カロリネ・ガッタス

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はデ・オリヴェイラ、第二姓(父方の姓)はサード・ガッタズです。

カロリネ・ガタズCaroline de Oliveira Saad Gattaz 1981年7月27日 - )は、ブラジルの女子バレーボール選手。ポジションはミドルブロッカーブラジル代表

カロリネ・ガタズ
Caroline Gattaz
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Carol Gattaz.jpg
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1981-07-27) 1981年7月27日(41歳)
出身地 サンパウロ州サン・ジョゼー・ド・リオ・プレト
ラテン文字 Caroline Gattaz
身長 191cm
体重 72kg
選手情報
所属 アゼルバイジャンの旗イトゥサチ・バクー
愛称 キャロル
ポジション MB
利き手
スパイク 304cm
ブロック 280cm
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
オリンピック
2020 東京
世界選手権
2006 大阪
2010 東京
ワールドカップ
2007 名古屋
ワールドグランプリ
2005 仙台
2009 東京
グラチャン
2005 名古屋
2009 福岡
2013 東京
テンプレートを表示

来歴編集

サンパウロ州サン・ジョゼー・ド・リオ・プレト出身。2005年にブラジル代表に選出される。同年ワールドグランプリでは負傷欠場したファビアナ・クラウジノに替わってスタメン出場し、予選で35本のブロックを決めるなど彼女の穴を見事に埋める活躍をして優勝に貢献。11月のワールドグランドチャンピオンズカップのブラジル初優勝にも大きく貢献した。 2006年の世界選手権と2007年のワールドカップでは銀メダルを獲得したが、2008年の北京オリンピック出場メンバーからは外れた。

2009年の南米選手権ではチームを優勝へと導き、自身もベストブロッカー賞を受賞した。2010年世界選手権を最後に代表メンバーからは外れていたが、2013年11月に復帰し、グラチャンで金メダルを獲得した。2021年に8年ぶりに代表へ復帰すると同年のネーションズリーグで銀メダルを獲得し、自身もベストミドルブロッカー賞を受賞した[1]。同年8月の東京オリンピックでは銀メダルを獲得し、自身もベストミドルブロッカー賞を受賞した[2]

球歴編集

受賞歴編集

  • 2005年 南米選手権 ベストブロッカー賞
  • 2009年 モントルーバレーマスターズ ベストブロッカー賞
  • 2009年 南米選手権 ベストブロッカー賞
  • 2021年 ネーションズリーグ ベストミドルブロッカー賞
  • 2021年 東京オリンピック ベストミドルブロッカー賞

所属クラブ編集

  •   サンカエターノE.C.(1998-1999年、2001-2004年)
  •   レクソーナ(2000-2001年)
  •   フィナザ・オザスコ(2004-2007年)
  •   Monte Schiavo Jesi(2007-2008年)
  •   レクソーナ・アデス(2008-2011年)
  •   バレー・フトゥーロ(2011-2012年)
  •   イトゥサチ・バクー(2012-2013年)
  •   Vôlei Amil/Campinas(2013-2014年)
  •   Minas Tênis Clube(2014-)

脚注編集

外部リンク編集