カワウソ

哺乳綱食肉目イタチ科に分類される亜科

カワウソ(獺、川獺)は、食肉目イタチ科カワウソ亜科(カワウソあか、Lutrinae)に分類される構成種の総称。

カワウソ亜科
ユーラシアカワウソ
ユーラシアカワウソ Lutra lutra
保全状況評価[1]
ワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: イタチ科 Mustelidae
亜科 : カワウソ亜科 Lutrinae
学名
Lutrinae Bonaparte, 1838[2]
和名
カワウソ亜科[3][4][5]

形態編集

最小種はコツメカワウソで体長41 - 64センチメートル、尾長25 - 35センチメートル[3]。皮下脂肪の層はほとんどないが、下毛が密生することで空気がたまり保温する役割を果たしている[5]

四肢は短く、指趾の間に水かきのある種が多い[3]。鉤状に発達した爪のある種が多い[3]

泳ぎが得意で、水中での生活に適応している。また、ラッコ以外のカワウソ亜科は陸上でも自由に行動することができる[3]南極大陸オーストラリア大陸ニュージーランドを除く、世界全域の水辺や海上で生息している。

水かきをもった四肢は短く、胴体は細長い。このような体型は水の抵抗が少なく、敏捷な泳ぎを可能にしている。体は密生した下毛と固くて長い剛毛に覆われており、これらの体毛が水を弾くことにより、水中で体温が奪われることを防いでいる。頭の上部は扁平で、耳、目、鼻が同一線上に並んでいるため、水に潜りながらこれらの感覚器を水面上に同時に出し、周囲の様子を窺うことができる。また、水中では耳孔や鼻孔を閉じることができる。

肉食性であり、ザリガニカエルなどを泳ぎながら手で捕まえて食べる。小臼歯や顎の筋肉が良く発達しており甲殻類は殻ごと食べられる他、口でぶら下がることも出来る[6]

小型の獲物は捕らえてすぐに捕食するが、大型のものは一度陸に上げて捕食する。特に捕らえた魚を川岸に並べる習性を持つ種がいる[7]

知能が高く器用で力もあるため、石で貝を割るだけでなく、物を移動させて足場を作りドアを開けることも可能である[6]。このためカワウソ用のケージの鍵は犬用と比較して複雑な構造となっているが、これらも学習する可能性が指摘されている[6]

社会構造は種によって異なり単独で生活する種と、家族群を形成して生活する種がいる[3]

飼い慣らすことは難しいが[6]バングラデシュなどアジアではカワウソで魚を網に追い込ませる鵜飼いのような伝統漁法がある。2000年代に入っては継承者が減りつつあり消滅の危機にある[8]。また16世紀末から17世紀初めにかけ、ヨーロッパの貴族の間で鵜飼いがスポーツとして流行しており、1618年にはジェームズ1世が飼っているミサゴと共にカワウソを漁用に飼育していた記録が残っている。水族館で飼育している個体に芸を覚えさせることにも成功している[9]。近年はカワウソをペットとして飼うブームが起きているが[10]人気が高まると同時に密輸などの問題も出て来ている。[11]

分類編集

オオカワウソPteronura brasiliensis

カナダカワウソLontra canadensis

ミナミウミカワウソLontra felina

オナガカワウソLontra longicaudis

ラッコEnhydra lutris

ノドブチカワウソHydrictis maculicollis

ユーラシアカワウソLutra lutra

スマトラカワウソLutra sumatrana

ツメナシカワウソAonyx capensis

コツメカワウソAonyx cinerea

ビロードカワウソLutrogale perspicillata

Koepfli et al. (2008) よりベイズ法で推定した系統樹から本亜科を含む範囲を抜粋[12]

2008年に発表されたイタチ科の核DNAやミトコンドリアDNAの最大節約法最尤法ベイズ法による分子系統推定でも、本亜科の単系統群であることが支持されている[12]。一方で亜科内の系統関係で不明瞭な点もあり最大節約法ではノドブチカワウソがラッコと姉妹群という解析結果が得られたのに対して、最尤法では旧世界のカワウソ類+ラッコの中ではノドブチカワウソが最も初期に分岐したという解析結果が得られている[12]。この解析では本亜科はイタチ属とミンク(アメリカミンク)が分類されるミンク属Neovisonからなる狭義のイタチ亜科の姉妹群という解析結果が得られている[12]

