メインメニューを開く
カンタレラで毒死したと伝えられる、教皇アレクサンデル6世

カンタレラ (cantarella) は、近世イタリアの貴族ボルジア家暗殺に用いたとされる毒薬である。スイス歴史家ヤーコプ・ブルクハルトは著書の中で「あの雪のように白く、快いほど甘美な粉薬」と形容している[1]

語源編集

カンタレラという名前について、19世紀の毒物学者フランダンは、イタリア語で「歌を歌わせる(=ゆする)」の意味であり、毒を飲ませて金品を巻き上げることが語源であるとしている[2]

ツチハンミョウの粉末「カンタリス」から来たとする説もある[2]

組成編集

マンダラゲ説編集

 
マンダラゲのスケッチ

ヨーロッパでは古くから「ダツラ」の名で知られ毒物として利用されてきた[3]マンダラゲ(チョウセンアサガオ)を、チェーザレ・ボルジアが暗殺に用いたとする説がある[4]。ただし、マンダラゲに含まれるトロパンアルカロイドは危険な量ではあるが、1972年の群馬県沼田市における集団中毒や1977年の岩手県での中毒事件では、マンダラゲの種子や根を丸ごと誤食したにも関わらず死者は出ておらず[5]ワインなどに密かに混ぜて相手を毒殺するという用途には毒性が足りないとも考えられる。

カンタリス説編集

ツチハンミョウ科の昆虫は威嚇の為にカンタリジンと呼ばれる毒物を含む油状の液体を分泌する[6]。語源の項で述べた通り、カンタレラの語源がカンタリジンであるとする説がある。カンタリジンは薬事法施行規則でも「生薬、動植物成分及びそれらの製剤」として「毒物及び劇薬の範囲」に含められている[7]

ただし、カンタリジンは1872年にピエール=ジャン・ロビケによってが初めて分離抽出されたのであり[8]、ボルジア家の時代にこの毒物を高純度で用いることは難しく、マンダラゲと同様に毒性が不十分だとも考えられる。

プトマイン説編集

日本薬科大学薬学科教授の船山信次は、「有名なボルジア家の毒薬であるカンタレラは、プトマインとみなされていた」としている[9]

プトマイン(ptomaine)は、タンパク質腐敗すると発生する各種の有機窒素化合物で、腐敗臭の正体である。「屍毒」(: Leichengift)とも呼ばれ、細菌などによる感染症が明らかになる前の時代には食中毒の原因物質だと考えられていた。

プトマイン中毒はアガサ・クリスティの小説に登場するなど昔から有名だが[10]、凄まじい臭気のため容易に混入を感知できるため[10]、現代では「プトマイン中毒説は消滅し、プトマインやプトマイン中毒は、歴史上にのみ存在する言葉」[9]であるとされている。よって、カンタレラの主成分がプトマインであるとする説には無理があるといえる。

砒素化合物説編集

「逆さ吊りにして撲殺したブタの肝臓をすり潰したものに、亜砒酸を混入して腐敗させたものを、乾燥したものか液体にしたもの」[9]がカンタレラであるとする説もある。亜砒酸の毒性は非常に強く、摂取すると死に至ることもある[11]。更に、亜砒酸を含む砒素化合物はその摂取経路や摂取量によって症状が慢性や急性に変化するため[12]、亜砒酸をカンタレラの主成分であるとすれば「処方により即効毒にも遅効毒にも自由に操れた」とされる当時の記述にも矛盾が無く説明がつく[9]

