メインメニューを開く

カントリーロックとは、アメリカ合衆国で生まれたロックの1カテゴリ。元々は、1960年代から1970年代のロック・アーティストがカントリーミュージックフォークブルーグラスなどの要素を導入した作品群から発生した。バーズボブ・ディランのカントリー・ロック・アルバムが先駆けとなり、その後アメリカ西海岸出身のバンドであるCCRイーグルスによって人気が確立した。

目次

概要編集

元々ロックンロールは、すでにその誕生の過程からR&Bカントリーミュージックなど、旧来の様々な音楽の要素を融合させつつ発展してきた。これらの影響は、1950年代に誕生したロカビリーで特に顕著である[1]。これらのジャンルはお互いに影響を与え合った。

一般に「カントリーロック」という語彙を用いる場合には、1960年代後半から1970年代前半にアメリカで勃興したムーヴメント、およびそれらのアーティストの一群、彼らが創る音楽を指すことが多い。特徴としては、アコースティック・ギターバンジョーマンドリンフィドルペダル・スティール・ギターといった楽器の導入[2]アメリカ南部の土着的な音楽のメロディやアレンジの採用などが挙げられる。

歴史編集

1960年代後半から70年代にかけて、ロックの世界でカントリー・ミュージックの要素を採り入れた作品があった。ビートルズの「ドント・レット・ミー・ダウン」、ローリング・ストーンズの「ワイルド・ホーセズ」(1971年)、バッファロー・スプリングフィールド"Go and Say Goodbye"(1966年)、"Kind Woman"(1968年)などである[2]

1966年、ロック・アーティストの一部がサイケデリック・ロックブルースロックの分野に進出しようとし始めた頃、ボブ・ディランはアルバム『ブロンド・オン・ブロンド』をナッシュビルでレコーディングした。このアルバムと、よりカントリーの要素を強く押し出した『ジョン・ウェズリー・ハーディング』(1967年)、『ナッシュヴィル・スカイライン[3](1969年)などにより「カントリー・フォーク」とも呼べるスタイルが出来上がりつつあった。

1968年グラム・パーソンズを迎え入れたバーズもディランの動きに追随してゆく(パーソンズはこの年の3月に、インターナショナル・サブマリン・バンドの一員として、ペダル・スティール・ギターなどをフィーチャーした『Safe At Home』をリリースしていた。このアルバムは、ときには最初のカントリーロック・アルバムと見做される場合もあった[2])。パーソンズを加えたバーズが発表した『ロデオの恋人』はこのカテゴリの中でも傑作のひとつに数えられる[2]

パーソンズはまもなくバーズを脱退し、同じく元バーズのクリス・ヒルマンとともにフライング・ブリトー・ブラザーズを結成。このバンドは、パーソンズがソロ活動に専念するために脱退するまでの約2年間に『The Gilded Palace of Sin』、『Burrito Deluxe』などのアルバムを発表し、カントリーロックの発展に寄与した[2]

カントリーロックは、1960年代後半のカリフォルニアの音楽シーンで特に人気を呼び、グレイトフル・デッドニュー・ライダーズ・オブ・パープル・セージポコなどがこのスタイルを採り上げた[2]フォークロックの一群からもバーズの変化に呼応するボー・ブラメルズニッティ・グリッティ・ダート・バンドなどが現れた[2]

この頃には、カントリーロックはひとつの音楽スタイルとして認知され、元アイドル歌手のリッキー・ネルソンがフロントに立つストーン・キャニオン・バンドジョン・フォガティ、元モンキーズマイク・ネスミスが結成したファースト・ナショナル・バンドニール・ヤングなどがこぞってそのスタイルを採り入れた[2]

カントリーロックの商業的な成功は1970年代に訪れた。イーグルスやドゥービー・ブラザーズがカントリーとロックの融合でフットを連発し、エミルー・ハリスが主にカントリー分野で成功した。リンダ・ロンシュタットはこのジャンルにポップス指向を合わせ成功した[4]

ピュア・プレイリー・リーグは、5枚のアルバムをチャートに送り込んだ。1972年にデビューしたイーグルスは、カントリーロックを標榜する音楽グループの中でも最大の商業的成功を収めることになる[4]

カントリーロックは、ザ・バンドグレイトフル・デッドCCRローリング・ストーンズジョージ・ハリスン元々その範疇にいなかった数多くのアーティスト達に大きな影響を与えた。また、オールマン・ブラザーズ・バンドのように当初はブルースからの影響が大きかったサザン・ロックのバンドにも、カントリーロックの要素を採り入れたバンドが現れた。

ジャンルそのものの人気は1970年代後半には衰退していったが、ニール・ヤングなど、21世紀までこのスタイルを好んで演奏し続けているアーティストもいる。

代表的なミュージシャンと楽曲編集

脚注編集

  1. ^ B. Horner and T. Swiss, Key terms in popular music and culture (Wiley-Blackwell, 1999), p. 104.
  2. ^ a b c d e f g h V. Bogdanov, C. Woodstra and S. T. Erlewine, All music guide to rock: the definitive guide to rock, pop, and soul (Backbeat Books, 3rd edn., 2002), p. 1327.
  3. ^ http://www.bobdylan.com/albums/nashville-skyline/
  4. ^ a b N. E. Tawa, Supremely American: popular song in the 20th century: styles and singers and what they said about America (Scarecrow Press, 2005), pp. 227-8.