以下のニホンカワウソを除く分類・英名はMSW3 (Wozencraft, 2005) に、和名はDuplaix・今泉訳 (1986)・斉藤ら (1991)・Morris & Beer・鈴木訳 (2013)・川田ら (2018) に従う[2][3][4][5][13]。MSW3 (Wozencraft, 2005) ではニホンカワウソを独立種Lutra nipponとしているが[2]、過去の分布を"widely distributed in Japan"としており北海道を含めた日本広域とみなしている可能性がある[14]。ニホンカワウソの記載論文を含むMSW3の出典では北海道産はL. nipponとされたことはなく、他の日本産食肉類でも北海道の分布に誤りや見落としがあることからユーラシアカワウソの分布域から北海道が見落とされた可能性が指摘されている[14]

ニホンカワウソ編集

ニホンカワウソLutra nippon[16][17][18][19][20][21]ないしLutra lutra whiteleyi[22][23][24] )は、かつては北海道から九州まで、日本中に広く生息していたが、乱獲や開発による生息環境の変化で激減[25]。1974年7月に高知県須崎市で捕らえられ、1975年4月に愛媛県宇和島市九島で保護されたのが最後の事例。同年3月5日に高知県幡多郡佐賀町(現在の黒潮町)の国道56号で轢死体を回収した。そして人間に目撃された最後の目撃例が1979年(昭和54年)6月の須崎市となっていた。2012年8月、環境省レッドリスト改訂で正式に絶滅が宣言された[26]。なお愛媛県は2014年10月に更新した「愛媛県レッドデータブック2014」で、絶滅していないことを前提とする「絶滅危惧種」に引き続き指定している[27]

2017年(平成29年)2月にカワウソの姿が対馬に設置された琉球大学のカメラに捉えられ、同年8月に発表された。日本国内では38年ぶりとなる[28]。環境省による調査の結果、糞から検出したDNAから対馬に生息するカワウソは韓国サハリンのユーラシアカワウソに近縁であることが発表された[29]

伝承編集

 
「獺」(かわうそ、鳥山石燕画図百鬼夜行』より)

東アジアでは、キツネタヌキ同様に人を化かす伝承が多く伝わっている。

水中を自由に動き巧みに魚を捕ることから漁師になぞらえた話も多い。

魚を陸に並べる習性は礼記にある「先祖を祭っているようだ」との記述から「獺祭魚」と呼ばれ、詩作や著作の際に引用や調査のため多くの書物を広げ並べている様やその人を指すようになった[30]

日本編集

日本の石川県能都地方では、20歳くらいの美女や碁盤縞の着物姿の子供に化け、誰何されると、人間なら「オラヤ」と答えるところを「アラヤ」と答え、どこの者か尋ねられると「カワイ」などと意味不明な答を返すといったものから[31][32]加賀(現在の石川県)で、城の堀に住むカワウソが女に化けて、寄って来た男を食い殺したような恐ろしい話もある[33]

江戸時代には、『裏見寒話[34]』『太平百物語』『四不語録』などの怪談、随筆、物語でもカワウソの怪異が語られており、前述した加賀のように美女に化けたカワウソが男を殺す話がある[32]

安芸国安佐郡沼田町(現在の広島県広島市安佐南区沼田)の伝説では「伴(とも)のカワウソ」「阿戸(あと)のカワウソ」といって、カワウソが坊主に化けて通行人のもとに現れ、相手が近づいたり上を見上げたりすると、どんどん背が伸びて見上げるような大坊主になったという[35]

青森県津軽地方では人間に憑くものともいわれ、カワウソに憑かれた者は精魂が抜けたようで元気がなくなるといわれた[36]。また、生首に化けて川の漁の網にかかって化かすともいわれた[36]

 
「川うその化け物」のブロンズ像(水木しげるロード

石川県鹿島郡羽咋郡ではかぶそまたはかわその名で妖怪視され、夜道を歩く人の提灯の火を消したり、人間の言葉を話したり、18歳-19歳の美女に化けて人をたぶらかしたり、人を化かして石や木の根と相撲をとらせたりといった悪戯をしたという[32]。人の言葉も話し、道行く人を呼び止めることもあったという[37]

