメイニーの支持者は、しばしば「カルバラ。すべての場所はカルバラです。」というフレーズを発し、これはスローガンとして使用される。[17]

追悼編集

 
散歩中に、地元の人々は、フセインのための愛のうち旅行者に無料の食事や無料宿泊をご用意しております。

毎年、イスラム教徒と非イスラム教徒が彼を悼む。 行進は多くの国で行われるが、最大の行進は毎年11月20日 (アルバイン) にイラクで行われ、1,400万人から3,000万人が参加する。[18][19]

関連項目編集

参考文献編集

  • Jafarian, Rasul. 《Reflection on the Ashura movement》
  • Baqian, Morteza (2012). "Ashura's place in genesis of Islamic Revolution of Iran". Islamic Revolution Document Center. Archived from the original on 10 September 2016. Retrieved 27 July 2016.
  • Gölz, Olmo (2019). "Martyrdom and Masculinity in Warring Iran: The Karbala Paradigm, the Heroic, and the Personal Dimensions of War". Behemoth–A Journal on Civilisation. 12 (1): 35–51. doi:10.6094/behemoth.2019.12.1.1005.
  • Hawting, G.R. (2000). The First Dynasty of Islam: The Umayyad Caliphate AD 661-750 (2nd ed.). Routledge. ISBN 0-415-24072-7. Poulson, Social Movements in Iran.
  • Turfe, Tallal Alie. 《Know and Follow the Straight Path: Finding Common Ground Between Sunnis and Shi’As》.

脚注編集

  1. ^ a b 『Madelung, Wilfred (2004). "Ḥosayn b. ʿAli i. Life and Significance in Shiʿism". In Yarshater, Ehsan. Encyclopædia Iranica. Fasc. 5. XII. New York: Bibliotheca Persica Press. pp. 493–498.』。 
  2. ^ 『Jafarian, Rasul. 《Reflection on the Ashura movement』。 
  3. ^ 『Turfe, Tallal Alie. 《Know and Follow the Straight Path: Finding Common Ground Between Sunnis and Shi’As》』。 
  4. ^ Henry Munson 『Islam and revolution in the Middle East』1988、1988年、23頁。ISBN 9780300046045https://books.google.com/books?id=jlgZGcPmpNcC&dq=Islam+and+revolution+in+the+Middle+East&source=gbs_navlinks_s 
  5. ^ 『Jafarian, Rasul. 《Reflection on the Ashura movement》.』。 
  6. ^ 『Turfe, Tallal Alie. 《Know and Follow the Straight Path: Finding Common Ground Between Sunnis and Shi’As》.』。 
  7. ^ مثل من با یزید نمی‌تواند بیعت کند/ خروج امام حسین(ع) از مدینه” (ペルシア語). خبرگزاری مهر | اخبار ایران و جهان | Mehr News Agency (2016年10月9日). 2021年8月31日閲覧。
  8. ^ a b 『Haider, Najam I. (2016). "al-Ḥusayn b. ʿAlī b. Abī Ṭālib". In Fleet, K.; Krämer, G.; Matringe, D.; Nawas, J.; Rowson, E. Encyclopaedia of Islam. 34 (3nd ed.). Brill.』。 
  9. ^ 『Veccia Vaglieri, Laura (1971). "(al-)Ḥusayn b. ʿAlī b. Abī Ṭālib". In Lewis, B.; Ménage, V.L.; Pellat, Ch.; Schacht, J. Encyclopaedia of Islam. 3 (2nd ed.). Leiden: E. J. Brill. pp. 607–615.』。 
  10. ^ 『بهرامیان. 《«حسین (ع)، امام»، دائرةالمعارف بزرگ اسلامی، ۶۷۴》.』。 
  11. ^ 『Vaglieri, Veccia. 《Laura (1971). "(al-)Ḥusayn b. ʿAlī b. Abī Ṭālib". In Lewis, B.; Ménage, V.L.; Pellat, Ch.; Schacht, J. Encyclopaedia of Islam. 3 (2nd ed.). Leiden: E. J. Brill. pp. 607–615.》.』。 
  12. ^ 『《Veccia Vaglieri, Laura (1971). "(al-)Ḥusayn b. ʿAlī b. Abī Ṭālib". In Lewis, B.; Ménage, V.L.; Pellat, Ch.; Schacht, J. Encyclopaedia of Islam. 3 (2nd ed.). Leiden: E. J. Brill. pp. 607–615.》.』。 
  13. ^ 『حائری, عمادی. 《«حسین بن علی، امام»، دانشنامهٔ جهان اسلام.》.』。 
  14. ^ حضرت زینب(علیها السلام); شخصیت و نقش ایشان در نهضت کربلا” (ペルシア語). پرتال جامع علوم انسانی. 2021年8月31日閲覧。
  15. ^ 『Vaglieri, “al–Ḥusayn b. 'Alī b. Abī Ṭālib”, EoI.』。 
  16. ^ 『Hawting, G.R. (2000). The First Dynasty of Islam: The Umayyad Caliphate AD 661-750 (2nd ed.). Routledge. ISBN 0-415-24072-7.』。 
  17. ^ 『Louër, Laurence (2011). "Shi'I Identity Politics In Saudi Arabia". Religious minorities in the Middle East domination, self-empowerment, accommodation. Leiden: Brill. p. 221–243. ISBN 9789004216846. Retrieved 27 July 2016.』。 
  18. ^ ۱۴ میلیون نفر در پیاده‌روی اربعین شرکت کردند + عکس” (ペルシア語). ایسنا (2020年10月9日). 2021年8月31日閲覧。
  19. ^ Cusack, Robert (2016年11月16日). “Iraq prepares for biggest Shia-Muslim Arbaeen gathering in history” (英語). https://english.alaraby.co.uk/. 2021年8月31日閲覧。

外部リンク編集