メインメニューを開く

カンアオイ属

ウマノスズクサ科の属

カンアオイ属(かんあおいぞく、寒葵属、学名Asarum:wild ginger)とは、コショウ目ウマノスズクサ科に属するである。研究者によっては5つの属に細分化されることもあり、その場合はAsarumにはフタバアオイ属という和名が与えられ、カンアオイ属はHeterotropaとされる(#分類を参照)。「寒葵」は、に似ており、冬季でも枯れない常緑多年草であることからと名づけられたが、一部の種は冬に落葉する。

カンアオイ属
Heterotropa nipponica.jpg
カンアオイ(千葉県・青葉の森公園)ذ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : モクレン類 magnoliids
: コショウ目 Piperales
: ウマノスズクサ科 Aristolochiaceae
: カンアオイ属 Asarum
学名
Asarum L.[1]
シノニム

Asiasarum F.Maekawa
Heterotropa Morr. et Dence

和名
カンアオイ属
英名
Wild ginger

目次

特徴編集

形態編集

非常に背の低い多年草。は地表、あるいは浅く地中を横に這うが、伸びは非常に遅い。まれに匍匐枝を出す種もある。は太くて真っ直ぐなものを少数もつ。

は各茎に数枚だけつける。長い葉柄を持ち、葉はハート型か三角に近い形で、基部の両側は耳状に突出する。常緑性の種では葉は革質で厚く、多くは表面に雲状の白っぽい斑紋がでる。

は冬季に咲き、短い柄の先に一つずつ付き、地表か、やや土に埋もれて表面だけを地表に出す。花弁のように見えるが実は萼片(萼)であり、放射相称で、3枚の萼片が合着し、筒状やつぼ状、釣り鐘状などの形の萼筒を形成し、先端は三裂の萼裂片となる。またまれに花弁をつけるが、退化しておりごく小さく、棍棒状になる。雄蕊は12個ときに6個あり、内外2輪に6個ずつつく。花柱は6個ときに3個ある。

生育環境編集

主に山地等の林床部に生育する。日陰で、肥沃のよい排水性のある土壌を好む。

生態編集

耐寒性が強い。成長が遅いため生育範囲が広がりにくく、地方によってさまざまな種に分かれている(種分化)。植物学者の前川文夫は生育範囲の移動速度を「1万年で1km」と見積もっている。ただし、種子アリ類によって運ばれることもあり、この説には異論がある。

ギフチョウ食草でもある。

花粉媒介編集

カンアオイ属の萼片)は、いくつかの奇妙な特徴を持つ。地表すれすれで、大抵は葉の陰に、外からは見えないように花をつける。また、ほとんどの種の花期が冬季である。花の構造も、若干の差はあるが、壺状の花の奥に雄蘂雌蘂がまとまっている。そのため、花粉媒介に一般的な訪花動物の誘引やなどの機械的な作用(風媒花)を用いているとは考えにくい。

カンアオイ属の花粉媒介に関する説の一つに、花粉媒介者カタツムリナメクジであるとの説があり、カタツムリ媒という用語も存在する。カンアオイについてはその他に、ワラジムシヤスデが媒介しているとの説もあり、確定していないのが現状である。一部の種については、キノコバエが花粉媒介を行うことが報告されている。

分布と分類編集

カンアオイ属は約120種知られており、北アメリカヨーロッパアジア(日本、中国大陸台湾ベトナム北部、朝鮮半島)に分布している。日本では、本属のうち、フタバアオイ亜属にフタバアオイ節、カンアオイ亜属にウスバサイシン節とカンアオイ節に分類される57-58種あり、そのほとんどが日本固有種である[2]

花の構造などにより、カンアオイ属Asarumをフタバアオイ属Asarum、ウスバサイシン属Asiasarum、カンアオイ属HeterotropaHexastylisGeotaeniumの5属に細分化する説もあるが[3][4]、最新の系統分類学的研究から、Asarum属にまとめることが多い[3][5]環境省では、2000年版のレッドデータブックAsiasarumHeterotropaとされている種のほとんどが、2007年版のレッドリストではAsarumに変更されている。

Asarum属(カンアオイ属)にまとめる場合、日本に分布するAsiasarum及びHeterotropaの単位に分類されている[5]。カンアオイ属の種内分類は下記の通りである。なお、()内は日本産の確認されている種数である[2]

  • genus Asarum カンアオイ属(59種)
    • subgenus Asarum フタバアオイ亜属(2種)
      • section Asarum フタバアオイ節(2種)
    • subgenus Heterotropa カンアオイ亜属(57種)
      • section Asiasarum ウスバサイシン節(7種)
      • section Heterotropa カンアオイ節(50種)