石川県や高知県などでは河童の一種ともいわれ、カワウソと相撲をとったなどの話が伝わっている[32]北陸地方紀州四国などではカワウソ自体が河童の一種として妖怪視された[38]室町時代の国語辞典『下学集』には、河童について最古のものと見られる記述があり、「獺(かわうそ)老いて河童(かはらふ)に成る」と述べられている[39]

アジア編集

アイヌ語ではエサマンesamanと呼ぶが、アイヌ卜占にカワウソの頭骨を使う『エサマンキEsamanki)』があることから、アイヌと交易を行っていた北方民族の言語(ツングース語族)で呪術師を意味するシャーマンšaman)との関連も指摘されている[40]。このほかにもウォルンチロンヌㇷ゚(水にいる獣)、サパカㇷ゚ケクㇽ(禿げた神)、ペッニル(川を縫う)など生態に関連した呼び名もある[40]。アイヌの伝承では人を騙したり食料を盗むなど悪い印象で語られるが、同時に物忘れや失敗をする憎めないキャラクターという側面もある[41]。水中での動きの良さにあやかろうと子供の手首にカワウソの皮を巻く風習があり、泳ぎや漁が上手い者を「エサマンのようだ」と賞賛することもある[41]。ウラシベツ(現在の網走市浦士別)で、カワウソの魔物が人間に化け、美しい娘のいる家に現れ、その娘を殺して魂を奪って妻にしようとする話がある[42]。またアイヌ語ではラッコを本来は「アトゥイエサマン(海のカワウソ)」と呼んでいたが、夜にこの言葉を使うとカワウソが化けて出るため、昼間は「ラッコ」と呼ぶようになったという伝承がある[43]。カワウソの頭を食べると放心して物忘れする伝承もある[40]

中国では、美女に化けるカワウソの話が『捜神記』『甄異志』などの古書にある[34]

朝鮮半島にはカワウソとの異類婚姻譚が伝わっている。李座首(イ・ザス)という土豪には娘がいたが、未婚のまま妊娠したので李座首が娘を問い詰めると、毎晩四つ足の動物が通ってくるという。そこで娘に絹の糸玉を渡し、獣の足に結びつけるよう命じた。翌朝辿ってみると糸は池の中に向かっている。そこで村人に池の水を汲出させると糸はカワウソの足に結びついていたのでそれを殺した。やがて娘が生んだ子供は黄色(または赤)い髪の男の子で武勇と泳ぎに優れ、3人の子を儲けたが末の子が後の後金の太祖ヌルハチであるという。

ベトナムにもカワウソとの異類婚姻譚が伝わっている。丁朝大瞿越を建てた丁部領(ディン・ボ・リン)は、母親が水浴びをしているときにカワウソと交わって出来た子であり、父の丁公著はそれを知らずに育てたという[44]

北米編集

アラスカ、カナダの先住民族であるトリンギットには、カワウソにさらわれた女を接点にして交易を行い、双方に富をもたらしたという伝承がある[45]

