メインメニューを開く

カラブリア公カルロCarlo, Duca di Calabria, 1298年 - 1328年11月9日)は、ナポリ王ロベルト・ダンジョヨランダ・ダラゴーナアラゴンペドロ3世の娘)との息子である。

カルロ・ダンジョ
Carlo d'Angiò
Charles, Duke of Calabria.jpg
称号 カラブリア
出生 1298年
ナポリ
死去 1328年11月9日
ナポリ
埋葬  
ナポリ
配偶者 カタリーナ・フォン・ハプスブルク
子女 エリオーザ
マリーア
カルロ・マルテッロ
ジョヴァンナ1世
マリーア
父親 ナポリ王ロベルト・ダンジョ
母親 ヨランダ・ダラゴーナ
テンプレートを表示

生涯編集

ナポリに生まれ、父ロベルトの認可を得たおかげで1309年カラブリア公となった。また王国の将軍代理にもなった。父の意図では1315年にフィレンツェの援軍の隊長として派遣しようとしていたが、最終的にはロベルトは決定を変え、任務を王弟ターラントフィリッポ1世に渡した。そのナポリとフィレンツェを含んだ同盟はモンテカティーニの戦いで敗れた。

1316年にハプスブルク家ローマ王アルブレヒト1世の娘カタリーナ(イタリア語名カテリーナ、1295年 - 1323年)と結婚した。その死後、フランスフィリップ6世の異母妹マリー・ド・ヴァロワ(イタリア語名マリーア、1309年 - 1332年)と再婚し、5子をもうけた。

  • エリオーザ(Eloisa, 1325年)
  • マリーア(Maria, 1326年 - 1328年)
  • カルロ・マルテッロ(Carlo Martello, 1327年4月13日フィレンツェ - 1327年4月21日
  • ジョヴァンナ・ダンジョ(Giovanna d'Angiò, 1328年 - 1382年) - ナポリ女王(ジョヴァンナ1世)
  • マリーア・ディ・カラブリア(Maria di Calabria, 1329年 - 1366年) - アルバ女伯。ドゥラッツォ公カルロと結婚。

1325年のアルトパーショでのカストルッチョ・カストラカーニの勝利により、フィレンツェ人はカルロを「市のシニョーレ」に選出した。カルロは10年間その職に就いたあと、1326年に離れ、1327年に神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世イタリア遠征のためナポリに戻らされた。

1328年にカルロは父に先立ち死去し、娘のジョヴァンナが1343年にナポリ女王となった。

先代:
ロベルト
カラブリア公
1309年 - 1328年
次代:
ジョヴァンナ