カルロス・レナト・フェデリコ

ブラジルのサッカー選手
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はレナト第二姓(父方の)はフェデリコです。

カルロス・レナト・フェデリコ(Carlos Renato Frederico、1957年2月21日 - )は、ブラジルサンパウロ州出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはフォワードセンターフォワード)。

レナト Football pictogram.svg
名前
本名 カルロス・レナト・フェデリコ
Carlos Renato Frederico
ラテン文字 RENATO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1957-02-21) 1957年2月21日(63歳)
出身地 モルンガバポルトガル語版
身長 182cm
選手情報
ポジション FW (CF)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1975-1980 ブラジルの旗 グアラニFC 80 (24)
1980-1984 ブラジルの旗 サンパウロFC 83 (33)
1985 ブラジルの旗 ボタフォゴFR 17 (2)
1986-1989 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ 66 (18)
1989-1992 日本の旗 日産自動車 / 横浜マリノス 58 (35)
1993 日本の旗 柏レイソル
1994-1996 ブラジルの旗 AAポンチ・プレッタ
1997 ブラジルの旗 ECタウバテ
代表歴
1979-1987 ブラジルの旗 ブラジル 22 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

1989年にオスカー監督の招聘で日産自動車サッカー部に加入すると[1]、リーグ戦で17得点を上げ得点王に輝き、リーグ優勝に貢献、JSLカップ決勝の古川電工戦では先制ゴールを決めて優勝に貢献した[2]、更に天皇杯では準決勝の読売戦で決勝ゴール[3]、決勝のヤマハ発動機戦でも同点ゴールを挙げて優勝に貢献した[3]。また同年のJSLオールスターサッカーにも出場、1ゴールを決めた[4]。1992年2月7日、第2回アジアカップウィナーズカップ、2ndレグのアル・ナサル戦ではハットトリックを決め、大会制覇に貢献した[5]

ブラジル代表としては国際Aマッチ22試合に出場し3得点を記録。1982年FIFAワールドカップ・スペイン大会代表にも選ばれているが、試合出場の機会はなかった[6]。1983年のコパ・アメリカでは6試合に出場した[6]

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1989-90 日産 26 JSL1部 22 17 4 4
1990-91 22 10 4 1
1991-92 9 14 8 3 0
1992 横浜M - J - 6 1
1993 9 旧JFL1部 0 0 - - 0 0
通算 日本 J - 6 1
日本 JSL1部 58 35 11 5
日本 旧JFL 0 0 - - 0 0
総通算

その他の公式戦

タイトル編集

クラブ編集

グアラニ
サンパウロ
アトレチコ・ミネイロ
日産自動車

個人編集

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ レナトとエバートン”. library.footballjapan. 2020年10月21日閲覧。
  2. ^ サッカーストライカー 1990年11月号 p.27-31 学研
  3. ^ a b サッカーストライカー 1990年3月号 p.139-142 学研
  4. ^ サッカーストライカー 1989年12月号 p.8-10 学研
  5. ^ サッカーストライカー 1992年4月号 p.12-14 学研
  6. ^ a b “Renato National team」”. www.transfermarket. https://www.transfermarkt.com/renato/nationalmannschaft/spieler/135384 2020年10月16日閲覧。 

関連項目編集