カンパニア (水上機母艦)

HMS Campania (1914).jpg
艦歴
発注
起工 1892年
進水 1892年9月8日
竣工 1893年4月13日(客船として)
就役 1915年4月17日
退役
その後 1918年11月5日に沈没
除籍
性能諸元
排水量 12,884トン
全長 622 ft (190 m)
全幅 65 ft (20 m)
吃水 26 ft (7.9 m)
機関 5気筒3段膨張式ボイラー、2軸推進、28,000 ihp
最大速 19.5ノット
乗員 600名
兵装 4.7インチQF砲6門
3インチ対空砲1門
搭載機 10機

カンパニア (HMS Campania) は、イギリス海軍水上機母艦

艦歴編集

カンパニア (RMS Campania) は1893年にグラスゴーのフェアフィールド社で建造されたキュナード・ラインの定期客船で、リヴァプール - ニューヨーク間に就航していた。ブルーリボン賞1893年5月(東行)と6月(西行)[1]から保持していたものの、1894年に記録は姉妹船のルカニア (RMS Lucania) に更新された。カンパニアは1914年に船舶解体業者のTWウォード社に売却された。

 
客船時代の本艦

カンパニアは解体されず、1914年11月27日にイギリス海軍によって購入された。海軍はカンパニアを水上機母艦に改修し、カンパニア (HMS Campania) として就役させた。前方の煙突は1916年に撤去され、2本の小型煙突に交換された。160フィートの木製飛行甲板が艦の前部に取り付けられ、ソッピース パップ戦闘機の発艦が容易になった。以前は前方の煙突があるため甲板は短く、航空機の発艦に問題が生じていた。当時の他の軍艦同様に、カンパニアには幻惑迷彩が施された。

 
カンパニアの沈没、1918年11月5日
 
カンパニアの沈没、1918年11月5日

戦争の大半をカンパニアはスカパ・フローを拠点として活動した。しかし1918年の秋にはフォース湾に移動する。カンパニアは機関故障のため、ユトランド沖海戦には出撃したものの間に合わなかった。

1918年11月5日の朝、フォース湾のバーンティスランドに停泊していたカンパニアは、突風により錨を引きずって移動し、そばにいた戦艦ロイヤル・オーク (HMS Royal Oak, 08) の艦首に衝突した。続いて巡洋艦グローリアス (HMS Glorious, 77) に接触した。最初のロイヤル・オークとの衝突でカンパニアの船体は損傷し、機関室が浸水、すべての電力が失われた。艦はその後後部から沈み始め、およそ5時間後に沈没した。艦の乗員は付近の艦艇によって全員救助された。海軍委員会はこの事故に関して聴聞会を開き、艦が漂流を始めた後に別の錨を降ろして停止させる作業に関して職務怠慢があったと指摘し、艦の喪失には当直士官に大きな責任があったと結論付けた。

カンパニアの船体の残骸は、1973年の船舶残骸保護法により2001年に歴史的な重要史跡と指定された。現在は許可なしに潜水することはできない。

関連項目編集

参考文献編集

  • 海人社『世界の艦船 増刊 イギリス航空母艦史』2005年10月号増刊 No.649

外部リンク編集


脚注編集

  1. ^ 東回り航路は1893年5月6~12日に平均速度21.30ノット。西回り航路は1893年6月18~23日に平均速度21.12ノットで奪取、のち1894年8月12~17日に平均速度21.44ノットで記録更新している。