メインメニューを開く

カルロス・マルチェナ

スペインのサッカー選手
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルチェナ第二姓(母方の)はロペスです。

カルロス・マルチェナ・ロペス(Carlos Marchena López, 1979年7月31日 - )は、スペインセビリア県出身の元サッカー選手スペイン代表である。ポジションはDF(センターバック)、MF(センターハーフ)。

カルロス・マルチェナ Football pictogram.svg
Carlos Marchena.jpg
スペイン代表でのマルチェナ (2009年)
名前
本名 カルロス・マルチェナ・ロペス
Carlos Marchena López
ラテン文字 Carlos Marchena
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1979-07-31) 1979年7月31日(40歳)
出身地 ラス・カベサス・デ・サン・フアン
身長 183cm
体重 79kg
選手情報
ポジション DF / MF
利き足 右足
ユース
1990-1997 スペインの旗 セビージャ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2000 スペインの旗 セビージャ 68 (1)
2000-2001 ポルトガルの旗 ベンフィカ 20 (2)
2001-2010 スペインの旗 バレンシア 230 (8)
2010-2012 スペインの旗 ビジャレアル 45 (1)
2012-2014 スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ 44 (5)
2015 インドの旗 ケーララ・ブラスターズ 1 (0)
代表歴
1999 スペインの旗 スペイン代表 U-20 7 (0)
1999-2001 スペインの旗 スペイン代表 U-21 17 (0)
2001 スペインの旗 スペイン代表 U-23 5 (0)
2002-2011 スペインの旗 スペイン代表 69 (2)
監督歴
2017-2018 スペインの旗 セビージャ C
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ツアーコンダクターの資格を持っており、言語の習得に熱心である[1]

目次

経歴編集

クラブ編集

セビージャFCユースで育ち、1997年にトップチーム・デビューした。そのため、今でも熱烈なセビジスタである。1999-2000シーズンにはプリメーラ・ディビシオンに昇格したチームで主力として活躍したが、2000-01シーズンにはわずか1シーズンでのセグンダ・ディビシオン降格を経験した。2000-01シーズンはベンフィカに在籍。その後、2001年夏にズラトコ・ザホビッチとのトレードでバレンシアCFへ移籍し、31シーズンぶりのリーガ・エスパニョーラ優勝に貢献した。2003-04シーズンにはリーガ・エスパニョーラUEFAカップの二冠獲得を果たした。リーガ・エスパニョーラ屈指の堅さを誇るバレンシアCF守備陣の中心選手の1人であったが、足元の技術の高さと、ときおり見せる不安定なプレーがCBとしては問題であることから、守備的なピボーテとして起用されることが多かった。2007-08シーズンにはコパ・デル・レイで優勝した。

2010年8月1日ビジャレアルCFに3年契約で移籍した[2]

2012年8月7日、ビジャレアルの降格に伴い昇格を果たしたデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍[3]

2016年1月19日、現役引退の意思を表明[4]

代表編集

ナイジェリアで開催されたFIFAワールドユース選手権にU-20スペイン代表の一員として、シャビガブリらと共に優勝に貢献した。2000年にはシドニー・オリンピックにU-23スペイン代表として出場し、銀メダルを獲得した。2002年8月のハンガリー戦でA代表デビューし、2004年にはUEFA EURO 2004に出場した。2006年のドイツW杯では1試合の出場にとどまった。2008年のUEFA EURO 2008ではCBのレギュラーとして6試合3失点という堅いディフェンス陣を築き、スペインの優勝に貢献した。

2003年6月7日ギリシャに敗れて以来、2010年9月8日アルゼンチンに敗れるまでの7年3ヶ月の間マルチェナが出場する試合ではスペイン代表の不敗が続いていた。2010年5月29日サウジアラビア戦に勝利して国際Aマッチ50戦連続無敗の世界新記録を達成した[5] [6]

所属クラブ編集

代表歴編集

タイトル編集

クラブ編集

代表編集

個人成績編集

代表での得点編集

# 日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1. 2005年6月8日   バレンシア   ボスニア・ヘルツェゴビナ 1-1 1-1 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
2. 2008年6月26日   テッサロニキ   ギリシャ 1-1 2-3 親善試合

脚注編集