メインメニューを開く

カルメロ・ボッシCarmelo Bossi1939年10月15日 - 2014年3月23日)は、イタリアプロボクサーミラノ出身。WBAWBC世界ジュニアミドル級(現スーパーウェルター級)チャンピオン。輪島功一がタイトルを奪った相手として記憶される技巧派ボクサー。

獲得メダル

カルメロ・ボッシ
イタリアの旗 イタリア
男子 ボクシング
オリンピック
1960 ローマ ライトミドル級

目次

来歴編集

1960年ローマオリンピックの銀メダリスト。1961年、プロ転向。イタリア王者、欧州王者となった後、1970年7月9日、一度はKO負けしているフレディ・リトルに15回判定勝ち、WBAWBC世界ジュニアミドル級王者となる。1度の防衛に成功したが、1971年10月31日、挑戦者の輪島功一が用いた「カエル跳び」「あっち向いてホイ」などの奇策に翻弄され判定負けに終わり、王座陥落。なお輪島はボッシについて「メダリストの名に恥じない、全てにおいて素晴らしいテクニックの持ち主だった」と評している。

2014年3月23日、肺炎のためミラノで逝去[1]

戦績編集

40勝(10KO)8敗3引分け

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集