ウィリアム・J・ロングビーバーとカワウソは天敵同士ではないにも関わらず、互いに攻撃する様子を見て先住民に理由を尋ねたところ、「ビーバーはカワウソの子供を盗んで奴隷にするから嫌っている」という話を聞いたと記している。またロングはカワウソがビーバーのダムを破壊する、子供のカワウソがビーバーの家族と行動しているのを観察している[46]。ロングが話を聞いた先住民は「キーオネク」と呼んでいるという[47]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Appendices I, II and III <https://cites.org/eng> (Accessed 01 August 2018)
  2. ^ a b c W. Christopher Wozencraft (2005), “Order Carnivora”, in Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder, Mammal Species of the World, 1 (3rd ed.), Johns Hopkins University Press, pp. 532-628, http://www.departments.bucknell.edu/biology/resources/msw3/browse.asp?id=14001076 
  3. ^ a b c d e f g Nicole Duplaix 著、今泉吉晴 訳「カワウソ」、今泉吉典監修、D.W.マクドナルド 編 『動物大百科 1 食肉類』平凡社、1986年、138-143頁。 
  4. ^ a b 川田伸一郎・岩佐真宏・福井大・新宅勇太・天野雅男・下稲葉さやか・樽創・姉崎智子・横畑泰志「世界哺乳類標準和名目録」 『哺乳類科学』 第58(別冊)、日本哺乳類学会、2018年、1–53頁。doi:10.11238/mammalianscience.58.S1 
  5. ^ a b c 斉藤勝・伊東員義・細田孝久・西木秀人「イタチ科の分類」 『世界の動物 分類と飼育2(食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、22-57頁。 
  6. ^ a b c d 「カワウソを飼いたい!」その前に。知ってもらいたい「カワウソのホント」を、大人気カワウソの飼い主さん... - テレ東プラス
  7. ^ カワウソと獺祭(だっさい) | 海遊館日記” (日本語). 海遊館. 2021年1月29日閲覧。
  8. ^ “バングラデシュ伝統のカワウソ漁、消滅の危機”. AFP (フランス通信社). (2014年3月24日). http://www.afpbb.com/articles/-/3010886 2014年3月25日閲覧。 
  9. ^ 5月25日は「世界カワウソの日」 水族館の人気者も絶滅の危機に” (日本語). 河北新報オンラインニュース (2022年5月25日). 2022年5月28日閲覧。
  10. ^ となりのカインズさん. “カワウソの飼い方を現実目線で解説!かわいいけどお金も時間もかかる子?” (日本語). となりのカインズさん. 2022年7月11日閲覧。
  11. ^ Corporation, 株式会社テレビ東京-TV TOKYO (日本語), 「カワウソを飼いたい!」その前に。知ってもらいたい「カワウソのホント」を、大人気カワウソの飼い主さん...|テレ東プラス, https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/lifestyle/entry/2018/018635.html 2022年7月11日閲覧。 
  12. ^ a b c d Klaus-Peter Koepfli, Kerry A Deere, Graham J Slater, Colleen Begg, Keith Begg, Lon Grassman, Mauro Lucherini, Geraldine Veron, and Robert K Wayne (2008). “Multigene phylogeny of the Mustelidae: Resolving relationships, tempo and biogeographic history of a mammalian adaptive radiation”. BMC Biology 6 (1): 10-22. doi:10.1186/1741-7007-6-10. 
  13. ^ a b c d Pat Morris, Amy-Jane Beer 「イタチ科」鈴木聡訳『知られざる動物の世界 8 小型肉食獣のなかま』 本川雅治監訳、朝倉書店、2013年、26-81頁。
  14. ^ a b 本川雅治、下稲葉さやか、鈴木聡「日本産哺乳類の最近の分類体系 ―阿部(2005)とWilson and Reeder(2005)の比較―」『哺乳類科学』第46巻第2号、日本哺乳類学会、2006年、 181-191頁、 doi:10.11238/mammalianscience.46.181
  15. ^ Jacques, H., Reed-Smith, J., Davenport, C & Somers, M.J. 2015. Aonyx congicus. The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T1794A14164772. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2015-2.RLTS.T1794A14164772.en. Downloaded on 01 August 2018.
  16. ^ Wilson, D.E.; Reeder, D.M., eds. (2005). Mammal Species of the World: A Taxonomic and Geographic Reference (3rd ed.). Johns Hopkins University Press. ISBN 978-0-8018-8221-0. OCLC 62265494
  17. ^ Myers, P., R. Espinosa, C. S. Parr, T. Jones, G. S. Hammond, and T. A. Dewey (2022年). “ADW: Lutra nippon: CLASSIFICATION - Animal Diversity Web”. Animal Diversity Web. the University of Michigan. 2022年5月8日閲覧。
