カンフー映画(カンフーえいが、: 功夫片)は、アクション映画の一類型で、中国武術(中国拳法)ないし、これを用いた格闘スタイルの総称である「カンフー」を題材とした作品の総称[1]。「カンフー」の音写の揺れにともないクンフー映画[1]とも表記・発話される。

ブルース・リーの肖像を描いた特別切手タジキスタン、2001年)

1970年代初頭、香港で製作された『燃えよドラゴン』が北米および日本で大ヒットしたことをきっかけに、世界的に認知される映画ジャンルとなった[1]。カンフー映画の主たる目的はあくまでも登場人物たちの肉体を駆使した格闘アクションを見せることにあり、多くの場合、物語そのものはごく単純で定型化されたものである。

このジャンルで発達した「ワイヤーアクション」と呼ばれるアクション演出技法は、のちのハリウッドにおけるアクション映画に大きな影響を与えることとなった。

このジャンルの代表的なスターに、ブルース・リー[1]ジャッキー・チェン[1]ジェット・リーなどがいる。

発祥地の香港および中華圏では、剣術がメインの武侠映画中国語版(武侠片)とははっきり区別されるが、他国では基本的に(ガンアクションを除いて)香港および中華圏製作のアクション映画はすべてカンフー映画に分類される傾向がある[2]

代表的なカンフー映画編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e カンフー映画』 - コトバンク
  2. ^ 香港映画』 - コトバンク - 『世界大百科事典 第2版』における分類。

関連項目編集