カンヌ国際映画祭 審査員賞

カンヌ国際映画祭 審査員賞(カンヌこくさいえいがさい しんさいんしょう、: Prix du jury)は、カンヌ国際映画祭の賞である。

1946年に「国際審査員賞(: Prix du Jury International: International Jury Prize)」が1回限りで授与された[1]1951年からは副賞として「審査員特別賞(: Prix spécial du Jury: Special Jury Prize)」が授与された。1967年から現在までは「審査員賞(: Prix du Jury: Jury Prize)」の名称で授与されている。審査員賞は1970年代に6回、1980年代に3回、2000年代に1回だけ授与されていない。また、1995年1996年には審査員賞と第2席賞のグランプリとは別に「審査員特別賞」が授与された[2][3]

受賞作品編集

開催年
  • 邦題
  • 原題
監督 賞名
1946年 鉄路の闘い
La Battaille du Rail 
ルネ・クレマン   フランス 国際審査員賞
1947年 - 1949年 受賞なし
1951年 イヴの総て
All About Eve
ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ   アメリカ合衆国 審査員特別賞
1952年 われわれはみな暗殺者
Nous sommes tous des assassins
アンドレ・カイヤット   フランス
1953年 受賞なし
1954年 しのび逢い
Knave of Hearts
ルネ・クレマン   フランス 審査員特別賞
1955年 失われた大陸
Continente Perduto
レオナルド・ボンツィ
エンリコ・グラース
マリオ・クラヴェリ
  イタリア
1956年 ミステリアス・ピカソ 天才の秘密
Le mystère Picasso
アンリ=ジョルジュ・クルーゾー   フランス
1957年 地下水道
Kanał
アンジェイ・ワイダ   ポーランド
第七の封印
Det sjunde inseglet
イングマール・ベルイマン   スウェーデン
1958年 ぼくの伯父さん
Mon Oncle
ジャック・タチ   フランス
1959年 Sterne コンラート・ヴォルフ   西ドイツ
1960年 情事
L'Avventura
ミケランジェロ・アントニオーニ   イタリア 審査員賞(Jury Prize)[4]
市川崑   日本
1961年 尼僧ヨアンナ
Matka Joanna od aniolów
イエジー・カヴァレロヴィッチ   ポーランド 審査員特別賞
1962年 ジャンヌ・ダルク裁判
Procès de Jeanne d'Arc
ロベール・ブレッソン   フランス
太陽はひとりぼっち
L'Eclipse
ミケランジェロ・アントニオーニ   イタリア
1963年 猫に裁かれる人たち
Az prijde kocour
ヴォイチェフ・ヤスニー   チェコスロバキア
切腹 小林正樹   日本
1964年 砂の女 勅使河原宏   日本
1965年 怪談 小林正樹   日本
1966年 アルフィー
Alfie
ルイス・ギルバート   イギリス
1968年 五月革命で中止
1969年 Z
Z
コスタ=ガヴラス   ギリシャ 審査員賞
1970年 Magasiskola イシュトヴァン・ガル   ハンガリー
いちご白書
The Strawberry Statement
スチュアート・ハグマン   アメリカ合衆国
1971年 Szerelem (Love) カーロイ・マック   ハンガリー
愛とさすらいの青春/ジョー・ヒル
Joe Hill
ボー・ヴィーデルベリ   スウェーデン
1972年 スローターハウス5
Slaughterhouse-Five
ジョージ・ロイ・ヒル   アメリカ合衆国
1973年 砂時計
Sanatorium pod Klepsydrą
ヴォイチェフ・イエジー・ハス   ポーランド
L'Invitation クロード・ゴレッタ   スイス
1974年 - 1979年 受賞なし
1980年 コンスタンス
Constans
クシシュトフ・ザヌーシ   ポーランド 審査員賞
1981年 - 1982年 受賞なし
1983年 Kharij ムリナル・セン   インド 審査員賞
1984年 受賞なし
1985年 連隊長レドル
Redl ezredes
イシュトヴァン・サボー   ハンガリー 審査員賞
1986年 テレーズ
Thérèse
アラン・カヴァリエ   フランス
1987年 ひかり
Yeelen
スレイマン・シセ   マリ
親鸞 白い道 三國連太郎   日本
1988年 殺人に関する短いフィルム
Krótki film o zabijaniu
クシシュトフ・キェシロフスキ   ポーランド
1989年 モントリオールのジーザス
Jésus de Montréal
ドゥニ・アルカン   カナダ
1990年 ブラック・アジェンダ/隠された真相
Hidden Agenda
ケン・ローチ   イギリス
1991年 ヨーロッパ
Europe