また、砒素は13世紀にはアルベルトゥス・マグヌスにより単体での製造法が記されているため[13]、ボルジア家の時代には高純度のものが入手可能であったと考えられる。

伝説編集

 
死せるアレクサンデル

1503年夏に教皇アレクサンデル6世が没し、その息子チェーザレが重病で床に臥せった原因も、彼らが誤ってカンタレラを自分たちで服用したためだとする研究者もいる[14]。教皇父子は、病に伏せる数日前に参加していたコルネート枢機卿宅での宴会にて、参加者に対してカンタレラ入りのワインを飲ませるつもりが、ボーイの不注意で彼ら自身も含む参列者全員に供されてしまったとする説である[15]。この説はフランチェスコ・グイチャルディーニや後世の歴史家たちも賛同しているが[15]、当時の資料に記された教皇父子の症状はマラリアのそれであり、「三日ごとの熱」という当時のマラリアの病名も挙げられているため[16]、当時流行していたマラリアが彼らの病の正体である可能性が高いと言える。
また、イヴァン・クルーラスは砒素に防腐作用があることを述べたうえで、教皇の死体が忽ち腐敗したという同時代人による記述について指摘し、教皇父子が何らかの形で服毒していたとしても「ボルジア家の有名なあの毒薬ではなかったということになる」[15]としている。

実在性編集

塩野七生は、ヴェネツィア共和国十人委員会が当時最も毒薬に詳しかった組織であるとし、同委員会の当時の資料に記された毒殺に関する事例は、極めて幼稚で、成功例もほとんどないことから、「世に有名なボルジア家の毒薬とは、法王とチェーザレ2人の頭脳のことではなかったか」[16]としている。

脚注編集

  1. ^ Burckhardt, Jacob (1860). Die Kultur der Renaissance in Italien. Schweighauser. p. 118. 
  2. ^ a b 澁澤龍彦 『澁澤龍彦全集 第3巻』 河出書房新社、1993年8月9日、152頁。ISBN 978-4-309-70653-5 
  3. ^ Ulrike Preisse; Hans-Georg Preissel (2002). Brugmansia and datura : angel's trumpets and thorn apples. Firefly Books. p. 106-129. 
  4. ^ 福本和夫 『日本ルネッサンス史論 1661年より1850年に至る日本ルネッサンスの比較・綜合 研究 総論編』 法政大学出版局、1967年、245頁。ISBN 9784588325021 
  5. ^ 船山信次 『毒 青酸カリからギンナンまで』 PHP研究所、2012年5月18日、134-135頁。ISBN 978-4-569-80285-5 
  6. ^ ジョージ・マクガヴァン; 岸本年郎訳 『完璧版 昆虫の写真図鑑』 日本ヴォーグ社、2000年4月、124頁。ISBN 978-4-529-03267-4 
  7. ^ 薬事法施行規則第二百四条
  8. ^ Wolter, Hans (1995). Kompendium der Tierärztlichen Homöopathie. Enke. p. 181. ISBN 978-3432978925. 
  9. ^ a b c d 船山真次 『アミノ酸 タンパク質と生命活動の化学』 東京電機大学出版局、2009年7月30日、190頁。ISBN 978-4501624705 
  10. ^ a b 山崎昶 『基礎から考える化学』 化学同人、2008年9月1日、130頁。ISBN 9784759810899 
  11. ^ 村上雅人 『元素を知る事典: 先端材料への入門』 海鳴社、2004年11月、129頁。ISBN 978-4-87525-220-7 
  12. ^ 村田徳治 『廃棄物のやさしい化学 第1巻 有害物質の巻』 (新訂版) 日報出版、2003年5月、139頁。ISBN 9784890861804 
  13. ^ 前田正史 (2005). 研究課題「循環型社会における問題物質群の環境対応処理技術と社会的解決」研究実施終了報告書 (Report). 科学技術振興機構 社会技術研究開発センター. p. 8. http://www.ristex.jst.go.jp/result/circulation/pdf/env01.pdf 2012年9月17日閲覧。. 
  14. ^ John N.D. Kelly (1995). Vite dei Papi. Oxford University Press. p. 617. ISBN 88-384-2290-7. 
  15. ^ a b c イヴァン・クルーラス; 大久保昭男訳 『ボルジア家』 河出書房新社、1989年2月、342頁。ISBN 978-4309221588 
  16. ^ a b 塩野七生 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』 新潮社、1970年、236-237頁。