カルロス・アルカラス

スペインのテニス選手 (2003-)
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルカラス第二姓(母方の)はガルフィアです。(Template:スペイン語圏の姓名

カルロス・アルカラス・ガルフィアCarlos Alcaraz Garfia, スペイン語発音: [ˈkal.loh al.ka.ˈɾaθ ˈɣaɾ.fja]; 2003年5月5日 - )は、スペインムルシア州ムルシア エル・パルマルスペイン語版地区出身の男子プロテニス選手。身長185cm、体重72kg。右利き、バックハンドは両手打ち。ATPツアーでシングルス1勝を挙げている。ATPランキング自己最高位はシングルス38位。ダブルスはランキングなし。

カルロス・アルカラス
Carlos Alcaraz
Tennis pictogram.svg
Carlos Alcaraz.jpg
2021年全仏オープンでのカルロス・アルカラス
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・ムルシア州ムルシア
居住地 同・ムルシア州ムルシア
生年月日 (2003-05-05) 2003年5月5日(18歳)
身長 185cm
体重 72kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2018年
ツアー通算 1勝
シングルス 1勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 $631,330
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2021)
全仏 3回戦(2021)
全英 2回戦(2021)
全米 ベスト8(2021)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 38位(2021年9月6日)
ダブルス ランキングなし
2021年9月6日現在

選手経歴編集

ジュニア時代編集

4歳のときに父親からテニスを教わり始めた。15歳からEquelite Sport Academyに所属し、フアン・カルロス・フェレーロをコーチとする。

2019年 フューチャーズ初優勝編集

2019年4月のアリカンテ・チャレンジャー英語版チャレンジャーデビュー。初戦でヤニック・シナーを2-1で下したが、2回戦でルカーシュ・ロソルに1-2で敗れた。

2020年 チャレンジャー初優勝編集

2020年2月のリオ・オープンワイルドカードとして本戦入りし、ATPツアーデビュー。初戦でアルベルト・ラモス=ビニョラスを2-1で下しツアー初勝利を収めた。2回戦ではフェデリコ・コリア英語版に1-2で敗れた。 新型コロナウイルス感染症の世界的流行によるツアー中断をはさんで、8月のトリエステ・チャレンジャー英語版決勝でリッカルド・ボナディオをストレートで下し、チャレンジャー初優勝を果たした。9月のコルデノンス・チャレンジャー英語版でも決勝まで進出したが、ベルナベ・ザパタ・ミラリェス英語版に1-2で敗れ準優勝となった。この活躍により9月14日時点のシングルスランクが186位まで上がり、同月に行われた全仏オープンの予選初出場を果たしたが、初戦でアレクサンダル・ブキッチ英語版に1-2で敗れた。10月のバルセロナ・チャレンジャー英語版決勝でダミル・ジュムールを2-1で下し、チャレンジャー2勝目を挙げた。翌週行われたアリカンテ・チャレンジャー決勝でペドロ・マルティネス英語版を2-0で下し、チャレンジャー3勝目を挙げた。これらの活躍により、アルカラスは2020年のニューカマー・オブ・ザ・イヤーに選出された[1]

2021年 NextGenファイナルズ初優勝 全米ベスト8 ツアー初優勝編集

2021年1月に行われた全豪オープンの予選では、ホランスキー英語版カルロフスキー英語版デリエン英語版をそれぞれ2-1, 2-0, 2-0で下して3連勝し、グランドスラム本戦初進出を決めた。翌2月にメルボルンで行われたグレート・ロード・オーシャン・オープン (ATP250)では、2回戦で当時ランキング14位で第1シードのダビド・ゴファンを6-3, 6-3で下し、対トップ100初勝利を挙げた[2]。続く3回戦でチアゴ・モンテイロ英語版に1-2で敗れた。翌週から始まった全豪オープンでは1回戦でボティク・ファン・デ・ザンツフルプ英語版を3-0で破り、グランドスラム本戦初勝利を挙げた。続く2回戦でマイケル・イマーに1-3で敗れた。ネクストジェネレーション・ATPファイナルズでは決勝でセバスチャン・コルダを破り、初優勝を果たして有終の美を飾り、シーズンを終えた。