  18. ^ 『原色ワイド図鑑 動物』今泉忠明監修(新装版)、学研アソシエ、2016年、221頁。 
  19. ^ 今泉忠明、村井仁志「ネコ目(食肉目)」 『新 世界絶滅危機動物図鑑 哺乳類I ネコ・クジラ・ウマなど』 1巻、今泉忠明監修、学研教育出版、2012年、4-19頁。 
  20. ^ 石井信夫 著「ニホンカワウソ(本州以南亜種)」、環境省 編(PDF) 『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 1 哺乳類』ぎょうせい、2014年、8-9頁https://ikilog.biodic.go.jp/rdbdata/files/envpdf/%E5%93%BA%E4%B9%B3%E9%A1%9E_006.pdf 
  21. ^ 阿部永、石井信夫 著「ニホンカワウソ(北海道亜種)」、環境省 編(PDF) 『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 1 哺乳類』ぎょうせい、2014年、10頁https://ikilog.biodic.go.jp/rdbdata/files/envpdf/%E5%93%BA%E4%B9%B3%E9%A1%9E_007.pdf 
  22. ^ Hung, Nancy; Law, Chris J. (2016-12-30). “Lutra lutra(Carnivora: Mustelidae)”. Mammalian Species (Oxford University Press (OUP)) 48 (940): 109–122. doi:10.1093/mspecies/sew011. ISSN 1545-1410. 
  23. ^ "Lutra lutra whiteleyi" (英語). Integrated Taxonomic Information System. 2022年5月9日閲覧
  24. ^ Lutra lutra: Roos, A., Loy, A., de Silva, P., Hajkova, P. & Zemanová, B., IUCN, (2014-06-20), doi:10.2305/iucn.uk.2015-2.rlts.t12419a21935287.en 
  25. ^ 今泉吉晴「ニホンカワウソ」 『動物大百科1 食肉類』今泉吉典監修、D.W.マクドナルド編、平凡社、1986年、144-145頁。 
  26. ^ “第4次レッドリストの公表について(お知らせ)” (プレスリリース), 環境省, (2012年8月28日), https://www.env.go.jp/press/15619.html 2017年12月6日閲覧。 
  27. ^ 宮本大右 (2014年). “カワウソ”. 愛媛県レッドデータブック. 愛媛県. 2017年12月6日閲覧。
  28. ^ “長崎県対馬において、カワウソを発見!” (プレスリリース), 琉球大学, (2017年8月17日), http://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/announcement/press2017081701/ 2017年12月6日閲覧。 
  29. ^ “対馬におけるカワウソ痕跡調査の結果について” (プレスリリース), 環境省, (2017年10月12日), https://www.env.go.jp/press/104655.html 2017年12月6日閲覧。 
  30. ^ 獺祭魚と李商隠(山口県医師会報 第1878号)”. 山口県医師会 (2017年2月). 2021年1月12日閲覧。
  31. ^ 柳田國男 『妖怪談義』講談社講談社学術文庫〉、1977年 (原著1956年)、19頁。ISBN 978-4-06-158135-7 
  32. ^ a b c d 村上健司編著 『妖怪事典』毎日新聞社、2000年、114頁。ISBN 978-4-620-31428-0 
  33. ^ 水木しげる 『妖怪大図鑑』講談社〈講談社まんが百科〉、1994年、59頁。ISBN 978-4-06-259008-2 
  34. ^ a b 柴田宵曲 著「続妖異博物館」、木村新他 編 『柴田宵曲文集』 第6巻、小沢書店、1991年 (原著1963年)、477頁。 NCID BN06690927 
  35. ^ 藤井昭編著 『安芸の伝説』第一法規出版、1976年、166頁。 NCID BN05056551 
  36. ^ a b 内田邦彦 『津軽口碑集』歴史図書社、1979年 (原著1929年)、126頁。 NCID BA4288829X 
  37. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』 IV、新紀元社Truth In Fantasy〉、1990年、124頁。ISBN 978-4-915146-44-2 
  38. ^ 村上健司 著「河童と水辺の妖怪たち」、講談社コミッククリエイト 編 『DISCOVER妖怪 日本妖怪大百科』 VOL.01、講談社〈KODANSHA OfficialFileMagazine〉、2007年、19頁。ISBN 978-4-06-370031-2 
  39. ^ 香川雅信 著「カッパは緑色か?」、吉良浩一 編 『』 vol.0037、角川書店〈カドカワムック〉、2012年、34頁。ISBN 978-4-04-130038-1 
  40. ^ a b c カワウソ - アイヌと自然デジタル図鑑
  41. ^ a b カワウソ - アイヌ民族博物館
  42. ^ 知里真志保「えぞおばけ列伝」 『アイヌ民譚集』岩波書店岩波文庫〉、1981年 (原著1937年)、198-200頁。ISBN 978-4-00-320811-3 
  43. ^ ラッコ - アイヌ民族博物館
  44. ^ 小倉貞男 『物語ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』〈中公新書〉、63-64頁。ISBN 4-12-101372-7 
  45. ^ Swanton, John Reed (1909). Tlingit myths and texts, recorded by John R. Swanton. University of California Libraries. Washington, Govt. print. off. https://archive.org/details/tlingitmythstexts00swanrich 
  46. ^ ビーバーとカワウソが出会ったら
  47. ^ かわうそキーオネクは釣り名人

関連項目編集