メインメニューを開く

カンカン(康康)とランラン(蘭蘭)は、東京都恩賜上野動物園で飼育されていた2頭のジャイアントパンダである。

カンカン
性別 オス
生誕 1970年11月頃
中華人民共和国の旗 中国
死没 1980年6月30日
日本の旗 日本
ランラン
性別 メス
生誕 1968年11月頃
中華人民共和国の旗 中国
死没 1979年9月4日
日本の旗 日本

概要編集

1972年9月日中国交正常化を記念して中華人民共和国から贈呈された[1]。当時北京動物園で飼育されていた個体の中から容姿・性格など最も優れた2頭が選ばれた[2]

同年10月28日来園[3]。当時の内閣官房長官二階堂進羽田空港まで赴いて2頭を乗せた専用機を出迎えた[4]

11月5日に一般公開されて日本中に大フィーバーを巻き起こした[2]。公開初日には見物客が約6万人[5]、最盛期には毎日平均1万5千人が訪れ[4]、長さ2キロメートルにわたる2時間待ちの行列ができ、観覧時間はわずか30秒であった[2]

ランランが自然妊娠後の1979年9月4日に妊娠中毒症や尿毒症などの合併症、1980年6月30日にカンカンが心不全で相次いで死亡した[3]

ランランの剥製1980年6月17日から多摩動物公園で展示されている。カンカンの剥製は上野動物園で1981年1月27日から3月1日まで展示された後、同年3月3日から多摩動物公園に展示されている。2頭の剥製は全国の動物園博物館への貸し出しも頻繁に行われている[6]。剥製製作は都内にある尼ヶ崎剥製標本社である[6]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集