シングルス成績編集

グランドスラム シングルス戦績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A P WG Z# PO G S SF-B NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, SF-B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2020 2021 通算成績
全豪オープン A 2R 1-1
全仏オープン Q1 3R 2-1
ウィンブルドン NH 1R 0-0
全米オープン A 0-0
年別 0–0 0-0 0-0

大会最高成績編集

大会 成績
ATPファイナルズ A 出場なし
Next Gen ATPファイナルズ W 2021
インディアンウェルズ 2R 2021
マイアミ 1R 2021
モンテカルロ A 出場なし
マドリード 2R 2021
ローマ A 出場なし
カナダ A 出場なし
シンシナティ 1R 2021
上海 A 出場なし
パリ 3R 2021
オリンピック A 出場なし
デビスカップ A 出場なし
ATPカップ A 出場なし

シングルス対トップ10戦績編集

対戦当時でATPシングルスランキングでTOP10を相手にした試合の結果

結果 勝-敗 日時 大会 サーフェス 対戦相手 順位 スコア
敗戦 0-1 2021年3月16日 アカプルコ1回戦 ハード アレクサンダー・ズベレフ (1) 7 3-6, 1-6
敗戦 0-2 2021年5月5日 マドリード2回戦 クレー ラファエル・ナダル 2 1-6, 2-6
敗戦 0-3 2021年7月1日 ウィンブルドン2回戦 グラス ダニール・メドベージェフ 2 4-6, 1-6, 2-6
勝利 1-3 2021年9月4日 全米2回戦 ハード ステファノス・チチパス 3 6-3, 4-6, 7-6(7-2), 0-6, 7-6(7-5)
勝利 2-3 2021年10月29日 ウィーン準々決勝 ハード (屋内) マッテオ・ベレッティーニ 7 6-1, 6-7(2-7), 7-6(7-5)
敗戦 2-4 2021年10月30日 ウィーン準決勝 ハード (屋内) アレクサンダー・ズベレフ (2) 4 3-6, 3-6
勝利 3-4 2021年11月4日 パリ2回戦 ハード (屋内) ヤニック・シナー 9 7-6(7-1), 7-5

ATPチャレンジャー・ITFフューチャーズ決勝編集

記録 (7戦5勝)
ATPチャレンジャーツアー (2–1)
ITFフューチャーズ (3–1)
結果 勝-敗 日時 トーナメント サーフェス 相手 スコア
優勝 1-0 2019年7月  F15 デニア クレー   チモフェイ・スカトフ英語版 6-4, 6–3
優勝 2-0 2020年1月  F1 マナコル クレー   エヴァン・フルネス英語版 6-0, 6–2
優勝 3-0 2020年1月  F2 マナコル クレー   エヴァン・フルネス 6-3, 6–4
準優勝 3-1 2020年2月  F4 アンタルヤ クレー   ジョンボル・ピロシュ英語版 4-6, 6-4, 6-3
優勝 1-0 2020年8月   トリエステ クレー   Riccardo Bonadio 6-4, 6–3
準優勝 1-1 2020年9月   コルデノンス クレー   ベルナベ・ザパタ・ミラリェス英語版 2-6, 6-4, 2-6
優勝 2-1 2020年10月   バルセロナ クレー   ダミル・ジュムール 4-6, 6-2, 6-1
優勝 3-1 2020年10月   アリカンテ クレー   ペドロ・マルティネス英語版 7-6(8–6), 6-3

脚注編集

  1. ^ Alcaraz On Winning Newcomer Of The Year: 'I'm So Happy'” (英語). ATPtour.com (2020年12月24日). 2021年2月3日閲覧。
  2. ^ #NextGenATP Alcaraz Stuns Goffin For First Top 15 Win” (英語). ATPtour.com (2020年2月3日). 2021年2月3日閲覧。

外部リンク編集

受賞
先代:
  ヤニック・シナー
ATP年間最優秀新人賞
2020
次代: