メインメニューを開く

カレル・ハヴリーチェク・ボロフスキー

カレル・ハヴリーチェク・ボロフスキーチェコ語: Karel Havlíček Borovský チェコ語発音: [ˈkarɛl ˈɦavliːtʃɛk ˈborofskiː]1821年10月31日 - 1856年7月29日)は、チェコ作家詩人評論家政治家ジャーナリスト、発行者である。

カレル・ハヴリーチェク・ボロフスキー
Karel Havlíček Borovský
Havlíček.jpg
誕生 Karel Havlíček
1821年10月31日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ボロヴァー
死没 (1856-07-29) 1856年7月29日(34歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 プラハ
職業 詩人
作家
ジャーナリスト
政治家
経済学者[1]
国籍 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国(現・ チェコ
最終学歴 カレル大学
ジャンル 文学的リアリズム
代表作 Obrazy z Rus
Epigramy
Duch Národních novin
Epištoly kutnohorské
Tyrolské elegie
Král Lávra (poem)
Křest svatého Vladimíra
テンプレートを表示
Jan Vilímekによる肖像画

目次

略歴編集

ボロフスキーは、ニェメツキー・ブロト(現在のハヴリーチュクーフ・ブロト郡)で育ち、同地のギムナジウムで学んでいる。このギムナジウムで、後にチェコ国民楽派の祖となるベドジフ・スメタナと知り合い、親交を結んでいる。同地の中心地にある彼の家は、今日ではハヴリーチェク・ミュージアムとして知られている。1838年には、カレル大学哲学を学ぶために、ボヘミアの中心地であるプラハへ引っ越す。プラハでは、1848年革命以前の革命的な空気に影響され、愛国的な作家になることを決心した。そのため、彼はチェコ語文学についての勉強を始めた。国家に奉仕するもっともよい方法は、司祭のようなものだと考えたため、彼は大学卒業後、神学を学び始めた。しかし、"精神的な司祭への兆候をごくわずか見せてから" 1年後、カレルは出国することになる。

ボヘミアで教師の職を得ることに失敗したハヴリーチェクは、ロシア人教師の一家の家庭教師になるためにモスクワへと引っ越した。この背景には、パヴェル・ヨゼフ・シャファジクからの勧めがあった。モスクワでハヴリーチェクは親ロシア的となり、汎スラヴ主義思想へと傾倒する。しかしながら、ロシア社会の真実に気付いてからは悲観的見解に至っている。ハヴリーチェクは、「汎スラヴ主義は素晴らしく、魅力的だが無責任である」と述べている。このロシア滞在の思い出は、最初雑誌に掲載・出版されたが、その後、『Obrazy z Rus』と題され、単行本で出版された。

1844年に、ハヴリーチェクはボヘミアへ戻る。帰国後は、再興したチェコ語を使用して、全てを取り入れる公の習慣を批判するために文才を使った。彼の攻撃は特にヨゼフ・カイェターン・ティル英語版の書いた小説に向けられていた。フランティシェク・パラツキーは、ハヴリーチェクの職探しを助け、ハヴリーチェクは1846年に、新聞紙Pražské novinyの編集者の職を得ている。

1848年4月、Pražské novinyの名前をNárodní novinyに変更する。この新聞は、革命期のチェコ自由主義における代表的な新聞の一つとなった。彼は、プラハで開催される、第一回汎スラヴ会議の準備に関わった。7月にはウィーンでのオーストリア帝国憲法制定会議のメンバーに選出される。この会議は、後にクロムニェジーシュで開かれた。彼は結局、彼のジャーナリズムに集中するためにその会議の議席を辞した。「Národní noviny」は、特に彼の辛辣なエピグラムと機知に富んだ文章で、人気新聞となった。

ハヴリーチェクは、政治的に、「自由民族主義者」であった。しかし、自分の意思を伝えるために"主義"を認めなかった。しばしば、彼は、自分の意見に反対する者と同じように自分の意見に賛成する者を批判している。急進主義的な革命派に対して激しい非難を浴びせている一方で、国民皆参政権を提唱するなどしている。このコンセプトは、彼の同志である自由主義者たちでさえ、超急進的であると考えられるようなものであった。彼は実践主義者であり、チェコの社会的または文化的な独立を達成することを手伝うことのない、チェコの民族主義をロマンチックに話すことに時間を費やす人々に対して、ほとんど我慢ならなかった。彼は、かれの新聞の大部分を使って、人々に重要な分野、特に経済学のような分野の教育を行った。それは、他の民族主義的な作家からは完全に無視された。

