カルロス・ボーネル

カルロス・ボーネル(Carlos Bonell、1949年 - )は、イギリスギタリスト

来歴編集

スペイン人の両親のもとにロンドンに生まれる。

ロンドンの王立音楽大学ジョン・ウィリアムスに学び、1972年に最年少で同校教授となる。デッカ・レコードEMICBSレコード等のレーベルに多くの録音を残すが、特に1981年にシャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団と協演したホアキン・ロドリーゴアランフエス協奏曲(デッカ)」の録音は評判が高い。