メインメニューを開く

カロリーヌ・ド・モナコフランス語: Caroline de Monaco, 1957年1月23日 - )は、モナコ公女(Princesse de Monaco)。公位継承順位第3位。

カロリーヌ
Caroline
グリマルディ家
Lorenzo Riva con la Principessa Carlolina di Monaco2.jpg
2012年
称号 モナコ公女
ハノーファー王子妃
及びブラウンシュヴァイク=リューネブルク公妃
全名
出生 (1957-01-23) 1957年1月23日(62歳)
モナコの旗 モナコ、モナコ公宮
配偶者 フィリップ・ジュノー
  ステファノ・カシラギ
  エルンスト・アウグスト5世
子女
父親 レーニエ3世
母親 グレース・ケリー
役職 ユネスコ親善大使
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示
モナコ公家
Great coat of arms of the house of Grimaldi.svg

アルベール2世
シャルレーヌ公妃


経歴編集

モナコ大公レーニエ3世とその妃グレース・ケリーの長女(第1子)として生まれる。

パリ大学ソルボンヌ)で哲学心理学生物学を専攻。哲学で学位を得た。

1978年フランスの銀行家フィリップ・ジュノー英語版と結婚したが、1980年に離婚した。

1983年イタリア実業家モーターボート選手のステファノ・カシラギ英語版と結婚し、2男1女を儲けるが、1990年10月3日にモナコ沖でのボートレース時の事故により死別した。

1999年ハノーファー家家長のエルンスト・アウグスト5世と結婚した。そのためハノーファー王子妃(Prinzessin von Hannover)と尊称されることがある。

現在、ユネスコ親善大使として、女性の地位向上・離村での児童教育に尽力している。

家族編集

弟にモナコ大公アルベール2世、妹にステファニー公女がいる。アルベール2世に大公位継承権を持つ子供が2014年に生まれるまでは推定相続人とされていた。

2番目の夫ステファノ・カシラギとの間の長男アンドレア(1984年 - 、大公位継承権第4位)はその美貌から国内外に人気があり、タブロイド誌のネタになるなど注目を浴びる存在である。ステファノとの間には他に長女シャルロット(1986年 - 、大公位継承権第11位)、次男ピエール(1987年 - 、大公位継承権第8位)がいる。

現在の夫エルンスト・アウグスト5世との間には1女アレクサンドラ(1999年 - 、大公位継承権第13位)がいる。


称号と敬称編集

ハノーファー王子妃カロリーヌ公女殿下

英語: Her Royal Highness Princess Caroline the Princess of Hanover
上位:
ガブリエラ公女
モナコ公位継承権者
継承順位第 3
下位:
アンドレア・カシラギ