カルロス・アルベルト・ソーザ・ドス・サントス

ブラジルのサッカー選手

サントスことカルロス・アルベルト・ソーザ・ドス・サントス(Carlos Alberto Souza dos Santos、1960年12月9日 - )は、ブラジル・ゴイアス州出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはMF(ボランチ)。鉄人と呼ばれていた[1]

サントス Football pictogram.svg
名前
本名 カルロス・アルベルト・ソーザ・ドス・サントス
カタカナ サントス
ラテン文字 Alberto Souza dos Santos
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1960-12-09) 1960年12月9日(59歳)
出身地 ゴイアス州
身長 176cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

1992年に鹿島アントラーズに加入した。1993年5月29日のガンバ大阪戦でJリーグ初ゴール[2]、6月5日横浜マリノス[3]、6月23日ヴェルディ川崎[4]、6月26日ガンバ大阪[5]でそれぞれゴールを決め、ファーストステージの優勝に貢献するなど、年間32試合8ゴールを決め、初代Jリーグベストイレブンに選出された[6]。アントラーズではジーコ不在時にキャプテンを務めた。同年7月17日にはJリーグオールスターサッカーに先発出場した[7]

1995年シーズン途中に清水エスパルスへ移籍し5シーズン半プレー、1996年にはリーグカップ決勝のヴェルディ川崎戦では前半に1ゴールを決め、PK戦でもPKを成功させて勝利[8]、清水の初タイトルとなるナビスコ杯優勝に貢献し[9]ナビスコ杯最優秀選手賞を受賞した[10]

2001年からはヴィッセル神戸で1シーズンプレー、41歳まで現役を続け、2009年に三浦知良に塗り替えられるまでJリーグ最年長の記録だった[11]。Jリーグ通算265試合33ゴール、Jリーグカップでは55試合10ゴールの成績を残した[2]。2003年には長年に渡るJリーグへの功績が評価され、Jリーグ功労選手賞を受賞した。

引退後は清水エスパルスやアルビレックス新潟のコーチを歴任した[12]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1981 ゴイアス セリエA
1982
1983
1984
1985
1986
1987 ノヴォリゾンチーノ SP州選手権
1987 ボタフォゴ セリエA
1988
1989
1989 カステロ・ブランコ RJ州選手権
1990
1991
1992
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1992 鹿島 - J - 10 3 3 2 13 5
1993 32 8 6 0 5 0 43 8
1994 22 4 1 1 1 0 24 5
1995 25 5 - - 25 5
清水 18 3 - 1 0 19 3
1996 27 1 15 1 3 0 45 2
1997 5 31 3 6 0 3 3 40 6
1998 30 4 5 1 4 2 39 7
1999 J1 27 1 4 0 3 0 34 1
2000 27 4 5 4 5 1 37 9
2001 神戸 4 26 0 3 0 0 0 29 0
2003 草津 8 関東2部 6 0 - 1 0 7 0
通算 ブラジル セリエA
ブラジル SP州選手権
ブラジル RJ州選手権
日本 J1 265 33 55 10 28 8 348 51
日本 関東2部 6 0 - 1 0 7 0
総通算

その他の公式戦

個人タイトル編集

代表歴編集

指導歴編集

  • ザスパ草津選手兼コーチ(日本) 2003年
  • エスタシオ大学サッカー部監督(ブラジル)2004年
  • 清水エスパルスヘッドコーチ(日本)2005年
  • アルビレックス新潟コーチ (日本) 2011年
  • アングラ・ドス・レイスEC監督(ブラジル) 2015年
  • 7 de Abril監督(ブラジル) 2017年 -

脚注編集

  1. ^ “HISTORY of SHIMIZU S-PULSE since 1991 1995年”. www.s-pulse.co.jp. https://www.s-pulse.co.jp/club/history/1995/ 2020年4月8日閲覧。 
  2. ^ a b “Jリーグベストイレブン”. j-league. https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=8 2020年4月8日閲覧。 
  3. ^ “93Jリーグサントリーシリーズ 第7節第1日”. j-league. https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=8 2020年4月8日閲覧。 
  4. ^ “93Jリーグサントリーシリーズ 第12節第1日”. j-league. https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=104 2020年4月8日閲覧。 
  5. ^ “93Jリーグサントリーシリーズ 第13節第1日”. j-league. https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=110 2020年4月8日閲覧。 
  6. ^ “サントス”. j-league. https://www.jleague.jp/stats/awards_eleven.html 2020年4月8日閲覧。 
  7. ^ 93JリーグKodakオールスターサッカー”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  8. ^ “96Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝戦=”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=2355 2020年4月8日閲覧。 
  9. ^ “HISTORY of SHIMIZU S-PULSE since 1991 1996年”. www.s-pulse.co.jp. https://www.s-pulse.co.jp/club/history/1996/ 2020年4月8日閲覧。 
  10. ^ “ナビスコカップ歴代優勝チーム”. /web.ultra-soccer.jp. https://web.ultra-soccer.jp/index/index/c/J_LEAGUE/id/Nabisco_winner 2020年4月8日閲覧。 
  11. ^ “清水エスパルス、歴代最強外国籍選手5人。シジマールの“クモ男”伝説、そして日本代表になった男も”. www.footballchannel. https://www.footballchannel.jp/2020/04/27/post372028/2/ 2020年4月26日閲覧。 
  12. ^ “[鹿島]OBのサントス氏がクラブハウスに。「トモダチがいっぱいだからとても楽しい」”. EG. https://blogola.jp/p/68250 2020年4月8日閲覧。 
  13. ^ “新潟が鹿島や清水で活躍したサントス氏のコーチ就任を発表”. /web.gekisaka.jp. https://web.gekisaka.jp/news/detail/?79176-70958-fl 2020年4月8日閲覧。 

外部リンク編集