日本に分布する種編集

日本に分布する種のリストを下記に記す[5][6]

section Asarum フタバアオイ節(2種)
section Asiasarum ウスバサイシン節(7種)
  • Asarum maruyamae イズモサイシン(出雲細辛)- 2007年記載の種。本州中国地方の島根県の特産。萼筒はほぼ球形、萼筒の入口は狭く萼筒径の半分、萼筒の内側は全体が暗紫色になる[2][7]
  • Asarum sieboldii ウスバサイシン(薄葉細辛、シノニム:Asiasarum sieboldii) - 日本中国大陸中南部、朝鮮半島に分布し、日本では本州の中部地方、関東地方南部から中国地方にかけて広く分布する。萼筒は筒形、萼筒の入口は広く萼筒径の半分以上あり、萼筒の内側は全体が暗紫色になる[2][7]。和名の「サイシン」の由来は根を乾燥したものを漢方薬で細辛(細くて辛い根の意)いうことから。
  • Asarum dimidiatum クロフネサイシン(黒船細辛、シノニム:Asiasarum dimidiatum) - 本州(奈良県・広島県)、四国、九州中部に分布する[2][7]。ウスバサイシンによく似ているが、花が咲いている3月から5月になると花柱が3本、雄蕊が6本とウスバサイシンの半分であることが観察できるので良く分かる。
  • Asarum heterotropoides オクエゾサイシン(奥蝦夷細辛、シノニム:Asiasarum heterotropoidesAsarum sieboldii subsp. heterotropoides) - 樺太、ウスリー、北海道、本州北部、南千島に分布する。萼筒は扁球形、萼筒の入口は狭く萼筒径の半分以下、萼筒の内側は部分的に暗紫色になか、全体が白色か淡桃色になる[2][7]
  • Asarum tohokuense トウゴクサイシン(東国細辛) - 2007年記載の種。本州の関東地方北部および中部地方北部から東北地方にかけの地域に分布する。萼筒は扁球形、萼筒の入口は広く萼筒径の半分以上あり、萼筒の内側は全体が暗紫色にならず、部分的に暗紫色になる。従来はウスバサイシンと混同されていた[2][7]
  • Asarum mikuniense ミクニサイシン(三国細辛)- 2007年記載の種。本州の群馬県・栃木県・長野県・新潟県の県境付近に分布する。オクエゾサイシンに似るが、萼裂片のが外側に反らないで平開する[2][7]
  • Asarum misandrum アソサイシン(阿蘇細辛)- 1997年記載の種。九州阿蘇山地や韓国に分布する。萼筒は上から押しつぶされたような扁球形で、萼裂片は強く反り返る[2][7]
section Heterotropa カンアオイ節(50種12変種)

日本国外に分布する種編集

日本国以外に分布する主な種を記す。

  • Asarum arifolium
  • Asarum canadense - Canada wild ginger
  • Asarum caudatum - British Columbia wild ginger
  • Asarum europaeum - European Wild Ginger
  • Asarum hartwegii
  • Asarum hongkongense
  • Asarum lemmonii
  • Asarum marmoratum
  • Asarum maximum
  • Asarum naniflorum
  • Asarum splendens - Chinese Wild Ginger
  • Asarum taitonense

利用編集

江戸時代から栽培されている。特に、通常は葉柄から葉の裏が紫になるが、その部分が緑色で濃い色がのらないものを選び、品種名をつけたものは「細辛」として古典園芸植物と認められる[要出典]。また、野生種も山野草として栽培の対象となる。特に各地の種を集めるマニアがおり、その為に分布域の狭い種には絶滅危惧に追い込まれたものがある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Asarum L.” (英語). ITIS. 2012年5月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 菅原敬、東馬哲雄「ウマノスズクサ科」『改訂新版 日本の野生植物 1』大橋広好・門田裕一・木原浩他編、2015年、平凡社、pp.57-70
  3. ^ a b 菅原敬 「ウマノスズクサ科」『朝日百科 植物の世界9 種子植物 双子葉類9 単子葉類1』岩槻邦男ら監修、朝日新聞社、1997年、38頁。
  4. ^ 佐竹義輔・籾山泰一 「ウマノスズクサ科」 『日本の野生植物 草本 II 離弁花類』 佐竹義輔ら編集、平凡社、1982、102-109頁、ISBN 4-582-53502-X
  5. ^ a b c Sugawara, Takashi. (2006) "Asarum", Flora of Japan Vollume IIa, K. Iwatsuki et.al. (ed.), KODANSHA, 2006, pp.368-387.
  6. ^ 別名、シノニムについては、BG Plants YList植物名検索も利用している。
  7. ^ a b c d e f g 山路弘樹、中村輝子ら「日本産カンアオイ属ウスバサイシン節の分類学的研究」『植物研究雑誌』Vol.82, No.2, pp.79-105, 2007年

参考文献編集

  • Murata, Jin. (2006) "Aristolochiaceae", Flora of Japan Vollume IIa, K. Iwatsuki et.al. (ed.), KODANSHA, 2006, pp.366-387.
  • 佐竹義輔・籾山泰一 「ウマノスズクサ科」 『日本の野生植物 草本 II 離弁花類』 佐竹義輔ら編集、平凡社、1982、102-109頁、ISBN 4-582-53502-X
  • 菅原敬 「ウマノスズクサ科」『朝日百科 植物の世界9 種子植物 双子葉類9 単子葉類1』岩槻邦男ら監修、朝日新聞社、1997年、34-47頁。
  • Sugawara, Takashi. (2006) "Asarum", Flora of Japan Vollume IIa, K. Iwatsuki et.al. (ed.), KODANSHA, 2006, pp.368-387.
  • 菅原敬、東馬哲雄「ウマノスズクサ科」『改訂新版 日本の野生植物 1』大橋広好・門田裕一・木原浩他編、2015年、平凡社、pp.57-70
  • 『植物研究雑誌』The Journal of Japanese Botany

関連項目編集

外部リンク編集

  • カンアオイのこと - 四季のうつろい・小さな庭より。カンアオイ属の詳細な解説が紹介されている。