カルロス・サンチェス・ガルシア

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサンチェス第二姓(母方の)はガルシアです。

カルロス・サンチェス・ガルシア(Carlos Sánchez García, 1978年1月19日 - )は、スペインマドリード出身の元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー

カルロス・サンチェス Football pictogram.svg
Carlitos Castellón.JPG
2010年のサンチェス
名前
本名 カルロス・サンチェス・ガルシア
Carlos Sánchez García
ラテン文字 Carlos Sánchez
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1978-01-19) 1978年1月19日(42歳)
出身地 マドリード
身長 184cm
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2000 スペインの旗 R・マドリードC  ? (?)
2000-2003 スペインの旗 R・マドリードB 97 (0)
2001-2006 スペインの旗 R・マドリード 1 (0)
2004-2005 スペインの旗 ポリ・エヒド (loan) 5 (0)
2005-2006 スペインの旗 アルメリア (loan) 3 (0)
2006-2010 スペインの旗 カステリョン 75 (0)
2010-2011 スペインの旗 プエルタ・ボニータ 34 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

レアル・マドリードの下部組織出身であり、レアル・マドリードCとレアル・マドリードBでは絶対的なレギュラーだった。2001年12月23日のRCDマヨルカ戦 (1-1) でトップチームデビューしたが、トップチームではイケル・カシージャスセサル・サンチェスの存在が大きく、マヨルカ戦の1試合のみの出場に留まった。2004-05シーズンにはセグンダ・ディビシオン(2部)のポリ・エヒド、2005-06シーズンには同じくセグンダ・ディビシオンのUDアルメリアレンタル移籍したが、出場機会はめったになかった。

2006年夏にレアル・マドリードとの契約が満了し、移籍金なしでセグンダ・ディビシオンのCDカステリョンに加入した。2シーズン目の2007-08シーズンには33試合に出場して失点を27点に抑え、リーグ戦5位に押し上げるとともに、自身はセグンダ・ディビシオンサモラ賞(最少失点率ゴールキーパー)を受賞した[1]。2009-10シーズン終了後にCDカステリョンのセグンダ・ディビシオンB(3部)降格が決定し、2010年夏、テルセーラ・ディビシオン(4部)のアマチュアクラブ、CDプエルタ・ボニータと契約を交わした。

脚注編集

外部リンク編集