 
ハヴリーチェクが1851年から1855年まで抑留されていたブリクセンの家

オーストリア帝国領ボヘミアの一部、ハプスブルク家が治めていた地域で起こった革命は、1849年3月のクロミェジーズ・アセンブリの解散と共に敗北に終わった。しかし、ハヴリーチェクは新たな体制を批判し続けた。彼は、その批判によって、裁判にかけられた[注釈 1]。しかし、彼は、同情的な陪審によって無罪となった。「Národní noviny」は、1850年1月に廃刊にしなければならなかったが、ハヴリーチェクは活動を止めることはなかった。1850年5月、彼は、雑誌「Slovan」をクトナー・ホラで刊行するようになった。この雑誌は、初刊から検閲の対象となり、1851年8月には、発禁処分となった。そして、ハヴリーチェクは再び体制批判の罪で裁判にかけられた。この裁判でも、再び、チェコの庶民たちによる同情的な陪審によって無罪となっている。

ハヴリーチェクは、ニコライ・ゴーゴリ (1842)やヴォルテール (1851)を含む幾人かの風刺的で批評的な作家をチェコ語に翻訳し紹介した。

1851年12月16日夜、法に背いたとして彼は警察に逮捕された。そして、オーストリア帝国最西部のブリクセン[注釈 2]に強制的に追放された。彼はこの追放に意気消沈したが、作家活動は継続した。追放の間、彼は彼の最高傑作とされるいくつかの作品を書き上げている。それらは、Tyrolské elegieKřest svatého VladimíraKrál Lávraの3作品である。1855年にブリクセンへの追放処分が終了し、ボヘミアへ帰郷する。戻ってきたとき、ハヴリーチェクは自分の妻が数日前に死んだことを知る。彼の以前の友人のほとんどが、アレクサンダー・フォン・バッハ男爵による政治体制を恐れて、彼から離れていった。僅かに公に知られていた援助があっただけである。1856年7月29日結核が原因でプラハにて死去。34歳没。ボジェナ・ニェンツォヴァー英語版が、棺に眠る彼の頭に茨の冠をつけた。彼の葬儀には、約5000人のチェコ人が出席した。

メモリアル編集

ダグラス・パーク英語版のチェコ移民たちによってシカゴにハヴリーチェクのモニュメントがたてられた。これは、1910年に完成し、Joseph Strachovskyによる銅像は革命的なポーズをとるハヴリーチェクで、優美にまとわれたケープと完全な軍服を着ており、広げられた腕は彼に賛同するように鑑賞者に訴えかけている。そのモニュメントは、1981年アドラー・プラネタリウム・アンド・天文学博物館の近くに位置する今日のミュージアム・キャンパスであるSolidarity Driveへと移転している[2]

また1925年には、同名の伝記映画がリリースされている。

注釈編集

  1. ^ ハプスブルク家の領地では報道の自由は無かった。
  2. ^ ブリクセンはドイツ語名。現在は、イタリア領でイタリア語名、ブレッサノーネ。現在のトレンティーノ=アルト・アディジェ州ボルツァーノ自治県に位置する街。

脚注編集

  1. ^ http://www.cepin.cz/cze/prednaska.php?ID=239 Ilona Bažantová: Ekonomické názory Karla Havlíčka Borovského
  2. ^ John Graf Chicago's Parks, Arcadia Publishing, 2000, p14., ISBN 0-7385-0716-4.

Reinfeld, Barbara. "Karel Havlíček (1821 - 1856): A National Liberation Leader of the Czech Renascence." New York: Columbia University Press, 1982.

  • Masaryk T.G.: Karel Havlíček, Praha 1896
  • Chalupný E.: Havlíček - prostředí, osobnost, dílo, Praha 1929
  • Procházka V.: Karel Havlíček Borovský, Praha 1961
  • Nejtek V. M.: Karel Havlíček Borovský, Praha 1979

外部リンク編集