ラース・フォン・トリアー   デンマーク
無防備都市/ベイルートからの証言
Hors la vie
マルーン・バグダディ   レバノン
1992年 マルメロの陽光
El Sol del Membrillo
ヴィクトル・エリセ   スペイン
ひとりで生きる
Самостоятельная жизнь
ヴィターリー・カネフスキー   ロシア
1993年 戯夢人生
戲夢人生
侯孝賢   台湾
レイニング・ストーンズ
Raining Stones
ケン・ローチ   イギリス
1994年 王妃マルゴ
La Reine Margot
パトリス・シェロー   フランス
1995年 N'oublie pas que tu vas mourir グザヴィエ・ボーヴォワ   フランス
キャリントン
Carrington
クリストファー・ハンプトン   イギリス 審査員特別賞
1996年 クラッシュ
Crash
デヴィッド・クローネンバーグ   カナダ
1997年 ニノの空
Western
マニュエル・ポワリエ   フランス 審査員賞
1998年 ニコラ
Class Trip
クロード・ミレール   フランス
セレブレーション
Festen
トマス・ヴィンターベア   デンマーク
1999年 クレーヴの奥方
A Carta
マノエル・デ・オリヴェイラ   ポルトガル
2000年 散歩する惑星
Sånger Från Andra Våningen
ロイ・アンダーソン   スウェーデン
ブラックボード 背負う人
تخته سیاه
サミラ・マフマルバフ   イラン
2001年 受賞なし
2002年 D.I.
يد إلهية
エリア・スレイマン   パレスチナ 審査員賞
2003年 午後の五時
Panj é asr
サミラ・マフマルバフ   イラン
2004年 トロピカル・マラディ
สัตว์ประหลาด
アピチャートポン・ウィーラセータクン   タイ
レディ・キラーズ』のイルマ・P・ホールの演技に対して[5]
2005年 青紅〜Shanghai Dreams
青红
王小帥   中国
2006年 Red Road アンドレア・アーノルド   イギリス
2007年 静かな光
Luz silenciosa
カルロス・レイガダス   メキシコ
ペルセポリス
Persepolis
マルジャン・サトラピ
ヴァンサン・パロノー
  フランス
2008年 イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男
Il Divo
パオロ・ソレンティーノ   イタリア
2009年 渇き
박쥐
パク・チャヌク   韓国
フィッシュ・タンク
Fish Tank
アンドレア・アーノルド   イギリス
2010年 終わりなき叫び
Un Homme qui crie
マハマト=サレ・ハルーン   チャド
2011年 パリ警視庁:未成年保護部隊
Polisse
マイウェン   フランス
2012年 天使の分け前
The Angels' Share
ケン・ローチ   イギリス
2013年 そして父になる 是枝裕和   日本
2014年 Mommy/マミー
Mommy
グザヴィエ・ドラン   カナダ
さらば、愛の言葉よ
Adieu au Langage
ジャン=リュック・ゴダール   フランス
2015年 ロブスター
The Lobster
ヨルゴス・ランティモス   ギリシャ
2016年 アメリカン・ハニー
American Honey
アンドレア・アーノルド   イギリス
2017年 ラブレス
Нелюбовь
アンドレイ・ズビャギンツェフ   ロシア
2018年 存在のない子供たち
Capenaum
ナディーン・ラバキー   レバノン
2019年 バクラウ 地図から消された村
Bacarau
クレベール・メンドンサ・フィリオ
ジュリアーノ・ドルネレス
  ブラジル
レ・ミゼラブル
Les misérables
ラジ・リ   フランス
2020年 新型コロナウイルス感染症の世界的流行で中止

脚注編集

  1. ^ Awards 1946 : All Awards (archived)”. festival-cannes.fr. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月8日閲覧。
  2. ^ Awards 1995 : All Awards (archived)”. festival-cannes.fr. 2015年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月8日閲覧。
  3. ^ Awards 1996 : All Awards (archived)”. festival-cannes.fr. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月8日閲覧。
  4. ^ Awards 1960”. festival-cannes.fr. 2021年4月8日閲覧。
  5. ^ Awards 2004”. festival-cannes.fr. 2021年4月8日閲覧。

関連事項編集

外部リンク編集